2019/04/16 06:46
先日、子ども達を連れて息子のピアノ教室に向かっていた時のことです。
 
いつものように停留所に並んでバス待ちをしていると、視界の隅にひょっこり20歳くらいの青年が現れました。
 
その青年は長く並んだバス待ち客の正面に急に近付くと、私達より後ろにいた年配のご婦人方に立て続けに「こんにちは、こんにちは」と声をかけました。
 
私はその雰囲気から、「ああこの方自閉症かな。積極型かしら」とピンときたのですが。
 
ご婦人方は次の瞬間、半歩下がって無言のまま体をのけぞらせたのです。
 
「わざわざ声をかけたのはただ挨拶したかったからなのか、それとも何か困ったことがあるのに話しかけ方が分からずとりあえず『こんにちは』と言ったのか…」
 
私が頭をフル回転させてそんなことを考えている間に、青年はご婦人方の反応を見て無駄だと悟ったのか、ふっとそのまま立ち去ってしまいました。
 
その青年がいた位置から私達の並んでいるところは数メートル離れており、私は相当大きな声を出さないとその青年に話しかけることはできず(そして多くの場合、発達障害の人は大声を好みません)。
 
子ども達がいたため自分から青年の方に近付くことは難しく、非常にもどかしい思いをしました。
 
あの時ご婦人方が避けようとせずに、形だけでも会釈して「こんにちは」と返してくれればすぐに立ち去ることはなかったでしょうに。
 
そうすれば「どうしましたか?道が分からないのですか?」というメッセージだけでも後ろのお客さんに伝言ゲームのようにしてつないでもらって、話を聞くことができたかもしれません。
 
おせっかいながらも、そんなことを悶々と考えてしまいました。
 
ただ、私にはご婦人方の気持ちも分かるのです。
 
発達障害のことを全く知らない中高生くらいの時分、電車の中でひたすら車掌のアナウンスの真似をし続けている人や、道を歩きながら大声で独り言をつぶやいている人をよく見かけました。
 
その時の私は、「奇妙だ、怖い、気持ち悪い」とつい思ってしまい、自然と距離を置きながら見つめていた記憶があります。
 
人間は、未知のものに対しては簡単に近付こうとはしないものです。
 
たとえ優しい人でも、自分がよく理解できない対象には、簡単に手を差し伸べることはできないのではないかと思います。
 
逆に言えば、知ることでもっと人は優しくなれるはずなのです。
 
うちの息子も電車が大好きで乗ると先頭車両にはりついていることが多いので、今なら車掌アナウンスを真似する人を見て「電車が大好きなのね」と微笑む余裕があります。

 19-04-15-22-32-50-537_deco.jpg

歩きながら独り言の人も時々見かけますが、「思ったことを整理するために一度声に出す必要があるのかな」などと推測することが可能です。

発達障害と呼ばれる人が世の中には一定数いて、一見奇妙なことをすることもあるがそれには理由があるーそういったことを知るだけでもずいぶん見方が違ってくるのではないでしょうか。
 
もちろん発達障害だけでなく、身体障碍、難病、先天性疾患、外国人やLGBTなどに対してもそうですね。

実は、ママ友やご近所さんの中に私の息子のことを心配して「何か力になれたら」などと言って下さる親切な方が結構います。

不思議に思ってよく話を聞いてみると、「うちの周りにも(発達障害児が)いるから、大変なのはよく分かる」なんて言葉がぽろっと出てきて。

やはり、知ることが手を差し伸べるきっかけになるのでしょう。

少し前の話ですが、4月2日が「世界自閉症啓発デー」、4月2日から8日までが「発達障害啓発週間」と呼ばれる日でした。

シンボルカラーは、青。

この時期に建物を青くライトアップするイベントが各地でありましたし、「青いものを身につけて出かけよう」と声をかける自治体があります。

私も2日には、青い服を着ておりました。

「世界自閉症啓発デー」で検索すると、この時期の取り組みや「自閉症とはどういうものか」といったことまで知ることができ、非常に興味深いです。

発達障害や自閉症について、言葉は知っていても実態がよく分からない人は多いのではないかと思います。

ぜひこの機会に、覗いてみてくださいませ。

19-04-15-22-35-10-383_deco.jpg

日曜日の朝、布団に隠れてふざけ合っていた子ども達。

こういった姿を見ると、普通の子と変わらないのになあ、などと思います。
 
 
 
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/12/11 06:00
小学生になったばかりの頃から、「私は、他の子と何かが違う」という感覚が常にありました。

先生の話を真面目に聞いているはずなのに、指示の内容が長くなると言われた最後の方しか覚えていられません。

球技が著しく苦手で、ドッジボールでは逃げ回ってばかり、高学年になりバスケットボールの授業が始まった時には困ってしまいました。

人と話すより読書が好きで、昼休みは誰とも遊ばず教室で本を読んでいましたし。

今考えても、やはり少しおかしかった気がします。

1月号の『サンキュ!』では、大人の発達障害に関する特集が組まれています。

18-12-10-07-17-24-772_deco.jpg

この特集の中にあるチェック項目を確認してみたところ。

ASD(自閉症スペクトラム)のチェックテストでは10項目中7つが該当、ADHD(注意欠陥多動性症候群)では12項目中4つが該当しました。

自分自身の感覚では、「ADHD傾向ありのアスペルガー症候群、グレーゾーン」くらいかなと思っております。

私が学生だった頃、アスペルガー症候群の女学生が家族にこっそりヒ素を飲ませ、健康状態の変化を観察していたという事件がありました。

その事件のニュースを観た時、「この子に近い要素が私にはありそうだ」と感じて恐ろしさを覚えた記憶もあります。

特に自分にぴったり当てはまると感じるのがASDの人の特徴とされる「人と目を合わせて話すのが苦手」という項目です。

私は、普段からあまり人の目を見ません。

なぜかと問われれば、人の目を見るのが怖いからです。

どうして怖いのかと聞かれると困ってしまうのですが、おそらく本能レベルの恐怖感なのです。

3秒以上じっと見つめることが苦痛で、無意識のうちに視線をそらしてしまいます。

『サンキュ!』のイベントでヘンケルさんのプレゼンがあった際、髪型を少しずつ変えた4枚の女性の写真を見ましたが、その時私は「ああ、コテで巻き方を変えたのね」と思ってしまいました。

普通の人は前髪の分け目を変えたことに真っ先に気付くと聞き、ショックを受けました。

私はそれほどまでに、人の目元付近を見ることを避けていたのだと再認識させられたわけです。

写真なら大丈夫だと自分では思っていたので、かなりの衝撃でございました。

冒頭では、小学生の頃のエピソードを書きましたが。

本当に苦労したのは、高校を卒業して社会と関わる機会が増えてから。

人とうまく目を合わせられないため、真剣に話を聞いているつもりでも「やる気がない」と言われたり。

時間の感覚が弱いのと1つのことに熱中しやすいことが災いし、複数の仕事をうまくこなせず時間までに終わらせられなかったり。

18-12-10-23-03-48-521_deco.jpg

大学生の頃は部活の先輩に怒られる常連でしたし、初めて社会人になった時はボーナスの査定で事実上最も低いランクにされてしまいました。

心ならずもOLをしていた時代には場の空気が読めず周囲になじめなかったので、社員にかかって来る内線全ての対応や力仕事などの雑用全般をやらされ、プライベートな誘いには堂々と仲間はずれにされて居心地が悪かったです。

そんな私ですが、高校生以下の子どもの顔ならある程度長い時間見つめていられます。

自分のペースで進めることができ、面倒な人間関係に煩わされない非常勤講師の仕事は天職に近かったといえましょう。

結婚してからは家事や子育てなどのマルチタスクに混乱する日々ですが、周囲の助けがあるので何とかやっていけている次第です。

例えば、寝る前に畳もうと思っている洗濯物の山。

18-12-10-23-02-45-392_deco.jpg

畳み始めて1分も経たないうちに、ポットでお湯を沸かすのを忘れていたことを思い出します。

ポットに水を入れてセットし、さて戻ろうとしたらシンクに洗っていないお皿が数枚残っていることに気付き。

今度はそのお皿を洗わなくては気が済まなくなり、なかなか洗濯物まで戻れません。

そんなこんなで、集中すれば5分とかからないであろう作業に10分や15分かかることも。

夫はさほど文句を言いませんが、きっとあきれているでしょう。

いや、夫は私に勝るとも劣らない変わり者なので、そもそも私がおかしいことに気が付かないだけなのかもしれませんが。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/11/12 06:00
風邪、治りました。

現在は華麗に4回転を決められるほど元気になりましたので、ご安心くださいませ。

あ、跳んでいませんよ、床の上でクルクルしているだけです。

さてお知らせです。

今週あたりから今月の25日まで、NHKで「発達障害キャンペーン」と題して発達障害関連の番組をいくつか放送するそうで。

検索すれば、関連番組一覧をまとめたPDFにたどり着けるかと思いますのでご興味があればお試しください。

発達障害児を抱える家庭の親御さんはもちろんですが、そうでない方にも参考になると思います。

発達障害というとASD(自閉症)とADHD(注意欠陥・多動性症候群)が有名ですが、他にもいろいろなものがありますし、複雑に絡み合っているものなのですよね。

そういった実態にも触れてもらえているのかなあと、期待しております。

特に知名度の高い『あさイチ』で扱ってもらえるのはありがたいですね。

私は録画して、ゆっくり観ようと思います。

個人的には、毎週水曜日の午前9時にEテレで放送される『u&i』が楽しみです。

この番組の良いところは、親子一緒に観られるところ。

歌がユーモラスだったり、謎のサルのぬいぐるみが話し始めたり、既視感溢れる白髪頭の博士が解説を始めたりと面白さが随所に詰め込まれています。

1回目は感覚過敏、2回目は身体障害、3回目は発達性協調運動障害がテーマだったように思いますが、どれも子どもにも分かるよう丁寧に解説されているので理解しやすかったです。

何より、私は子ども達とわいわい楽しみながら観る時間が好きなのです。

娘はこの番組の歌真似をよくやるようになり、息子は「あの子の気持ちになってみない〜」とわざと歌詞をかえて歌ってふざけております。

21日にはLD(学習障害)のテーマを扱うようですので、気になる方はぜひ。

以上、取り急ぎお知らせでした。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ