2018/03/28 06:00

最近息子は久々のスイッチブームを迎えております。

このブームは数か月おきくらいの頻度で時々現れるブームで、期間中は「目に入ったスイッチを全て触りたがる」という状態になります。

防犯のための非常用ボタンなどは絶対に触れないよう、室内インターフォンの上を二重にガードしておりますが不便極まりないです。

あと、電子レンジの電源は使っていない間切っておかないといけないのに対し、炊飯器は常に電源を入れた状態じゃないと気が済まないという謎のこだわりも判明。

早くブームが過ぎ去っていくことを願いつつ、危ないことだけはしないよう気を張っている毎日です。

そんなスイッチへのこだわりから少しでも気をそらそうではないか、という提案により夫が買ってくれたのがこちら。

18-03-27-21-57-13-130_deco.jpg

ボタンを押すと手遊び歌が流れる機能が内蔵された、歌の絵本です。

こういう音が鳴る系の絵本は夢中になり過ぎると他の創造的な遊びをしなくなるのではという危惧から、3年くらいは全く買わないでいました。

でも、使わせてみると案外良かったです。

歌が流れるだけでなくクイズ形式のゲーム機能もついていて、試行錯誤するうちじゃんけんゲームの攻略法などをマスターしてくれました。

数年前だとルールを理解する能力がなかったはずですから、今の時期に買ったのが良かったのでしょう。

手遊び歌も幼稚園で聞いたことがある曲が多かったようで、楽しそうに耳を傾けています。

特に好きなのが『1ぽんと1ぽんで』と題された歌。

幼稚園で習っていたらしく、これを聞くと高頻度で手遊びをする姿を見せてくれます。

18-03-26-07-59-32-784_deco.jpg

「1ぽんと1ぽんでおやまになって」と山の形を作るの図。

現在前歯が抜けており見苦しい姿ですがお許しください。

18-03-26-08-02-00-976_deco.jpg

「3ぼんと3ぼんでおひげになって」で指を顔にくっつけています。

確か1年前療育センターに通っていた頃は毎回先生がやって見せてくれる手遊びをほとんど真似せず、学期末になってようやく少し手を動かしてくれるようになった…と記憶していますが。

それから1年、覚えた手遊びを自主的にしてくれるようになるとは思いもしなかったです。

嬉しくてついついにやけながら、息子の写真を何枚も撮ってしまった私。

一生懸命小さな手を動かしている様子が、何とも言えず可愛いのです。

そして写真には写っておりませんが、横には娘がぴったりとくっついて息子の手遊びの様子を見守っていました。

おそらく、頑張っている息子を応援しているのでしょう。

その様子も、まことに微笑ましいのです。

以上、親バカの記録でございました。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)