2018/07/19 22:42
こんばんは!
mioです。

凄まじい暑さですね。
この危険な暑さに体が参っています。

少しでも涼しく
少しでも辛さが減るように
「全身ゆるゆる」な服装で過ごす
今日この頃です。

FCADE3D8-2773-4566-8C6B-AD66B384C7C3.jpeg
*体の為にも美容の為にも…
紫外線対策もしなければいけないのに
無頓着で過ごした結果…
見事な自転車焼けのツートンカラー。!
真っ黒になってしまいました(笑)
皆様…
私に美意識を分けてくださいませ。

この気温。
あっという間に
熱中症になってしまいますよね。

日陰や屋内で過ごしたくても
「できない」
「やらなければいけない」
事柄…ありますよね。

どうか皆様、
頑張りすぎないで下さい!
私も頑張りすぎません!

このような
メッセージ性のあるブログを
書いたのには理由があります。

この灼熱の中、
私は娘の通院があり、外出。

クラクラする暑さに
負けそうになりながら歩いていたところ
下校中の小学生の集団とすれ違いました。

みんながヘロヘロになりながら
歩くなか、ベンチにランドセルを
放り出して大の字で寝ている子供の姿が。

私は
「どうしたの?気持ち悪くない?」と
声をかけました。

その子は「うーん、大丈夫」と。

滝のように汗をかき、
ぼんやりとしています。

発汗はしっかりあるとはいえ、
熱中症かもしれないと

「おばちゃんのお茶飲もう?水分を摂った方がいいよ」と言ってみました。
塩飴があったので
「飴ちゃん舐める?」とも聞いてみました。

しばらく悩んだあと
「大丈夫です」とこたえたその子。

そりゃね、
いきなりどこの誰だかわからない人に
お茶やお菓子をと言われても
びっくりしますよね。

こんな時代です。
・知らない人には着いていってはいけない
・知らない人から食べ物をもらわない

といった教育も受けているはず。

明らかにびっくりしていた子供から
「休息」を奪ってしまったかなとも
思いましたが…
(その子にとっては「そのベンチで寝る」が「マイルール」だった可能性だって…)


本当に心から
「支え合って生きていきたい」
「地域連携を強化したい」
と思った出来事でした。

体調だけでなく、心も同じ。
大人も子供も
「どうか独りにならないで」

ネットでもいい
電話でもいい
本当の事でなくてもいい

なんでもいいから
「独り」になるのではなく
どんな方法でもいいから
「誰かに時には頼る」

大切だと思います。

辛い時こそ
「大丈夫」と言ってしまう
無理をしてしまう

私はそんな人間です。
そして
「親切」と「お節介」の
境界線にも悩む人間です。

よくいえば繊細、多感。
悪く言えば神経質で見栄っ張り。
だから
「独り」になる。

その「独り」が招く
悪循環を沢山の失敗から
学んでいます。
(この記事を執筆している今も失敗だらけです)


心も体も健康に
大人も子供も
助け合える社会になれるよう
「頼る姿」
「弱さを見せる」こと。
これからも継続していきます。

その姿から
未来を創る子供達に
「援助」とは何か
「自立」とは何かを
ほんの少しでもいいから
感じ取ってもらえたら嬉しいです。

話があっちこっちに逸れましたが…
とにかく!この猛暑…
しっかりと対策をして
乗り越えていきたいですね!
C423EAE5-41AE-4912-AA62-4900DA4C93FC.jpeg
*帽子を忘れずに*


被災地の方々の
安心した環境が
1日でも早く訪れますように

私の出会った子供が
元気を取り戻していますように

心から平和を願います
その為の努力…
ゆるゆると継続していきます!

読んだよ!の印に
サンキュ!ボタンを
押して頂けると嬉しいです。

Instagram→https://www.instagram.com/minmama30

ご覧頂きありがとうございました。




mioさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
とりのさん

すっかり返信が遅くなってしまい
ごめんなさい!

声かけ仲間、なんだか嬉しいです。
暑さで死者がこれだけでてるとね、
本当に心配でお節介おばさんで構わん!と
声をかけました。

子供はみんな誰かの宝…
その通りですね。


横の繋がりが
どんどん薄くなる時代ですが、
バーチャルではなく
繋がって、助け合っていきたいですね。

ツートーンカラー足もです。
しかもビーサン焼け。

基本的に面倒くさいが美意識より
ずっと高いのですが、どうしたら
いいんでしょう。
 声を掛けて正解だと思います!
 というか、ホントに、無事に帰宅できていることを祈ってしまいました。今年の外は怖いですもんね……。
 
 子供はみんなで守っていくのが自然だと思ってます。
 そうじゃないと守りきれないとも思ってます。
 私も声掛けちゃう方なんですが、掛けずに後悔するより、掛けてうざがられる方がマシかなと。
 子供はみんな誰かの宝ですもん。

 ツートンカラー、私もやっております。腕だけでなく脚もです。
 毎年冬までツートンカラーです。
 顔は塗るんですけど、忘れちゃうんですよ……手脚……。