2017/02/14 07:00
ご訪問ありがとうございます(^^♪

週末はお出かけしたり、旅行の申し込みに行ったり、バレンタインの準備をしたりとばたばたしていました。



我が家はリフォームして、もうすぐ6年が経とうとしています。

2か月ほど前からリビングのドアが調子が悪く、原因はねじが外れてどこかに行ってしまったためでした。

KIMG4305.JPG
子供たちはバンバン開けたり締めたりするから、ねじも緩みます。

そしてこの部分のねじは特殊なものだったらしく、ドアのゆがみの調整役のようでした。

さて、ないと困る。どうしよう??

旦那さんに何とかしてと頼んでいましたが、やっと重い腰を上げて動いてくれました。

とりあえず、ホームセンターに行ってねじを探す。

しかし同じものはなくあえなく撃沈。

しかたがないので私がリフォーム会社に電話しました。

担当の営業兼社長が不在なので折り返し電話をもらうことになりました。

折り返した電話に旦那さんに出てもらい、事情を話してどうしたらいいのか聞いてもらいました。

電話を切った旦那さんが一言。

なんか、電話口でめんどくさそうな口調だったんだけど。

やっぱりなぁ。

私がすぐにリフォーム会社に電話しなかったのは、そんな予感がしてたから。

何年か前もちょっとしたことで電話したら、電話の口調がやはりめんどくさそうだったのです。

旦那さんが呆れて、

あれじゃあだめだ。次につなげる感じじゃない。またリフォームしてもらえるかもしれないし友達を紹介してもらえるかもしれないのにもったいない。

そうそう、私も同じこと思っていました。

たとえめんどくさいと思っていなかったとしても、相手が見えない電話での口調がめんどくさそうな感じに聞こえるのであれば、それは相手に不快感を与えることになってしまう。

仕事では特に気を付けないといけないことなんだけどなぁ。

私もサービス業をしている身として、電話応対もあるし、対面のでの話もよくお客様とするので、あらためて気を付けようと思いました。


旦那さんが電話を切った後、私がドアメーカーに電話したらやはりリフォーム会社から発注をかけてほしいと言われたので、ねじ1つなんだけど仕方ないのでリフォーム会社にお願いすることにしました。

もう次にお願いすることはないであろう、リフォーム会社。

いずれ我が家は2階をまたリフォームしなければなりません。

次に向けて今から念入りにリフォーム会社を調べます。

その時には、

5年後にねじ1つでも笑顔で対応してくれますか??

うわべだけの返事ではなく、心から対応してくれる会社を見極めたいです。



すべて我が家だけの事情です。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆
マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)