和痛分娩レポートC

  • サンキュ!
  • 寺本理恵さん
  • 2019/02/28 19:00
ご覧頂き、ありがとうございます
和痛分娩レポートBのつづきです。


20:10に赤ちゃんの頭が完全に見えて来たようで、助産師さんから医師に代わり、強目の子宮口グリグリをされました。

するとあと少しの所まで赤ちゃんが出てきたのです!が、途中で止まってしまい、赤ちゃんが苦しそうなので会陰切開をされました



私が『もうムリです。1回いきむの止めて言いですか?』と言うと医師と助産師さんが「もう出てきてるから!これで出さないと」と慌てた様子で言われました。

弱音をはきながらもちゃんといきみ続けていたら、なんとこのタイミングで可愛い赤ちゃんが産まれてきてくれましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



初めて見た赤ちゃんは旦那さんに瓜二つ!!あまりにそっくりで皆で笑ってしまいました



その後は慌ただしくて、産んだ実感がなかなか湧きませんでした。。。


そうこうしていると助産師さんが赤ちゃんを私の胸の上に置いてくれました。



不思議な事に赤ちゃんの温もりを感じると『私お母さんになったんだ』とじわじわと実感が生まれてきて、すごく感動したのを覚えています



その後は、赤ちゃんを預けて胎盤を出し、会陰縫合をしてもらって分娩終了です。



今回和痛分娩をして私が感じた事は『別に和痛分娩じゃなくても良かったかな〜』です(笑)



医師にも分娩後に「分娩の時思ったんですけど、痛みに元々強いですよね?なんで和痛分娩にしたんですか?」と言われたからです(笑)


そうなんです!私痛みには強いんです。が、ビビりなんです



なのでもし、次があれば自然分娩にしようと思います。



あと、妊娠糖尿病だったから総合病院に行くしかありませんでしたが、何もなければ産婦人科に行きたいです。


総合病院は助産師さんも看護師さんも忙しく、産後ケアはそんなにして頂けなく、結局私の場合は、退院後に助産院へ通っているからです。



もちろん、総合病院のメリットも沢山ありますが、私の感想はこんな感じです。



因みに、和痛分娩の産後の肥立ちは、良いと思います。

麻酔をしているので、産後直ぐに歩くことはありませんでしたが、普通に話す事も出来るし、そんなに疲れませんでした。



麻酔が切れると筋肉痛も痛みもそれなりに感じましたが、翌日から元気に歩けます。

会陰切開されてなければ痛みもなかったと思います。


以上がレポートです。

和痛分娩を検討されている方の参考になれば嬉しいです

ここまでご覧頂きありがとうございました。



by寺本理恵

PAGE TOP