2018/04/26 06:00

(サンキュ!公式ブロガーとしてレポートします。)

現在、息子は私と一緒に登校して私と一緒に授業を受けております。

時々嫌なことがあると教室からとび出してしまうし、休み時間は散歩につき合わされることが多いのですが、少し落ち着いてきました。

4月半ばから給食も食べて帰るようになり、下校は大体13時半くらいになります。

息子が給食を食べている間は私が横について見張っているので、私自身の昼食は家に帰ってから。

当然、お腹がペコペコなわけです。

そんなわけで重宝しだしたのが、先日のあしたのわたしフェスでいただいた「プチッとごはんズ」です。

この商品は、とても手軽に昼食が作れるのですよ。

ステージでは臼井愛美さんが調理の実演をなさっていました。

手順はとてもシンプルです。

1.サラダ油をひいたフライパンに直接卵を割り入れる

2.温めたご飯を入れる

18-04-25-15-44-39-752_deco.jpg

3.鍋肌にそわせるようにして「プチッとごはんズ」を入れる

4.具材を入れる

18-04-25-15-45-30-417_deco.jpg

気付いたら、完成しておりました。

あまりにも簡単過ぎて、写真をたいして撮れずに終わってしまったという。

このステージと、前後に回ったブースで現品もいただいてしまいました。

18-04-25-15-39-29-692_deco.jpg

というわけで、元手0円で試せることに。

まずは左側、「博多風とんこつ味」から使うことにいたします。

18-04-25-15-38-31-073_deco.jpg

完成品です。

インスタ映えしませんが、空腹の私にはこの写真が限界です(写真1枚撮ったらすぐ食べました)。

本当に簡単なので、経緯はもはや書く必要がありません。

炒めただけ。

具材は、パプリカとソーセージにしました。

こちら、なかなかしっかりしたお味で、食べ盛りの中高生男子3人が住んでいる家でチャチャッと作って出せば大喜びされそうな感じがいたします。

右側の「チキントマト味」で、トマトリゾットにも挑戦。

18-04-25-15-37-21-666_deco.jpg

フォトジェニック?何それ、いいから早く食べさせて状態。

卵とご飯さえあれば作れるようでしたが、ホウレンソウとチーズも入れています。

トマトの味はしっかりありつつも酸味は感じられず、非常に食べやすかったです。

忙しい時の1人ご飯は、これさえあれば大助かりですね。

ブースも見てきたので、そちらの感想も。

18-04-25-15-54-19-428_deco.jpg

プチッと鍋シリーズはよくお世話になりますが、ずいぶんとたくさんの種類があるのですね。

寄せ鍋、キムチ鍋、とんこつしょうゆ鍋、豆乳ごま鍋(これが一番気になる)…。

18-04-25-15-53-05-869_deco.jpg
(公式ブロガーのmihoyamanaさんと。彼女の許可は得ております)

何やらおふざけが始まりました。

アレンジレシピもいろいろある(ホームページで公開中)とのことなので、試してみたいものです。

皆様もぜひ。

18-04-25-15-48-17-563_deco.jpg

ついでに、こちらの笑顔もおいしく召し上がって(無理)。

小学校から帰って来ると倒れるように寝てしまうことがある息子にも、作ってあげたいなと思っています。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/12 06:00
昨日、11日は鏡開きでしたね。

我が家の鏡餅の中身は、こんな感じでした。

18-01-11-22-04-27-689_deco-cf909.jpg

最近の鏡餅って、切り餅が入っているものが圧倒的に多いみたいです。

鏡餅を切り分ける気満々で包丁をスタンバイしていましたが、それをハサミに換えて開封。

あしたのわたしフェスでもらったずんだ餅のもとをかけて食べました。

18-01-11-22-05-21-112_deco.jpg

でもこれだけじゃお昼ご飯としては足りないので、他の餅を追加。

使ったのはこちら。

18-01-11-22-09-11-403_deco.jpg

カルディで購入したよもぎ餅です。

800グラム入りで税抜498円だったかと思うのですが、定かではありません。

こちら、購入したのは2回目です。

カルディって「コーヒーと輸入食材の店」っていうイメージが強いのですが、実は干しシイタケとか車麩などの和食材もいいものが売られています。

こちらのよもぎ餅も、とても本格的な食材です。

18-01-11-22-08-00-714_deco.jpg

よもぎ餅のイメージ的には、このようにあんこをかけて食べるのが良さそうですが。

18-01-11-22-06-14-428_deco.jpg

ぜひ1度は、焼いただけの状態をお試しください。

とても複雑な味がするのですよ。

口に入れた瞬間は、なぜかしょっぱい味がします。

噛んでいるうちに口の中によもぎの香りが広がり、最後によもぎらしい苦みが残ります。

よもぎ餅って甘いイメージですが、これは全く甘くないので、お雑煮に入れたりしょう油をかけたりという塩辛い系の味付けでもおいしいですよ。

ちなみに、冒頭で紹介した鏡餅もカルディ購入品。

17-12-27-08-20-10-747_deco-cc4ca.jpg

こちらは和食材コーナーではなく、季節用品コーナーに売られていました。

和の食材はたたずまいが控えめ過ぎて見つけにくいし、店舗によっては扱っていないかもしれないですが、もし幸運にも見つけられたら手に取ってみるのも楽しいですよ。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/12/10 07:48

土曜日の娘の朝食は、梅干しとヨーグルトとチーズと豆乳のみ。

ミカンもあげようとしたのですが、一口かじってポイされました。

炭水化物を食べる気を見せないのは、困ったものです。

せめて昼食はバランスの良いものをと思い、少々久しぶりのパスタを作りました。

17-12-09-21-34-19-743_deco.jpg

多くのブロガーさんが絶賛していた、キューピーの「ワンポットパスタ」を使っております。

17-12-09-21-35-04-134_deco.jpg
(開封してから写真を撮ってしまうという不手際をお許しください)

お気づきの方も多いと思いますが、出来上がった料理写真、パッケージの写真とはだいぶ違いますよね。

実はレシピを見つつもかなり作り方を変えてしまっているのです。

まず、パスタにはこれを使いました。

17-12-10-07-11-01-789_deco.jpg

ショートパスタ、またの名をマカロニ。

他のブロガーさんのレビューをいくつか見て、「スパゲティを半分に折るのって大変そう。だったら最初から短いの使えばいいや」と思ったからです。

早ゆでパスタだったので鍋に入れるタイミングをどうしようかと悩みましたが、ちゃんとキューピーのホームページに対応策が書かれていました。

商品パッケージの裏側に記載されているQRコードから飛べますよ。

ゆで上がるまでの時間を逆算して、鍋に入れればいいということでした。

通常10分間のゆで時間なのですが、こちらは1分半でゆで上がる麺なので火をつけてから8分半後に入れればよいということになります。

パスタソースで具を煮込む段階で、野菜はあるけれど鶏肉がないことを思い出す私。

仕方ないので、冷凍庫の片隅に鎮座しているシーフードミックスを使うことにしました。

色味がもっとほしくなったので、ニンジンとパプリカも用意。

8分半後、先ほどのパスタを約2袋分(300g)入れました。

レシピには200gとあるのですが、子ども達の分も計算して多めに。

17-12-09-21-36-43-601_deco.jpg

鍋がパスタだらけになり、やや焦る私。

根性で上、下、上、下と混ぜると、何とかゆで上がりました。

17-12-09-21-37-58-915_deco.jpg

早ゆでの麺なので、すぐに火が入るのが良かったのかもしれません。

食べてみると、意外と家庭的な味。

もっと濃い味を想像していたので、「実家でお母さんが作ったパスタ」っぽい味に面食らいました。

もっと驚いたのは、最近ブロッコリーをほとんど食べなくなっていた娘が自分から所望してブロッコリーを食べていたこと。

恐るべし、キューピーマジック。

反省点もあります。

・もっと大きめの鍋を使うべきだった
・具が多過ぎた
・パスタもやや多かった

これらの点を改善すれば、もっとスムーズに作れたはずです。

全体的に量を増やし過ぎたため、少々残ってしまいましたし。

でも、マカロニなのでサラダに入れたりグラタンにしたりとリメイクしやすいのはいいですよね。

とにかく娘がこの味をひどく気に入っているので、また娘のために作ろうと思います。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ