2019/05/23 06:00
私は、洋服を実店舗で買うことがほとんどありません。

基本的にはネット通販で購入しています。

そうなると、問題が1つ。

試着できないので、自分に本当に似合うのかどうなのかが分からないまま買うことになるのです。

そんなに高い値段の物は買わないとはいえ、大きな失敗をしてしまうと無駄金を使ったことになってしまい。

その失敗を最小限にするために今持っている服と同じような服を選んで買うはめになり、おしゃれの幅が全く広がりません。

どうやら、着ると顔映りが悪くなるような服が存在するよう。

これは、パーソナルカラーに合わない服だからなのでは?という疑念が。

以前、書籍を見ながら自分で骨格診断とパーソナルカラーの診断をした時には、骨格がナチュラル、パーソナルカラーがウィンターと出ました。

骨格の方はかなり特徴が顕著なので間違いない気がするのですが、パーソナルカラーに関しては確固たる自信がございません。

色見本のあるページを顔の下に当てて、鏡で確認しただけですからね。

それに、色というものは形以上に様々なバリエーションが存在する気がいたします。

ウィンターという自己診断が間違っている可能性もありますが、ウィンターの中でも幅があり人によってはウィンターに最適とされる色が似合わないケースもあるのかも。

よく聞くのが、ウィンターは真冬のスキー場のイメージという話。

白と黒の雪山の中で、ビビッドカラーのスキーウエアを着たスキーヤーが滑り抜けていく、そんな情景を想像します。

確かに、私は黒がよく似合うという自覚はあるのですが、ビビッドカラーに関してはさほどではありません。

鮮やか過ぎると、色だけ悪目立ちする感じがします。

「どうすればいいのだろう、もしや私に似合う色は別のものではないのか?」

そう悩んだ挙句、思い切ってプロにパーソナルカラー診断を頼むことにしました。

とはいえ誰に頼めばいいのか皆目見当もつかず、しばらくインスタグラムのハッシュタグ検索で良さそうな人を探す作戦に。

結果、オンラインで診断してくれるというaikong888さんに依頼することにいたしました。

診断方法はとても簡単、自然光の中で自分の写真を数枚撮り、それをメールに添付して送信するだけ。

料金は、わずか5,000円とお手頃です。

しばらく待っていると、メールで19ページにもわたる資料が送られてきました。

こちらの資料は自由に掲載して良いとのことだったので、差しさわりのない部分を(主に見苦しい私の顔面写真)ご紹介いたします。

まずは、私の顔がブルーベースなのかイエローベースなのかを診断。

19-05-22-18-29-11-527_deco.jpg

下に当てる色が青みを帯びた色の場合と、黄色みを帯びた色の場合を比べます。

どう考えても青みを帯びた色の方が顔色が良く見えるので、私はブルーベースだと診断されました。

分かりやすくするために、写真編集でメイクを施した写真も。

19-05-22-18-31-36-446_deco.jpg

まあ、言うまでもないですね。

イエローベースの方の写真は、明らかに色だけ浮いてしまって全くなじんでいません。

そのせいか、ダサいというかおばちゃんくさいというか、とにかくパッとしない雰囲気です。

ブルーベースの方は、顔になじんで自然に見えますね。

バブル期に流行った、フューシャピンクっぽい口紅が割と似合うのだな私(バブルの流行、戻って来て!)。

そしてブルーベースの場合、サマーとウィンターのどちらかのタイプに絞られるそうです。

今度は、そのどちらかに当たるかを検証。

19-05-22-18-33-28-333_deco.jpg

薄く柔らかい色よりも、パキッとした鮮やかな色の方が雰囲気に合っている気がしますね。

というわけで、私はウィンターと診断されました。

セカンドシーズンはサマーだということで、優しい印象にしたい場合は色を薄くしてもそこそこいけるということのようです。

19-05-22-18-34-54-787_deco.jpg

どうでもいいけれど、ウィンターってベーシックカラーのバリエーションが少ない気が…。

基本、モノトーンに近い色合いなら間違いないのでしょう。

そしてウィンターの中のクールウィンターという部類に属し、最も似合う色合いは「青みの強い暗めトーン」ということが判明。

言われてみれば、青を買って失敗した経験はあまりないかと。

似合う色の代表は、黒、ネイビー、ワインレッドあたりらしく。

黒はやはり似合うのだなと思い知りましたが、ネイビーの服はほとんど持っていないので意外。

紺色=制服、というイメージがあり、ネイビー系の服を避けていたせいかと思われます。

基本的に、大人っぽくてコントラストのはっきりとした直線的なデザインがよく似合うとのことでしたので、今後は意識して探してみようかと。

親切にも、似合う服が多いブランドショップも紹介してくれました。

UNITED TOKYO、ZARA、LE CIEL BLUE、ダブルスタンダードクロージング…だそうです。

1回も買ったことありません。

ZARAなら見たことがあるけれど、個性的なデザインが多い気がして。

でも、どちらかというと個性的なデザインの方が似合うとのことでしたので、機会があれば勇気を振り絞って試着してみようと思います。

IMG_20190522_223805.jpg

わざわざ、実際に似合う色かどうか確かめることのできる色見本まで郵送してくれました。

クレジットカードくらいの大きさなので、財布などに入れて持ち運べます。

サーモンピンクとかは、着たらいけない色だったのですね。

婚活中、この色を着て見合い用の写真を撮りましたけど。

今後は、肝に銘じようと思います。





danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)