2018/01/27 06:00

息子の幼稚園の休園日を利用し、25日と26日は実家に帰省しておりました。

つい先日、年長さんだけで思い出を作ろう的なイベントでミニ運動会のようなものをやったせいなのか、疲労困憊で頭痛がひどかった私。

風邪のひき始めかもしれんなと思い朝昼は自宅で風邪薬を飲み、夕方は実家で薬をもらおうと思いながら行ったわけなのですが。

なぜか夕飯に出てきた鯛の姿焼きとカニ鍋を食べた途端、頭痛が嘘のように消えました。

それで結局、薬要らないから寝ようということでさっさと就寝。

ただし、自宅に帰って来てから忙しかったのでありあわせのものを食べたら、またうっすらと頭が痛くなってきた次第で。

どうやら私の頭痛は、「おいしいものを食べさせろ」という脳内からの指令ではないかと疑っております。

現金な体質の持ち主なのですねえ、私。

たださすがに、食べて寝るだけのために実家に帰るのも申し訳ない気がするので、少し部屋の中のものを見直しました。

私の母は掃除や片付けをあまり好まない人なので、大抵は掃除か片付けをやることになるのです。

リビングなどは勝手に手を付けるわけにはいかないので、元々は私の部屋だったところを確認。

以前からちょくちょく片付けてはいるのですが、探すといろいろなところから何かしら出てくるのです。

今回発掘した驚きの品は、こちら。

18-01-26-22-36-36-734_deco.jpg

リコーダーですね。

いつのだ?と自問してみて、かろうじて中高生時代に使ったものだと思い出せました。

6年間も使ったものがまだ残っているとは。

私の唾液がたっぷりとしみこんだ笛ですので、子どもに譲るということもできません。

当然、すぐに処分決定。

「これをどうして取っておいたの?」と一応母に問うてみると、

「だって捨てていいものか分からんもん。もう吹かないの?」ですと。

吹きませんよ、楽器なら家に電子ピアノありますしね…。

さらに探すと、今度は面白いものを発見。

18-01-26-22-39-07-207_deco.jpg

これが何か、分かる方はいらっしゃいますか?

答えは、アンモナイトの化石です。

そう言えば、小学生くらいの頃に買ってもらったような気が。

まだ残っていたとは。

もう捨ててもいいかなとは思ったのですが、もしかしたら息子や甥っ子が化石にはまって欲しいと言い出すかもしれないなどという考えが脳裏をかすめ、そっと元の箱の中に戻してしまいました。

結局捨てられたのは、ハガキ数枚とプリント数枚、写真1枚とリコーダーのみという結果に終わりました。

なかなか進みませんね。

親達のものは親達で判断して捨ててもらわなければならないので、断捨離の方法について書かれている小さな雑誌(『サンキュ!』ではありません)を渡して「良かったら読んで」と言っておきました。

以前、近藤麻理恵さんの本を渡した時は途中で読むのをやめてしまったようなので、今回もうまくいかないかもしれませんが。

手を替え品を替え、少しずつでも進めてもらうしかなさそうです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
IDUMIさん、コメントありがとうございます。

そうだったんですね。気がつきませんでした。わざわざありがとうございます。

確か、小さいのがソプラノリコーダーで、分解されている大きいのがアルトリコーダーです。珍しいのですかね?

そうですね、物に大した価値がなくても思い出だけは多いので、厄介ですよね(^-^;
by danngo 2018/01/27
danngoさん こんにちは**

以前いただいたローソンの返信コメントdanngoさんのお名前が抜けておりました。きっとわかっていただけてると思いましたがやっぱり気になって。すみません(>_<)

リコーダー2種類あるんですか?セットになったもの初めてみました。

部屋の片づけをしようと引出しを開けたら最後。
懐かしのものに気を取られ私もちっとも進みません笑

by IDUMI 2018/01/27