2017/08/19 07:33
17-07-24-23-13-47-232_deco.jpg

十の我 白粉花の 香に呼ばれ

子ども達の散歩で帰りが遅くなり、日暮れどきになった帰り道でオシロイバナが咲いているのを見つけました。

オシロイバナの香りは、甘過ぎず控え目にただよう感じがあります。

縁側でスイカを食べている時の匂い、という雰囲気(スイカの匂いがするというわけではなく、あくまでもそんな雰囲気というだけです)。

この香りをかぐと、オシロイバナで遊んだ小学生時代の思い出がよみがえります。

オシロイバナは種の中に白い粉が入っており(だからオシロイバナなんですよね)、それを手の甲などに塗ってお化粧ごっこをしたものでございます。

ただ、私は粘膜が弱かったのか、少し目に入っただけで炎症を起こしておりました。

肌が弱いお子さんには、遊ばせない方がよいのかもしれません。

ピンクの花が多いけれど、黄色いものも爽やかで素敵です。

「白粉花」は秋の季語。

本格的な秋も、すぐそこでございます。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)