2018/03/27 22:12

こんにちは!

訪問ありがとうございます!


前回の記事にもたくさんのアクセス、サンキュありがとうございます!

コメントいただいたJUMIJUMIさん、そらんぼりんさん本当にありがとうございました!


今回はやりくり、整理収納についてです!

前にも書きましたが我が家の家計はやばかったので、現在試行錯誤、やりくりがんばってます。


特に食費が課題!


まずは月5万を抑えることを目標にしてて、先月はうまくいったけど、また少し超えてしまいました。。。



ガーン!!

なんてこった!

またヤバい家計に戻ってしまう?

嫌だっ!

なんとかせねばと、もう一度冷凍庫を見てみるとなんてこった!


以前冷凍庫整理をしたと記事にしましたが、失敗!

リバウンドしてしまい

ゴチャゴチャ。


賞味期限切れもありました。


超反省。。。


原因はわかってます。


我が家は共働き。夫もかなり料理手伝ってくれてありがたいのですが


冷凍庫の定位置を、私だけのルールにしてしまい共通理解してなかったので定位置がわからなくなってゴチャゴチャ。


整理収納アドバイザーの勉強中の私。


改めて定位置をきめることの大切さを学びました!


そしてリベンジ冷凍庫整理!



P3195159 (1).JPG

ビフォー。




P1194889.JPG

アフターとの違いあまり写真じゃわからないかもしれないけど


ダイソーの冷蔵庫整理用のカゴを新たに3個購入し、セリアのラベルシールで、ラベリングしました!


元のかごもそのまま活用して、粉物、果物、納豆、朝食セット、味噌汁セット、子どものおやつ(ヨーグルトやゼリーなど)セット

をカゴに入れてちゃんとラベリング。



整理して一週間位たちましたが、明らかにフードロスが減って、ダブリ買いも減った気がします!


冷凍庫や、野菜室、食品棚も整理中!

少しずつ紹介していますっ!


今度こそ食費おさえるぞーっ!


最後まで読んでいただいてありがとう

ございました!

サンキュ!ボタンを押していただけると励みになります!





arumikannさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/23 22:00


こんにちは!



訪問ありがとうございます。



前回の記事にたくさんのアクセス、サンキュ!ありがとうございます!!

            



今日のほんわか!



最近娘が泣くと

息子が娘のお気に入りのおもちゃを持ってきて

「泣かないでね」といって渡してくれます!

ほんわか!




 

今回は障害を受け入れることについて書こうと思います。



初めての方もいるかもしれないのでいつものように自己紹介。

うちの娘は重度の知的障害と自閉症があります。

詳しくは前回の記事

https://39.benesse.ne.jp/blog/2698/archive/133





私は障がいを受け入れるということは



否定せず受け止める事だと思っていました。



私は娘の障がいがわかった時には

否定もせず

ショックで泣くこともなく

「やっぱりそうですか。」という感じ。。。

 でも本当の意味で受け入れてていたわけではなかったのです。



今思うとショックを受けると

落ち込んでしまいそうだし



診断されていても何も変わらない日常を過ごしている娘に

申し訳ないような気もしていました。。。




 

だけど、やっぱりショックだったのだと思います。


その後の私に少しずつ良くない変化が出てきました。


 

保育園や療育機関で先生が一生懸命関わってくれても


私が頑張っても

あまり成長していかない娘。。。





成長することを期待すると

出来なかった時のショックが大きいので

期待をしないようになりました。



またちょうど私は下の子を妊娠出産の時期。

調子もよくなかったのでマイナス思考になってきました。





期待をしなくなると

もう何をやってもダメなのかもしれない。


あきらめが多くなってきました。




もう一生オムツなのかな。。。


話すことないのかな

ずっと落ち着かず一人でウロウロするのかな。。





重度だから仕方がない。。。と思って

だんだん暗い気持ちになってきました。

どうせ、、、が口癖になってきました。





年中、年長になってくると周囲は

就学先に悩み始めていました。





私は重度と診断されているのだから

特別支援学校をすすめられるのはわかっているし

私たちも希望している。





それでも教育委員会で教育相談を受けなくてはいけない。。。




発達検査を受けなくてはならない。。。

初めての場所が苦手な娘を連れて検査、、、

私たち親子にとってとても苦痛な時間です。。

正直行きたくないな。。。と思っていました。

またどうせ泣くし、、

しかしこれが私たち親子の転機になったのです!



いつもは娘はずっと座ることができず泣いてしまいます。

なので、診断された時にも発達検査はできず

私からの聞き取りで診断されました。





今回は娘の通っている療育機関でも

心理検査が受けられるとのことで


お願いしました。




するとなんと座って検査を受けられました!!

診断は今の発達段階は1歳位とのことでしたが

それよりも座って検査を受けられたことに感動!!



そして、心理検査の結果から嬉しい言葉を頂けました。

今は1歳位の段階だけど

座って取り組んでいられるようになったこと

視線が少しずつ合うようになってきたので

これから少しずつゆっくりだけど

伸びていくと思うとのことで



遊びについてのアドバイス

また絵カードのコミュニケーションなどがあることを教えてもらえました!





全然成長しているように見えなかった娘も成長できている!


少しずつ成長できるかもしれない!

特別支援学校の入学にも


とても前向きになれました!

希望が持てました!


それから少しずつ前向きになり

夫とも娘の将来について話すようになりました。




成長していくとは言え、今の娘をみると

自立していくのは難しいと思います。

自閉症がありパニックを起こすことが多い娘。



 

これからは娘の好きなことを見つけて

11日を楽しく笑顔で生活できるということを目標にしました。





娘の今好きな事



プールとお風呂。食べる事。音楽を聴くこと






好きなことをもっとできるようになって

楽しんでほしい!!





そのために立てた目標



1温泉や地域のプールに行けるようになる!



今はまだトイトレが完了できていなく

公共の温泉などに連れていくのは不安

そのためにトイトレを頑張る!



2外食ができるようになる



食事中も立ち上がってウロウロしてしまう。

スプーンなども下手で食べこぼしが多い。

そのためにちゃんと食事中座れるようになること

スプーンの練習を頑張ること

これが達成できるように頑張る!



3音楽のコンサート、イベントなどに行く!

これも静かに座る練習をして

楽しめるようになる!



今まではトイトレも食事の練習も

目的もなくやっていたので

お互い嫌になってしまいました。。。



だけど、目標ができると

娘も私も頑張れる気がしています!!



この目標を立てたときに

初めて障害を受け入れてすすんでいけた気がします!!受け入れるということは諦めることではなく、受け止めて前にすすんで受け止めて前にすすんで行くことだと私は思いました!



といっても



やっぱり同じくらいの年の女の子とママが楽しそうに買い物をしたり

おしゃべりをしている姿を見るととてもうらやましく思ったり。。、



不安定になってパニックが多くなると

なんで私だけこんな大変なのだろう、、、と

思ってしまうこともあります。。。



立ち止まってもいい、時々心が折れそうになってもいいから

娘と一歩ずつ一歩ずつ進んでいきたいです!



ちゃんと受け入れて前に進んでいくまで
時間はかかったけど

これが私にとっての障害を受け入れて娘と共に生きていくということだと思っています!!





楽しんでいる娘
IMGP9516.JPG



遅ればせながらインスタグラムはじめました☆



arumikann_n



こちらも遊びに来てくださいね♪






長文でしたが


最後まで読んでいただいてありがとうございました!!





サンキュボタンをポチっと押して頂けるとめっちゃ嬉しいです



arumikannさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/16 23:02

こんにちは!


前回の記事にたくさんのアクセス、サンキュありがとうございます!


パソコンはやっと方向性が決まりました!

また今度紹介できたらと思います!


今日のほんわか。


やっと雪解けがすすんで

少し春を感じられるようになってきて

ほんわかします☆


今日は娘の病気、障害と診断されるまでを

書こうと思います。


今まで書いてきましたように生まれてすぐから、運動発達が遅かったため小児科に通っていました。


 娘は生まれつき茶色のアザが何箇所かありました。

定期受診のときあざが気になることを聞くと

アザの特徴から神経線維腫症の疑いがあること。これからも定期検査が必要なことを伝えられました。


神経線維腫症とは、全身の神経に線維腫という腫瘍ができやすい病気で、腫瘍は良性の場合が多いが、腫瘍のできる部位によっては心配があるとの説明でした。

ただのアザと思ってたのに

すごくショックでした。。。

怖かったです。。。


が、ポジティブな私は

まだ疑い。きっとただのアザ。大丈夫と信じてました。


その他にも


娘の行動には気になるところがたくさんありました。


まずは前回にも書いたようにとにかく過敏ですぐ泣くこと。泣いたら切り替えられずエンドレスで泣いてること。


また極度の人見知りや、場所見知りがひどく出かけられない。


2歳でやっと歩き出したと思ったら、じっとしていることがなくなり、ひたすらウロウロ。


お話ができていたころも、会話が苦手で決まったあいさつなどはできたが、暗記するのが好きで、キャラクターの名前を覚え繰り返し話してました。



そしてあそびがいつまでも発展しないのが一番気になり、積み木やブロックもずっとなめなめ。。。

モノを使って遊ぶことがなく、物に対しても執着もなく。

友達におもちゃをとられても怒ることもなく。。友達と遊ぶこともなく。


その後言葉がなくなり、宇宙語を話すようになりました。


最初はただ発達が遅いだけと思ってた、いや思おうとしてたけど


やっぱり同じくらいの年のお友達とあそぶと、ただの遅れではないと思い始め

モヤモヤ。

漠然とした不安が毎日ありました。


人とうまくかかわれない、落ち着きない、感覚が過敏

自閉症の症状にぴったり合う。。。


私は少しずつ自分の中で、たぶん発達障害、自閉症がある。。。と思ってきました。


月日を追うごとに娘を見ていると多分から確信になり、だんだん障害があることを覚悟していました。


3歳を過ぎ、人見知りも少しよくなり、発達検査にも行けそうだったので、主治医と相談して、発達外来に受診しました。


そこで自閉症、知的障害と診断。

どちらも重度



結果をずっとみてくれていた小児科の先生に伝えました。


体のほうも、茶あざやそばかすのようなものが増えてきたこと、合併症として自閉症などの発達障害や知的障害がともなうこと場合があることから


神経線維腫症による自閉症、知的障害が合併していると思われるとのことでした。




診断名がついたとき、やっと点が線になりつながったわけなのですが


私はスッキリしたわけでもなく

かと言ってショックで落ち込んだわけでもなく

やっぱりか。。。そうだよねー。


とある程度覚悟をきめてたので

受け入れたつもりでした。。。


診断がついたからといって変わることはなかったとその時は思っていましたが、、、


だけど今思うと私は病気や障害を受け入れるということをすごく勘違いしていたのです。


長くなるのでまた次回書こうと思います!


(充分長かったですね)



最後まで読んでいただきありがとうございます☆


読んだよの印にサンキュボタンを押していただけると励みになります☆

arumikannさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ