2019/08/28 15:50


 前回の記事にたくさんのサンキュ!をいただき、ありがとうございました。


 そらんぽりん。さん、堀江麻衣さん、リアルに泣きました。
 頑張れます、わたくし頑張れます!

 
 宿題のプリントに名前を書いて20分経過した今、白紙のままずーっとオモチャを使って独り言を言いながら遊んでますが、もうそういうもんかなって微笑んでます。


 学校、ありがとう。


 本当にありがとう。


 呼吸が楽にできてます!






 そんな私のご褒美タイムは、子供が寝たあとの布団の中です。


 抜け出すと娘が起きて泣くので、布団の中でスマホからネットの海に飛び込むか、本を読むか。


 この時間が至福です。


 時間を無駄に使っているような気がして落ち込んできた時は、そのままスマホでアンケートサイトやポイントサイトなどの内職をします。


 チリも積もればで続けてますが、ちょっとずつでも貯まってて嬉しい。






 そんな最近、夜中に見てるのが


 物件。


 夫の


「ローンを組むにも年齢があるし」


 という発言から、ちょっと真面目に検討し始めました。


 35歳の夫なので、今でも35年ローンを組むと70歳までのローンに。


 うーん。


 確かにギリギリ感がある。


 購入金額を抑えて繰り上げ返済をすればそこまでかからず返せるし、とも思いましたが、


 収入が落ちる可能性もあれば誰かが病気になる可能性もあるから、あまり楽観的に計画するのもいけないんですよね。


 というわけで見てはいるんですけども


1566972145272_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF.jpg


 ケタが大きすぎて、感覚が狂う!


 今住んでいる辺りで買えれば子供も私も環境が変わらなくて気が楽だけど、白目をむくほど高いんです。


 じゃあ郊外、となると今度は通勤が大変だし、後々売りに出すことになったときに売れないと困る。


 あれやこれや考えてるうちに


1566972133943_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF-f3c57.jpg


 2000万円も4000万円も同じに見えてきて
(流石に5000万円が他所の世界の物件なのは解ってる)

1566972119733_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF-6e6ab.jpg


 ってなってます。



 小さい買い物はケチるのに、大きい買い物になると(把握できないから)どんどん買っちゃう


 まさに貧乏人思考!


 はい、私です!!





 
 良いなと思う家は大体郊外や地方の古い家で、住みたいのは駅に近い利便性の高い地域。


 噛み合わない理想と現実の中、都内で古いけれどとても素敵な家を見つけまして、


 何これ素敵!
 住みたい!


 と思いましたが、4700万円という圧巻のお値段でした。


 地方なら2軒買える。


1566338530936_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF-4317a.jpg


 現実を見ながら考えていこうと思います。


 どうにも共働きになりたくないらしい夫ですが、1人の稼ぎで家買って子供2人学校に行かせるのは、厳しいと思うわ〜。


 丼計算の駄目主婦でもなんとなく判るわ〜。


 


 あと、寝たら朝が来るからもったいない気がする、と夜更ししがちな自分。


 起きてても朝は来るので、ほどほどにして寝なさい。


 




 大雨の被害がこれ以上広がらない事を切に祈ります。


 

三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/08 08:35


 サンキュ!ブログが終了という事で、脱力な三田です。


 家事と育児以外にほんっとーーーーーーに何もしていなかった私。


 このままだと自己が崩壊する! という恐怖に近い焦燥に煽られて応募したサンキュ!ブロガー。


 ありがたい事に拾っていただいて、書かせていただいてきました。


 元々文章を書くのが好きで、イラストを描くのも好きでしたが、息子が生まれてからは気持ちに余裕が無くて全く手つかずに。


 しかしながら、その気持ちの余裕の無さを救ってくれたのもまた、文章やイラストをかく事でした。


 自分に起きた事を客観的に見る事ができる、というのがセラピー的な効果をもたらしているのだと思います。
 





 でも、元々の節約体質以外はグダグダ主婦の私。


 他のブロガーさんのような生活への創意工夫も無ければ、素敵主婦の華やかさを作るための努力もしていない私。


 役に立たない話を垂れ流すマシーンと化しておりましたが、その流れでデイリーサンキュ!も書かせていただきました。


 サンキュ!の隙間産業を自認しております。


 出来る人の話を聞くと、
 うわー、私ほんっと駄目だな!
 と思うし、


 出来ない人の話を聞くと、
 あれ、私って結構リッパなんじゃないの?
 と、思います。


 でも、私自身はずーっと一緒なんですよね。


 周りがどうでも、上がりも下がりもしていない。


 隙間産業三田とりの(有)
 みたいな、アラフォーの節約体質専業主婦のままなんですね。


 老後必要な資金についてとか、専業主婦は損をしているとか、今のご時世の平均収入やら平均貯蓄額やら投資情報やら友人の家購入やら子供の同級生の習い事事情やら専業主婦からの就職の難しさやら大黒柱制度の不安定さへの指摘やら親戚の大病の知らせやら何やらかんやら、


 耳と眼が開いている間はひっきりなしに色々飛び込んできます。


 心が迷子になりそうな時も多々あるわけです。


 そんな時、唱えるんです。


IMG_20190808_082319.jpg


 周りがどうであれ、自分は自分。


 よそはよそ、うちはうち理論です。


 できる事はできるし、できない事はできないし、無理をすれば心身に祟るし、ダラダラしてると心身が病む。


 自分なりに満足できるように、頑張れるだけ頑張る。


 無理な時は、無理でぇーす☆っつって開き直る。


 隙間産業三田とりの(有)は、立派ではありません。


 が、それなりに生きていけているから大丈夫!


 経験上、ふらふらでもとにかくもがいていれば、風向きが変わってくるもんだと判ってます。


 だから、迷子になりそうになったら自分に戻る。


 これでいきます。





 
 そんな三田ですが、サンキュ!主婦ライターとして継続させていただけることになりました。


 変わらず隙間に寝そべりながら、自分基準に甘えたり追われたりしながら頑張ります。


 とりあえず、盆の帰省に向けて冷蔵庫の中と買い出しとメニューの兼ね合いを上手いことやらねばなりません。


 迷子!


 今まさに我、迷子!!


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/17 08:10


 ちょいと野暮用で、スマホのゲームをやってました。


 昔はどっぷりゲームをやり込んでいましたが、成人してからは結婚後に夫のゲームに付き合ったくらいです。
 

 その後は、出産後にこれまた夫が「気分転換に」と入れてくれた人気パズルアプリをやったのが最後。


 今回のゲームは育成系という、キャラや陣地を育てていくタイプのゲームでした。


 これがまぁ、必要に迫られて始めたはずだったのに、ハマる……!


 ついついちょくちょくスマホを触ってしまうありさま。


 youtube見過ぎの息子に偉そうなこと言えない!


 でもやっちゃう!!


 というわけで、一区切りしたところで思いきってアンインストールしました。


 ダメダメ、私との親和性が高過ぎた。


 課金はしませんが、時間をバンバン喰わせました。


 ごめんなさい白状します、睡眠時間削りましたし、昼間もずいぶんスマホ見てました。


 言ったら「課時」です。


 時は金なり、自分の時間を撒き散らしてるのと同じ。


 それで幸福感を得られる人は良いのでしょうが、私は総合的に見てマイナスです。


 家事も育児も、育成ゲームよりずっと育成せにゃならんのですから。





 しかしながら、得たものもあります。


 それは、


 自分は「やるべきタスクの明文化で動きが格段に良くなる」事と、「達成感を渇望している」という事実の把握です。


 要するに「コレを〇〇までに終わらせること」と言われるとそこに向けてコツコツ楽しく頑張れるタイプなのです。


 そしてそれに対して「できた〜、進んだ〜!」というのを感じることで次もさらに頑張れる!


 家事も育児もタスク自体は無数にあるんですけど、毎日それらを「こなす」事に精一杯でして。


 こなしてるなら良いじゃない、と思われるかもしれませんが、全部中途半端ずつ進んでいって、

 子供を寝かせたらなんとなく1日終了
 お疲れ様でした〜……

 これがフラストレーションの元なのです。


 やってるけど満足感がないから、できてないのと変わらない気がしてしまう。


 だもんで次へのヤル気も出てこない。


 結果、何だか毎日がダラダラと消費されていく気がしてしまう。


 私がプレイした育成ゲームは、その辺りピシピシしてます。


 次にやるべきはこのミッションです
 このミッションが今終了しました
 結果こうなりました、おめでとうございます!


 この繰り返しで育てていくわけなんですが、達成感があるんです。
 びっくりするくらい。


 人生はやればやるだけレベルが上がっていくような単純な物では無いのだけれども、だがしかし。


「これをやろう」からの「できたよ、やったね!」というのは、心にめちゃくちゃ効く事を実感したのです。


 じゃあせっかくだから、実生活にこの気付きを活かそうじゃないか。


 どうやって?


 とりあえず、タスクの明文化に挑みます。


 要するに、やるべき事をメモ帳に書いて見える所に置いておく事から始めたのです。
IMG_20190617_081236.jpg

 よく聞くやつですが、今までやってませんでした。


 人が良いよと言っても自分のタイミングでしか事を始められない、腰の重い三田です。





 その三田が始めたメモ作戦、効きます。




 まず、やるべき事がはっきりする。


 あれもこれもやらなきゃだったな〜、なんか毎日慌ただしいな〜


 と思うのと、


 これとこれとこれをやればいいのか、じゃあこっちは明日やればいいからコレから終わらせよう!


 と動くのとでは、心の整理ぶりが雲泥の差だったのです。


 手帳が苦手で、予定を立てるのが苦しなる私。


 このシステムを避けていましたが、世の人が良いというものには理由がありますね。


 終わった物を横線で消した時の「終わった〜!」感、良い。


 アンケートサイトで届いていたアンケートを1つずつこなして終了させた時の達成感と同じ。

 予定の把握よりも、用事を終わらせたという確認&満足が大事になります。


 今は買ったまま放置してあったブロックメモに書いていますが、継続してできるようなら気に入るノートを探して購入したいです。




 私がスマホゲームで失ったのは、睡眠を含めた時間。



 得たのは、今自分に必要なことの気付き。




 あと、我慢自制の効かない時期の課金制スマホゲームは絶対に危険だという実感ですね。


 若い時にスマホやSNSやインターネットが無くて良かったと、心底思います。


 デジタルタトゥーや黒歴史をそこら中で作ったに違いない。






 生粋のケチなので課金はあまり心配なかったかな☆


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ