2019/07/24 06:00
担任の先生の体調不良により延期になっていた個人面談、夏休みに入ってから行ってきました。

1年生の頃は「支援級に入れては?」という圧力がすごくて、個人面談ではなるべくその言葉を言わせまいと気を張っていたものですが、2年生になってからはその傾向が和らいだ気が。

息子ができることが少し増えてきたことも関係あるかもしれません。

「まあ最近は、割と落ち着いてますものね」と上の方を見つめながら穏やかな表情で言う先生。

「教室内がうるさかったり、理解できないことがあったりすると、まだ抜け出そうとしてしまうのですが」と私が言うと。

「でも、衝動的に走り出すのとは違いますからね」とフォローして下さいました。

確かに、最近は全速力で走るのではなく私の手を強く引きながら歩くことの方が増えた気がします。

ただし息子はできることはきちんとできても、苦手なことはやはり多くて。

漢字の書き取りや計算など、暗記や法則の理解ができれば解けるものなら大丈夫なのですが、文章読解、特に主人公の気持ちを考えて書くなどといった考察系の問題はできません。

そのことについて私が触れると、「うーん、でもみんなと一緒に行動できてるってだけですごいことですから」との答え。

「苦手なことは仕方ないと思います。できることを伸ばしてあげられれば」とも。

素晴らしい考え方の先生だなあと、感動いたしました。

「私1人ではなかなか息子さんに手がかけられないので、申し訳ないのですけどね」と先生。

そりゃあ、児童が30人いたら仕方のないことです。

子どもがたくさんいる地域に住んでいるからには、避けられない事態。

たまに、児童数が1クラス4、5人くらいの地方の学校がうらやましくなることもありますが。

気にかけてくれるだけでも、私としてはありがたいのです。

同じクラスの子達も、息子の様子を気にしたり声をかけたりしてくれるので、すごく嬉しく思っております。

そういえば、少し時間がさかのぼりますが、下校中に通りがかりの顔見知りのお母さんから無言で手紙を渡されたことがありました。

「何、何?同性からのラブレターは受け付けませんけど」と思いながらよく見てみると、「困ったことがあったら教えてくださいね」と連絡先が記してあります。

息子がいつもヘルプマークを付けているものだから、気にされたのでしょうか。

せっかく連絡先をもらったので、メールしようかなとは何度も思ったのですが。

直接会った時なら何気なく話しかけることも気軽にできますが、メールとなるとどうしたらよいのかよく分からなくて。

とりあえず、「どうも」とだけでも連絡入れるべきか、と迷っているところです。

最後に、面白いものをお見せしましょう。

19-07-23-23-36-58-795_deco.jpg

学期末にもらった、息子の体力テスト結果。

ほとんどの種目が、2や1の評価です。

うちの息子、本当に運動能力が低いのですよね。

逃げ足だけは速いのに、校庭に出るとおふざけ程度にしか走らないですし。

やる気がないだけでしょうか…。

そんな状況で、なぜか長座体前屈(お尻を床につけて脚をのばした状態で前屈する)だけは、10という最高の点数が。

先生も驚いていましたっけ。

きっとこれは、体の柔らかい私の母に似たのでしょう。

できれば、脳みその方にもその柔軟性を回してください。










danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
水江さん、コメントありがとうございます。

コメント返信、拝見しに行きました。嬉しかったです。お知らせ下さってありがとうございました。

そうですね、これからも少しずつ成長していってほしいと切に願います。

>生きていれば色々な可能性がある
良い言葉ですね。心に刻んでおきます。

息子は偏りが激しいけれど、欠陥と思わず個性と捉えれば前向きに頑張れそうですよね。

水江さんも毎日お忙しいことと思います。お互い頑張りましょう。

私も、水江さんの書く記事を楽しみにしております。
by danngo 2019/07/25
danngoさんこんにちわ。お久しぶりです。以前コメントをいただいておりましたがお返事が遅くなりすいません、もしよろしければ覗いてください。

1学期息子さんも、danngoさんもお疲れ様でした。

息子さんの頑張りはお母さんの頑張りも=するとおもっています。
みな、みな、
苦手なことは
大小なり、あります、

でも出来ることが増えている、
すごいことですよ。



命があれば、生きていれば色々な可能性がある、と、私は下のこの療育に通いだして感じています。

子供はそれぞれ個性があります、その個性の1つがピカピカ輝けていたらもう、凄いこと

danngoさんの頑張りをみている、周りもたくさんいます

。私もその一人です。

これからもdanngoさんの発信楽しみにしてます。
by 水江智美 2019/07/24