2019/09/17 06:00
*お立ち寄りいただきありがとうございます*





先日の記事で

今月から環境が変わり、バタバタしていると書きましたが



そう

転職しました(´-`*





ずっと、次男が小学生になったら

やりたいと思っていた仕事があって

その準備として資格の勉強を始めた矢先に

求人を見つけました目ぴかぴか(新しい)



滅多に求人がかからない仕事なので

どうしようか迷いつつ、

勤務先に、

次の契約は更新しない意向を伝えました。



今回の求人に採用されようがされまいが、

更新する気持ちはもう無かったので…。

(シャーペンの芯のように、

 心がポキポキ折れまくってました)



更新日まで2か月以上あるのにと、

大変驚かれましたが



募集をかけても面接者は来ない、

採用になっても1ヶ月しないで辞めていく職場。

とにかく、早く後任の方を見つけてもらいたくて…。



と思ったら、

まさかの私の退職日が早まりましたΣ(゚Д゚)



なんかさ、「あれ?私、引き留められたんだよね…?」と

思い続けた10ヶ月。。



一体何だったんだろうと思いながらも

今の職場に大急ぎで応募・採用していただいた次第です。



自分でもビックリの急展開だったから

履歴書・職務経歴書作成と、

ワーママオフ会の準備を並行する羽目に…。

オフ会準備がほんとにテキトーになってしまいましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)





そして、新しい仕事は

会議やら外出やら打ち合わせやら、

目まぐるしくて、けっこうハードあせあせ(飛び散る汗)



今までの比ではないくらい、

スケジュール管理が必要になったので、

手帳を買ってきましたexclamation×2


DSC_0173-63d38.JPG


Seriaでうなりながら選んだ1冊(´-`*)


DSC_0174.JPG



DSC_0175-747e5.JPG


マンスリーもウィークリーも、

書き込めるスペースが大きくて書きやすい黒ハート



DSC_0177-b64d7.JPG


フリーページも充実黒ハート



これで一安心ダッシュ(走り出すさま)と思ったら

なんうっかりexclamation×2

1月始まりの手帳でした(゚Д゚)



色んな手帳を見まくってたせいか

10月始まりとしか思っていなかった。

書きやすさとかしか見てなかったわ。

わ、私としたことが…exclamation×2(←何様)



しばらくは、1000万円手帳の

9〜12月のマンスリーをコピーして使おうと思います。泣





収入面は

タイトル通り、単純計算で

月に5万円は減ります(´;ω;`)



転職して収入減なんて初めて。

だけど、やりたい仕事だし

資格を取ってから、この求人の募集があったかもわからない。



資格を取るまで

前の職場にいるということも考えたけれど

資格取得まで2〜3年はかかるかもしれないと思うと

それまでの間、前の職場にいるイメージが

どうしても、湧かなかったのです。



だから、収入は減っても

やりたい仕事が出来る、

そちらの方を、取りました。



もし資格を取れたら、

月収5万以上はプラスになるしね( ̄ー ̄)ニヤリ



1567903777047-982941969.jpg


毎年恒例、4ヶ月で10万円貯めるチャレンジ。

去年はキツキツで臨んで惨敗したけど

(いや、就活のための早退がなくキッチリお給料貰えてたら

 クリアしてたんじゃないかって思ってる←)

今年は初心に戻り

きちんと家計に向き合いたいなと思います。

8月の分をまだ締められていないから

週末は、まずそこから…ですかね。


*****


最後までお読みいただきありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
 「見たよ!」の代わりに「サンキュ!」を頂けると更新の励みになりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

Twitterでは懸賞やお得情報メイン
 インスタグラムでは時短料理や懸賞メインに更新しています。
良かったら遊びに来て下さいるんるん

最終的には、
1000万円やりくら〜に、わたしはなりた〜い★←弱っ
ひいらぎりおさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/31 09:00
*お立ち寄りいただきありがとうございます*





先日のワーママオフ会で話題に上がった『家事分担』。

私も興味津々の話題で

前回のオフ会の時も聞いていたのですが

ふと気づきました。



主人がそんなに家にいないことに。



夫婦仲が悪いとかではなくて(笑)



紹介文にも書いてあるように

主人は日勤夜勤乱れるシフト制勤務。



日勤の時は、朝6時過ぎに家を出て

帰ってくるのは、私たちが寝た後。

起きているときに帰ってくるのは

2・3か月に1回くらい。

定時に上がることなんて、ほぼないのでは…。



夜勤の時は、

14時半に家を出て、

早くて翌日のお昼前に帰宅。

お昼過ぎに帰ってくるときは

食べてきたのかと思いきや

腹ペコ状態で帰宅してきたりΣ(゚Д゚)

仮眠の時間は、一応取ることにはなっているようですが

現実的には無理なようです(´-`)



今回の記事を書くにあたり

主人のシフト表をしっかり見たけれど、

(普段は「ふーん」程度(^◇^;)

今月は、日勤が5回程度で、あとは夜勤。

休日数は8日あるけれど

なかなか大変なシフトでした(^◇^;





というわけで(?)

主人が家にいるときは

よく寝ています眠い(睡眠)



土日も仕事なので

(先日のオフ会の時も仕事でした〜)

休日に夜勤だと

「パパは、今日は夜にお仕事の日だから、

 静かにね〜〜〜」と

そーーーーっと寝室の扉を閉めるし

(私も、主人が寝ている姿を見ると精神衛生上よくないww)



ま、しょーがないか。

と、思うようになりました。





そんな主人にも

いるときは、ちょこちょこ頼んでいます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

(フォロー開始)



次男が近くの保育園へ転園したのを機に

夜勤明けの日はお迎えに行ってくれることになったので

そこは大助かり!!

(でも、すんごい眠そうby保育園の先生

 &連れて帰ってきたら爆睡眠い(睡眠)

この日に合わせて、牛乳とか買ってから帰っています。



日勤や、夜勤入りの日は

まとめておいたゴミを出してくれるし



夜勤入り・明けの日は

洗濯物を外へ干したり、畳んだりしてくれます。



自分が使った食器は洗っておいてくれるし

(なんなら、長男の学童弁当も洗ってくれます)



ただ漠然と

家事分担について考えていたけれど

家にいる時間とか考えると

主人は主人の出来る範囲で

けっこうやってくれてるなーと思っています。





育児の方は……

休日が合うのが1ヶ月に1・2回程度なので

お互いリズムが狂うというか。笑

午前中は、私が家事をした後に子どもたちを連れ出して

公園や買い物に行ったりして

午後は、主人が子どもたちと遊んだりしているので

バランス取れてるんじゃないかなぁと思っています。





それに、家事分担の相手は、

主人だけではないですし。


DSC_0171-41d04.JPG


主人のいない日は、

自分の洗濯物は自分で畳む、が鉄の掟。

引き出しから顔を出している服がめちゃ気になりますね〜。



保育園や学校・学童から持ち帰った

洗濯物や洗い物は

各自、洗濯機の前・キッチンのシンクへ置くようにしているし



夕食時の配膳も

私がトレーにまとめて運んできた

ご飯やら味噌汁やらお箸やらを

テキトーにテーブルに置いて

「はい、自分の取って〜」と言えば

取ってくれるし( ´∀` )

食べ終えれば、下膳もしてくれるし( ´∀` )



次男は、

保育園の着替え・翌日に着る服の準備もしてくれるし( ´∀` )



長男は…

学校のある日は、帰宅後には翌日の準備も終えるし

(でも、もう忘れてるんじゃないかな…)



寝る前に

「リビングの床に転がってるものは要らないものと見なし

 明日の朝、ママが捨てます」と言えば

大急ぎで片付けてくれるし。笑



子どもたちは、

自分で出来ることをやってくれるようになったので、

私はだーーーいぶ楽になりました。

ざっくりとしか出来ないから、後始末は私がやるけど、

それでも充分です(;´∀`)





家事シェア・家事分担という言葉が広がって

一時期、「なんか、絶対分担させなくてはいけない!」と

思うようになってしまった時が、

一番辛かったかも??



うちでは恐らくこの先も、

こんな感じで変わらないんだと思います〜。


*****


最後までお読みいただきありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
 「見たよ!」の代わりに「サンキュ!」を頂けると更新の励みになりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

Twitterでは懸賞やお得情報メイン
 インスタグラムでは時短料理や懸賞メインに更新しています。
良かったら遊びに来て下さいるんるん

最終的には、
1000万円やりくら〜に、わたしはなりた〜い★←弱っ
ひいらぎりおさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/24 08:00
*お立ち寄りいただきありがとうございます*





今週、トップブロガーの中野めぐみさんが

ZIP!に出演されているのを観て

大興奮していた私です(≧∇≦)

勢いで、インスタにコメントしちゃったりしてね!

普段は恐れ多くてROM専門のくせにね!

こういう時だけね!

って思われてるよね絶対!(笑えない)



放送を観て、改めて、

私もやりくり頑張ろうるんるんと思えましたわーい(嬉しい顔)

苦手苦手と言わずに、インスタもやってかなくちゃ(^▽^;



いやー、それにしても、

牛乳は目からウロコでしたわ……。





さてさて。。。

先日、第2回ワーママオフ会を開催しましたるんるん


IMG_20190818_144136_493.jpg


暑い中、遠方から来てくださったのに、お土産まで(TT)

皆さん、本当にありがとうございます!



前回は緊張でガッチガチでしたが

今回はリラックスして話せました黒ハート

子どもたちも仲良く遊んでくれて、一安心黒ハート

そして、ある程度の時間が経つと

ママを独り占めしたくなる安定の次男(´-`)

「結局こういうオチかぁ〜exclamation×2」と叫びたくなったのでありました。。。





って、

ワーママ会を開いておきながら、なんですが……



「もしも働いていなかったら」……って

思うことは、多々あります。



まぁ、

長男の夏休みの宿題の進捗を

もっとがっつり把握するべきだった…!

というのもあるのですが

(全然予定通りに進んでいなかった)



「学童の学習時間内にやる」と決めたことが

周りに気を取られて全く進んでいなくて(T_T)

家に帰ってからは集中して勉強出来る時間も少ないので

宿題もチャレンジも滞っていて。



これって、私が働いていなかったら、

傍で見ていられたのにな…って。

(でも家にいられたらお互いストレスだろうな〜ww)





小さい頃は

熱を出すたび

仕事を休むのが本当に申し訳なくて。



生活のためとはいえ、

なんでこんな思いをしてまで働いているんだろう……って

落ち込んだりもして。



直接言われたことはないけれど

周りの人は、どう思っているかなとか。



どう思っているかも何も、私がいたらむしろ迷惑なんじゃ…とか

グルグル考えたりもして。





休日は休日で

普段、一緒にいられない分、

子どもとの時間を取るようにはしているけれど

私が思っている以上に、ベッタリしてくるし…!

(嬉しいんですけどねw)




どうしても、圧倒的に時間は足りないし

気を抜くと、家の中はあっという間に

ぐっちゃぐちゃになるし。泣





よく思っています。

もっと時間が欲しい。

家のことや子どものことに

じっくり向き合いたい。





だけど



私の収入があるから貯金も出来るし

やりくりも、余裕を持って出来るし

(この精神的負担のなさがけっこう大きい…)



家に住み続けている上で

メンテナンスは必要不可欠。

暮らしやすい家・理想の家を目指すと

手間だけでなく、お金もかかるし。



急に家電が壊れても

対応出来るだけのお金は必要。



長男の「やりたい!」も叶えられているし

これから出てくる次男の「やりたい!」も叶えるには

やっぱりお金が必要だし



子ども2人の教育費に

私たち夫婦の老後資金。

それだけでなく、お互いの両親の老後資金も

視野にいれなくちゃいけない。

(自分の親の方は、なんとなく大丈夫そうなんだけど

 主人の親の方は、その辺の話を全くしないので、ちょっと心配…

 義兄さんと話してるのかも?)




『今』も大事だけど

『これから』も大事。



やっぱりお金は必要だな、と

結局、ここに落ち着いてしまう(/_;)



本当は、『今』、

もっと時間も手も掛けたいけれど…。



自分の気持ちにどうにか折り合いをつけながら

(というか、騙し騙し……)

これからも続くワーママ生活

悩みながらも、どうにかこうにか

やっていきたいと思います。





いや、でも宝くじは買っておけば良かったかな…笑


*****


最後までお読みいただきありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
 「見たよ!」の代わりに「サンキュ!」を頂けると更新の励みになりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

Twitterでは懸賞やお得情報メイン
 インスタグラムでは時短料理や懸賞メインに更新しています。
良かったら遊びに来て下さいるんるん

最終的には、
1000万円やりくら〜に、わたしはなりた〜い★←弱っ
ひいらぎりおさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ