2019/01/23 16:55
年始早々、息子が初めて病気らしい病気にかかりました。
IMG_4688.JPG

年末あたりから、離乳食を嫌がるようになったなぁとは思っていたのですが、
まぁ気分が乗らないだけだろうと勝手に解釈し、あまり気にしていませんでした。

すると、年始になり、離乳食を食べると必ず咳き込んで盛大に嘔吐するように。

これはおかしいと思い、病院へ。

最初の診断は、ただの風邪でした。
赤ちゃんの胃は大人のように発達していないので、咳をするだけで胃の中のものが出てきてしまうことがよくあるそう。

この時点では熱も大してなかったので、そうなんだと納得して、咳止めなど基本的な風邪薬と念のため吐き気止めの座薬をもらって帰りました。

しかし、3日ほど風邪薬をあげ続けても全く症状が良くなりませんでした。

離乳食は量を減らしたり、ペースト状にすり潰したりしてもほぼ毎回嘔吐。母乳も嘔吐するようになってきました。
脱水症状が心配で、座薬も使用しましたが大して効果は見られず。。。

下痢は軽度でしたがとうとう熱も39度出てしまったので、急いで再度病院へ行きました。

診断は、逆流性胃腸炎。

特徴は、縦抱き授乳やお座りの体勢にすると嘔吐すること。(一般的に嘔吐の後に勧められる体勢がだめ)

今月から3回食だと思っていた矢先に離乳食完全ストップになり、新生児のリズムの少量頻回授乳になりました。。。
薬は水に溶かして、口を開けた瞬間にゴクッと入れました。

食後は、お腹から足までがなるべくまっすぐになるように、でも完全に横にはならないように、半座位の姿勢を20分ほど保つことで、嘔吐を抑えました。
(嘔吐物が上がってきても体勢的に吐けないので飲み込む•••かわいそうだけど脱水防止のためこれしかない。)


これを1週間程度続けた結果、やっと10倍がゆが1口食べられるようになりました!

食べられるようになると回復は早く、咳も止まり、病気になる前よりやたら食欲旺盛に!!
今ではとっても元気です^^

しかし、やはり胃腸の発達の問題なのか、今でもお座りの姿勢で食事をすると嘔吐してしまうことがしばしば。
そこで、毎回つかまり立ちで離乳食をあげています。
座って食事をするように教えたいけど、それは不安なく食べられるようになってから•••^^ 


しゃべれない赤ちゃんの病気はどうしても不安が多いので、日ごろから少しの変化に早く気づけるよう注意して観察しないとですね!!


たまひよメイト
小川沙奈枝


小川沙奈枝さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/01/08 21:50
明けましておめでとうございます! 

今年のブログも、日々のトピックスの合間に、ちょこちょこと息子との"やりすぎない"カラーリングコーデを紹介し続けていきたいと思います。

私が求めているのは、リンクコーデの"キラキラ感"ではなく、"統一感"。
なので普段着メインです。
どうぞお付き合いくださいませ。

Mom:157cm
Baby: 71cm, 7months boy

<レッド×ブラック>
IMG_3314.JPG女の子の服でありがちな赤系ですが、男の子ベビーでも、黒と合わせることでかっこよく着られました。
はっきりとした色合いでリンク感もわかりやすい。
息子のお腹が早くも中年を感じさせますが、ご愛嬌ということで(笑)


<モノトーンボーダー>
IMG_3590.JPGベーシックな組み合わせですが、意外とやったことなかったので合わせてみました♪
簡単で、統一感が出やすいですよね。


<グレー×ネイビー>
IMG_3587.JPG
特に予定もなく近所の子育て広場に遊びに行く時は、地味色リンクでさりげなくがポイント。


(3)
https://39.benesse.ne.jp/blog/2400/archive/46


今年もよろしくお願いいたします!


たまひよメイト小川沙奈枝

小川沙奈枝さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/12/31 09:00
今年は暖冬などと言いますが、乾燥が厳しい季節ですね。
さて、私は現在育休中ですが、化粧品メーカーのスキンケアの部署で働いています。
せっかくなので、その知識を活かして赤ちゃんのデリケートな肌のスキンケアについて書きたいと思います。


寒くなってしばらく経ちますが、赤ちゃんのスキンケア用品、夏と同じものを使っていませんか?

夏はベタベタしないローションタイプを使っていた方が多いと思いますが、
乾燥がひどい冬、私のおすすめは、ベビークリームです!

ローションと比べるとこんな感じで、クリームの方がもったりしています。
IMG_3915.JPG
上がローション
下がクリーム

一般的に、ローションのほうが水の配合量が多く、クリームのほうがオイルの配合量が多い傾向にあります。
ローションのほうが液体がゆるいのはそのためです。


冬のお肌は、水分とともに油分も少なくなりがち。
油分は、本来肌のバリア機能を果たしていて、外的刺激から肌を守ったり、水分を肌に閉じ込める役割をしているのですが、
油分が少なくなるとバリアが出来なくなり、肌が刺激を直に受けたり、肌から水分が逃げ出したりしてしまうのです。

また、赤ちゃんの肌は大人の肌よりも薄く、少しの刺激でも敏感に反応します。

しっかり肌の上に油分のバリアを作ってあげるために、オイルの多いクリームタイプはぴったりなんです。

もしスキンケアしてるのに赤ちゃんの肌が乾燥気味•••という方がいたら、試してみてください^^


IMG_3833.JPG


!注意!
赤ちゃんの肌は乳児性湿疹など様々なトラブルを起こしやすいので、炎症がある場合はもちろん医師の指示に従うのが一番です。


たまひよメイト
小川沙奈枝
小川沙奈枝さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ