2017/08/24 07:25


 文通。

 その昔は個人情報の扱いが非常にゆるく、

 全国で販売される雑誌に自分の住所を載せて、文通相手を探す、というシステムが存在しました。

 携帯電話のメールが使いやすくなったのが、私が現役高校生時代から卒業辺りだったような。

 その頃私、文通にハマりきっておりました。

 手紙を書いて、出して、返事が来て。

 週に1回は往復しているペースだったので、かなりの数をやり取りしました。





 この文通が物凄く助けになってくれて。

 思春期の私が道を踏み外さずに生きられたのは、この文通のおかげでした。

 自分の事を書く。

 相手の事を読む。

 手紙でしか知らない相手だからこそ書ける話が山ほどあって、

 手紙でしか知らない相手にしか吐き出せない話も山ほどあって、

 この頃書いた手紙は、もう絶対読みたくないです(笑)

 懐かしいなんて甘酸っぱさは全く無く、ひたすら痛くて苦酸っぱい!





 そんな文通相手の一人とは、リアルでも会って友人になりました。

 もう20年以上の付き合いになるのかな?

 出会いは文通ですと言うと、

 「このメールの時代に!?」

 と驚かれますが、

 出会いは文通です。

 人と人とは縁だなぁと思います。

 住んでいる土地も生活も全然違うのに、ちょっとした行動で繋がる時がある。

 今回も出産に合わせて葉書をくれました。

 マメで気遣いさんの素敵な女性で、いつも幸せを届けてくれます。



IMG_20170824_065409.jpg
 

 
 手紙、いいです。

 ポストに自分宛ての封筒や葉書が入っている、

 しかもそれは、相手の気持ちのこもった文章付き。

 自分の経験から、悩み多き世代にもオススメしたい。

 子供が思春期になって悩む事があった時、

 時間をかけて手書きの手紙を書いて、誰かが受け取って返事をしてくれたら、

 ずいぶん救われるんじゃないかなと思っているんですが。

 その頃はきっと、親に話して解決!とはならないですもんね。





 うちの子供らが思春期を迎えるとなると10年ほど先……。

 どんな世の中になっているんでしょうか。

 文通時代は、メールに荒い画像の写真が付けられるだけでも世紀の大発明でした。

 今じゃこの私が、スマホでブログ書いてますから。

 10年かぁ。

 46歳。

 私はどんな46歳になりたいんだろう。
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ