2018/12/20 06:00

昨日、新聞で年賀状に関する気になる記事を見つけましたので情報共有です。

近頃は年賀状を1枚も書かないという人も結構いらっしゃるとは思いますが、年賀状を1枚ももらわないという人は少ないのではないのでしょうか。

通っている美容院やら、子どもの幼稚園やら、どこかしらから数枚は届くと思うのです。

こういった親戚や知人以外からもらった年賀状は、1月半ばの年賀状お年玉抽選発表会で番号を確認したら、捨ててしまうことが多いですよね。

ただし来年は、そこでは捨てずにしばらく持っていた方が良いかもしれません。

というのも、4月20日にもう1回、特別な抽選があるそうなのです。

そこでは新元号入りの切手シート1,000円分(500円×2枚)が当たるとのこと。

500円切手なんて使わない気もしますが、1万枚限定の特別な切手なので記念に持っているのも悪くはないと思います。

ちなみにデザインは、富士山の絵のもので落ち着いた色調の渋い切手です。

というわけで、今年は親しくない人からの年賀状でもうっかり破棄せず4月の抽選会まで持っていようと思います。

18-12-19-22-05-34-880_deco.jpg

以前森田法子さんからもらったハガキ大のケースが年賀状保管にとても便利なので、利用させてもらいます。

ついでに、今年出す分の年賀状の用意も始めました。

クリスマスまでに全て投函できるよう、頑張ります。

余談ですが、昨晩は今年最後の贅沢としてお寿司をとりました。

今回は夫に注文を全て任せてみたところ。

18-12-19-22-06-32-335_deco.jpg

カニがたくさん入っていました(写真の上から2列目)。

夫はカニを食べられないのに、なぜこれを頼んだのでしょう。

案の定、「カニは全部あげるから、卵とサーモンもらっていい?」という交渉に応じることとなりました。

最初から注文の時に「カニを別のネタに変更させてください」と言えば良かったのに。

何年も一緒に暮らしてはおりますが、いまだに謎な部分が多い人なのです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)