2019/02/20 19:26
ご覧頂き、ありがとうございます
和痛分娩レポートAのつづきです。


14:00の陣痛が始まった段階から既に5分間隔で陣痛がきていたので、18:00には産まれるかもと言われていました。

旦那さんは20時に到着予定だったので立ち会いは間に合いそうにありません。

正直、陣痛の痛みで旦那さんの立ち会いとかどうでも良くなっていました(笑)



18:00に担当医が様子を見に来てくれ、子宮口は全開になりましたが、まだ赤ちゃんは出てきません。

ここで和痛分娩の副作用により、分娩が遅れたようです。

医師に「麻酔効いてないと思ってるけど、ちょっと効いてるみたいだよ。下腹は痛くないでしょ?」と、言われてみれば、痛みがあるのは肛門付近だけでした。けど、これが尋常なく痛い



その後も母と2人で痛みの波に合わせていきむこと5時間、遂に赤ちゃんの頭がチラチラ見えたので、分娩の用意がされ、助産師さんによる子宮口グリグリが始まりました。

これが始まったのが19:00です。



助産師さんに指導され、腹筋使って、息を吸って止めて、出す方向は肛門を意識していきむこと一時間。20時です。その間激痛は続いています。

そして遂にここで旦那さん到着!!何度も言いますが、正直それどころじゃないです(笑)

到着した旦那さんは、汗ダクダクの私を見て、近くにあった団扇で扇いでくれたのですが、『風が気持ち悪いので止めて』と言いました。が、数分後また扇ぎ出す旦那さん。

次は強目に『止めてって言ってるでしょ!』と言って止めてもらいました。

あとから旦那さんに聞くとテンパって扇がないでと言われたのを忘れて何度も扇いでしまったとのことです(笑)

その後は、ハンカチで汗をずっと拭ってくれました。



出産の話に戻します。


分娩中、陣痛の波のタイミングが分かるのですが、いきむタイミングは私の好きなタイミングで始める事が出来たので、次の陣痛はいきまずに休もうかな〜と自分で決める事が出来ました。
何だか不思議な感覚です。これも和痛分娩の作用なのでしょうか?



つづく





寺本理恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)