2019/04/15 06:00
子ども部屋のない我が家では、自然とリビングに子どもの物が散らかります。

部屋数が足りないため、今後も子ども専用の部屋は作らない予定。

仕方ないので、ある程度部屋が散らかるのは当たり前と考えて、1日1回リセットできれば良しとしています。

とはいえリビングをじっくりと片付けられるのは、土日の午前中だけ。

この時に大リセット、つまり部屋をできるだけ綺麗にいたします。

昨晩畳み忘れていた洗濯物があれば畳んで(やりがち)、子ども達が引っ張り出したおもちゃと絵本を所定の位置に戻して、掃除機を丁寧にかけて、それでも汚れているところがあれば雑巾で拭いて。

19-04-13-09-14-02-551_deco.jpg

大リセット完了です。

いや、よく見ると壁に落書きなどがあって汚いのですけれど。

もう壁はすでにあちこち汚れているので、いつか貼り替えるということにして目をつぶり続けております。

こうして土日はある程度綺麗にできますが、常に時間に追われてしまう平日はなかなかそうもいきません。

夕方あたりに軽く片付けてからざっと掃除機をかけ、夜寝る前に子どもが出しっぱなしにしたおもちゃをおもちゃ箱に放り込み、広げたままになっている図鑑や絵本を本棚に戻し、小リセット。

歩いている時、何かを踏みつけるようなことがなければ問題ないと思っています。

簡単でもいいから毎日リセットできるようにするコツは、やはり物の絶対量を減らすこと。

いらなくなったものは、記念に取っておくという考えを極力捨てて、潔くおさらばします。

どうでもいいのですけれど。

一昨日の朝、夫が朝食用のお皿を落として割ってしまいました。

IMG_20190414_064928.jpg

形あるものはいつか壊れるのが世の定め、別に良いのです。

夫が、「替わりの皿、買ってこないとな」と言ってきたので「買わなくていいです」と答えておきました。

新しく買わずとも、使用頻度が低い別のお皿を利用すれば良いわけで。

19-04-14-15-33-55-234_deco.jpg

食器棚の中で仮眠をとっていたこちらのお皿を取り出してきました。

私の朝食用のお皿も、何かのおまけでもらった安物で裏側がうっすら汚れてきているため、ついでに替えようと思います。

何かが壊れた時には慌てず、物を減らすための良い機会かもしれないと考えるのが私の習慣。

なくなっても大丈夫な物って、意外と多いような。

だからといって霞を食べて生きているわけではありませんので、たまには欲望に従って物を買うのも悪くはないと思う、どこか矛盾したスタンスの私です。




danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)