2019/02/15 17:22

和痛分娩レポート@のつづきです。

ご覧頂きありがとうございます。



1月21日から入院予定でしたが、なんと17日7:30に実家で破水(°°;)"((;°°)


母に車を出してもらい病院へ。そして9:00に到着。(その時、破水用のパットを買っておいて本当に良かったです。生理用ナプキンでは太刀打ちできない量でした^^;)


病院に着いたら、そのままLDRに通され、分娩用の服に着替えました。
もう計画分娩とか言ってられません。


直ぐ担当の先生がきてくれ、色々説明されました。


○麻酔科医と手術室が空いたら麻酔をして貰えるように手配するが、本当に和痛分娩でいいのか?
今日木曜日なので、もし、土日に分娩が長引いたら麻酔は途中止めになるがいいか?
○破水をしてしまっているので早く赤ちゃんを出さないといけないので、金曜日には陣痛促進剤を使う。
と言われ、全部納得して、麻酔の順番を待つ事になりました。



順番待ちの間に旦那さんに連絡をし、経緯を説明。医師からは今日は産まれないだろうと言われた事も伝えましたが、会社を早退し、新幹線を使って私の里帰り先の病院まで来てくれることになりました。到着は20時予定です。


11:00に麻酔の順番が遂に!手術は5分ほどで終わりました。いつもはこんな時間に麻酔科医の手は空いてないそうですが、たまたま隙間時間があり、手術を行って貰う事ができました(,,> <,,)


12:00に昼食をとり、ボンヤリしていると13:00から突然の腹痛が!てっきり便意だと思った私は、そのまま耐えていたのですが、赤ちゃんの胎動を機械で見ていた別室の助産師さんが慌ててきて、「陣痛はじまってますよ!」との事Σ(ΘДΘ;)


『え?これウンチがしたいんじゃないんですか?』
「違いますよ!いきむと赤ちゃん出ちゃいますよ!これからもっと凄い陣痛来ますから麻酔投与始めますか?」
『え?え?お願いします』
「今から先生に確認してくるので、直ぐに投与は出来ませんから我慢してくださいね」
と言われドキドキしながら待っていると、その10分後から耐えられない痛みが下っ腹と腰と肛門付近に!!!泣き叫び、母に腰を摩ってもらいました。

麻酔の投与がやっと14:00から始まり、これで痛みから解放されると思ったら全然痛い!!!
何コレΣ。゚( ゚இωஇ゚)゚。


痛みに耐え、悶絶していると30分後に助産師さんがきて麻酔の量を追加してくれましたが、全く効果なし!更に1時間後に助産師さんがきて麻酔を追加するも効果なし!もう痛みに耐えるしかありません



助産師さんは忙しく、基本一時間毎と赤ちゃんの胎動に異常が感知されないと来てくれず、母と私と赤ちゃんとでの戦いでした



つづく

寺本理恵さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ