2016/10/24 08:20
最近、台風の影響などで野菜の価格が高騰していますね。

キャベツ1玉400円くらいするという話も聞きます。

皆様は、こんな時どんな対策をなさっているのでしょうか。

私は、野菜が少々高くても肉ばかりの献立にはしたくないので、値動きの激しくないものを見極めて買うようにしています。

具体的にいうと、以下のようなものがあります。

1.生協の野菜
2.根菜類
3.屋内栽培のもの
4.冷凍野菜
5.缶詰
6.輸入野菜
7.果物

まずは、供給が安定している生協の野菜がねらい目です。

普段は、生協の野菜ってちょっと高いなと思うのですが、野菜高騰時はむしろ安く感じます。

カタログで調べてみたら、高くなったといわれているキャベツも1玉148円でした。

2の根菜類や3の屋内栽培できるものは、比較的天候の影響を受けにくいとされています。

屋内栽培可能なものとしては、モヤシやカイワレ大根などのスプラウト系、キノコなどがあります。

4や5のように加工してあり長期保存できるものも、あまり天候に左右されないですよね。

ただ、加工品は生産者が追跡しにくかったり食品添加物が入っていたりすることもあるので注意が必要ですけれど。

6の輸入野菜は国内の天候の影響は受けませんが為替相場の影響を大きく受けるので、本当に安いかどうか考えながら買っています。

奥の手は7、果物です。

果物の中には保存のきくものもあるせいか、野菜が高くても果物は安い、ということは多々あります。

果物を料理に使うのは抵抗があるかもしれませんが、今あるものだとリンゴやナシはけっこういけますよ。

リンゴならサラダに入れたり、鶏肉と一緒に炒めたり。

ナシはすりおろして肉の味付けやドレッシングに使うのがおすすめです。

そんなこんなで、いろいろと考えながら作った昨晩の献立。

IMG_20161023_182234.jpg

玄米ご飯
きんぴらごぼう
サンマの塩焼き
モヤシとニラの野菜炒め
豆腐とワカメの味噌汁

きんぴらごぼうに使ったニンジンは冷蔵庫の余りもの、ゴボウは1袋158円で買ったものです。

サンマの塩焼きの付け合わせは、大根おろしではなくレモンにしました。

ニラは生協で買った1束95円のもの、モヤシは安定の1袋26円でした。

何とかかんとか、今月も乗り切れそうです。

皆様の食費やりくりテクニックも、これからブログチェックして勉強させていただこうと思っております。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)