2019/06/05 16:05


 息子、帰宅すると必ずお腹が空いています。


 市販のお菓子大好きな子供達ですが、グミやチップス系のお菓子はお腹に溜まりません。

 強いのはやはり、炭水化物。


 ホットケーキとドーナツはすぐ作れるので鉄板です。


 最近息子がハマっているのがリングドーナツ。


 乳アレルギーで市販品が食べられない息子にとって、輪っかドーナツは憧れだったのです。


 私は、レシピ通りに作りたくない面倒臭い魔人なので、最初はゆるゆるの生地をコロンと揚げた丸いドーナツばかり作ってました。


 でも、リングドーナツを羨ましそうに見る息子を見て一念発起。


 じゃー、リングドーナツにしてやろうじゃないのよさ! と、実験開始です。


 そう、目分量です。


 なぜなら、毎度計るのは絶対に面倒くさいから。


 感覚で覚えればすぐ作れるので、食べたい→いいよ、の流れが素早くできます。


 面倒くさいと思うとブレーキがかかっちゃうんですよね。





 牛乳は使えないので豆乳で、卵は解禁になったので入れます。


 小麦粉は強力粉が好きです。


 薄力粉よりもしっかりした、パンのような感覚のドーナツになります。


 薄力粉だとふわっとした感じ。


 強力粉の方が食べごたえがあるので、腹ぺこ息子にちょうど良いのです。


 卵を割ったら砂糖とアルミフリーのベーキングパウダーを入れ、混ぜる。


 そこに強力粉を入れて、混ぜる。


 ここで豆乳を入れるんですが、ちょっとずつ入れます。


 一気に入れるとゆるゆるになるので、足りないなーと思うくらいで止めて混ぜるのがコツです。


 まとまったら打ち粉をして、コップと野菜の型抜きを使ってリング状に。


 米油で揚げ焼きにすると



IMG_20190605_155751.jpg
 リングドーナツ完成です。

 揚げ焼きだから油の処理も考えなくていいし、材料さえあればリクエストされてすぐに作れます。



IMG_20190605_155929.jpg

 もっしゃー。


 息子とは喧嘩が多い分、優しい所も見せておかねばという保身。


 無いとは言い切れない、いいやむしろあり過ぎて溢れ出す!


 溢れ出す保身が産んだリングドーナツ、お腹にもっちりです。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)