2017/12/25 06:00

「まーきーびーと、ひーつーじをー」と朝からテンション高く歌いながら始まったクリスマスイブ。

娘はそれを見て適当に歌い出し、息子は横目でしらっと見つめてから新聞を読み始めました。

その後家族全員で録画していたアンパンマンのクリスマススペシャルを観て、ドキンちゃんの声が変わっていることに気付き意気消沈。

おまけに風邪が治りきっておらず頭の奥の方がぼうっとします。

それでも、クリスマス料理だけは作らなくては。

ということで昼過ぎからのんびり作業を開始いたしました。

17-12-24-22-57-48-421_deco.jpg

まず初めに作ったのは、ポテトサラダのクリスマスケーキ風。

『サンキュ!』1月号付録のレシピを参考にいたしました。

とはいえ肉は全く入れず、ジャガイモ、ミニトマト、キュウリだけのベジタリアン向けサラダです。

作っている過程もお見せしましょう。

17-12-24-22-58-33-578_deco.jpg

紙パックをホチキスで留めて輪を作り、そこに材料を詰め込むのみ。

以前、わんたるさんが紙パックでクッキー型を作ったと聞いて、少し真似させていただきました。

このポテトサラダケーキ、遠目で見ると本物のクリスマスケーキに見えるのだそうです(夫談)。

そうそう、クリスマスカラーと言えば赤と緑。

愛と平和を表すこれらの色はクリスマスにぴったりではありますが、やや目に鮮やか過ぎるきらいがあります。

そこで今年のクリスマス料理は「白」を基調にする方向に決めました。

17-12-24-22-59-29-561_deco.jpg

私の好物のアボカドサーモンには、夫の好物であるカマンベールチーズをのせて。

17-12-24-23-01-56-404_deco.jpg

中心にホワイトシチューを据えると、白っぽい食卓の完成です。

ホワイトシチューは豆乳と片栗粉で作り、脂に弱い中年の胃袋に優しく仕上げております。

普段は玄米100%にしているご飯も、今夜は白米との混ぜ炊きにしました。

夫たっての希望で購入したローストビーフには、申し訳程度に白ワサビを添えて(私はワサビ嫌いのためパス)。

少なくない?と言われそうですが、これでもかなりの量。

夫婦2人とも、ご飯はかなり残してしまうほどでした。

そうして、待ちに待ったケーキタイム。

17-12-24-23-04-02-388_deco.jpg

生クリーム少なめ、イチゴは多め。

例年は購入したケーキを食べるのですが、今年は経費削減のため自作しました。

スポンジとホイップ済み生クリームとイチゴを購入し、デコレーションしただけの代物です。

トータル1,500円以下で作れたのですが、予想以上のおいしさでございました。

食べる前には、こんな演出も。

17-12-24-23-06-00-883_deco.jpg

息子が幼稚園の制作の時間にローソクを自作したので、ブスッと突きさして火をつけてみました。

これを見た子ども達はテンションMAXとなり、どちらが先に吹き消すかというたわいない競争に3回もつき合わされることになったのであります。

清し、この夜。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
三宅さん、コメントありがとうございます。

ケーキは市販の材料で作ると、お店の味とほとんど同じになるんですよね。それなのにこれほど値段に差が出るとは…クリスマスケーキの値段って、半分くらいは職人の技術料なのだと実感した次第です。

結局、なんだかんだいって素朴な料理の方が喜ばれるんですよね(^-^)
by danngo 2017/12/26
偶然にも、ウチもシチューとケーキ手作りしましたよ!
ケーキ手作りすると恐ろしいほど安く済みますよね。笑笑
家族の美味しいに勝るものないですよね!
by 三宅智恵子 2017/12/25