2018/12/08 20:00
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

前回の記事の2回目です。前回の記事はこちら→https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/420

パソコンで文字入力をするとき、どのくらいの文節で入力変換していますか?

長く打つと変換した時に自分の思った通りの変換にならなくて、消すことはありませんか?


ワードを起動して、実際にやってみるとよくわかります。

例)私のお薦めは、コチラです。

上記のように打ちたかったとします。

”から”まで、一気に打った時、このような変換が出てきました。

私のお勧めは、こちらです。

本当は、”お薦め”と打ちたかったけれど、”お勧め”とでてきた。そのうえ、”コチラ”としたかったけれど”こちら”とでてきた。

そんな時は、文節の移動をしてみましょう。

文節の区切りは、パソコンが自動でしてくれています。

文章に、少し太い黒い線が”私の”の下についていると思います。これが文節の区切りになります。

これはそのままでいいので、次の文節に移ります

キーボードの右の矢印を1回押してみましょう。

次の文節の区切り”お勧めは”に太い線が移動できます。そしたら、変換キーを押して、”お薦めは”を選択します。

次は右の矢印を押すと、”、”に移動しますので、もう一度右の矢印を押して、文節の区切りを”こちらです。”に移動します。

そしたら、変換キーを押して、”コチラです。”に変換します。

正しく変換できたら、次の文章を打ち始めると、それまで文章が確定されます。エンターキーで確定して、次の文章を打ってもいいです。

前回ご紹介した、左上の”ESC”キーを組み合わせて使うと、文字の変換が自由自在に変換できるようになります。

少し長めの文章で打つように心がけると、文字の入力が速くなります。そのためには、文節の区切りや変換の効率が必要となります。

ちょっと試してやってみると楽しいですよ。


残念ながらブログでは文節の区切りの線が出てこないのですが、同じ要領で、右の矢印を押すと次の文節に移動できます。



次回はもう少し入力の技を利用して、文節の区切りを自分で直す方法をご紹介できたらと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆

マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)