2018/12/25 06:00
今年の冬至、22日は私の実家に帰省しておりました。

本当はクリスマスに帰省したかったのですが、親の都合で別日になったわけでございます。

とりあえず、何もするつもりはなくひたすらダラダラする魂胆で。

18-12-24-23-08-33-376_deco.jpg

冬至といえばカボチャなのですが、息子はあまりカボチャを食べないので餃子にしてもらいました。

母と2人で台所に立ち、せっせと包みました。

私と母とではひだの寄せ方が違うはずなのですが、写真では区別がつきませんね。

息子がたくさんお代わりをしてくれたので、良かったです。

18-12-24-23-09-23-101_deco.jpg

冬至らしいこととしては、ゆず湯に入りました。

実家に帰った時の楽しみといえば、まずはお風呂です。

自宅にいる時は必ず子ども達と入るので、すぐに上がりたがる子ども達に負けて湯船に10分と浸かっていられません。

実家では、先に自分が入っておいて温まったところで母に子ども達を連れて来てもらうことができ、のんびりくつろげます。

調子に乗って30分くらいは浸かっていたような気が。

結果、のぼせました。

そんなこんなで母には随分世話になりましたが、一番頑張ってくれたのはむしろこの子かもしれません。

18-12-24-23-12-21-739_deco.jpg

実家で飼われている愛猫、その名は瑠璃。

年齢は15歳、人間でいうなら70歳くらいのおばあちゃんらしいです。

彼女の顔が不機嫌そうな理由、それは。

18-12-24-23-11-34-787_deco.jpg

我が子達がこの猫を触りまくったからです。

特に最近になって猫への愛が爆発中の息子は「猫ちゃん、大好きー」と言いながらなでたり頬ずりしたり尻尾をつかんだり、やりたい放題。

小さい子相手に怒って猫パンチを繰り出すのは大人げないと分かっているのでしょうか、瑠璃はひたすら忍耐を重ねます。

時々嫌になって猫用トイレに逃げ込むも、少し経てばまた見つかって触られまくるといった状態で。

私が何度か「もうやめておきなさい」と引き離すはめになりました。

子ども達を寝かしつけてリビングに戻ると、瑠璃はもう疲れ切った様子。

18-12-24-23-12-43-121_deco.jpg

ぐったり。

この後さらに私からモフモフされるという受難があろうとは、この時の彼女には知る由もなかったのでした。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)