2018/07/31 00:00

2018年夏 リプトン期間限定ストア 表参道店 の様子です。




47653620-6BD5-4461-A9C5-58172183D840.jpeg

2018年盛夏。某日、リプトン期間限定ストア "Fruits in Tea TO GO" 表参道店に行ってきました。


お店の場所は、表参道B3出口すぐ。ZeroBase表参道1Fです。

以前も同じ場所で期間限定ストアを営業されていたように記憶していますが、行くのは初めて。



メトロの出口を出ると、すぐに行列が見えました。

ED66B3B6-D218-46D5-9397-75994E614993.jpeg
*店舗の様子。

本日も大盛況です。


時折照り付ける真夏の日差しを日傘でよけつつ、列に並ぶことにします。

「リプトン 期間限定ストア」は混んでいる、というざっくりした思い込みを持っていたので、この行列にどれくらい並ばなくてはならないのか?買った後座って休めるのか?と懸念していましたが、実際には、列の整理・人の誘導も十分されており、待っている人や通行人で混乱が起こる様子は全くありませんでした。


後述しますが、席に座るのも、問題なし。



この日、並び始めから、商品を受け取るまでの所要時間は、30分くらいだったと思います。

*待ち時間等、日によって違うはずです。恐れ入りますが、HP等参考に、詳しくはご自身でご確認ください。



列が進んで順番が近づくと、メニューを渡されます。

E2C29FA0-A84B-42E1-A00B-774DC476065C.jpeg


事前に、タンブラーを3種類から選びます(使い捨てカップも有)。

タンブラーとフルーツティーで、1,000円(税込)です。

タンブラーのデザインを選んだら、すでに内容が決まっている「スペシャルメニュー」か、自分でカスタムする「カスタムメニュー」かを決めます。


カスタムメニューの組み合わせは60,000通り!

1 コールドブリューティー

2 ベースフルーツ 1種類

3 トッピングフルーツ 2種類

4 スペシャルアクセント 1種類

5 シロップ 1種類

を、メニュー表からチョイスするシステム。

なにを選ぶか、悩む時間もまた楽し。



しばらくすると、店員さんが注文を取りに来てくれます。

タンブラーは、1番シンプルなデザインを選びましたが、これは、メインデザイン。


6706AF2C-8B5C-45CF-8E73-E4D1701894B1.jpeg

選ばなかったふたつのうち、ひとつが店舗限定、もうひとつが表参道限定デザインのようです。

そのことを後になって知り、俄然表参道限定のボトルにすればよかったような気持ちになります。

後悔先に立たず。



大阪店には、大阪限定のデザインボトルがあります。



わたしが作ってもらったオリジナルフルーツティーは、

1 コールドブリューティー=アールグレイ

2 ベースフルーツ=オレンジ

3 トッピング=マンゴとピーチ

4 スペシャルアクセント=ミント

5 シロップ=なし

6706AF2C-8B5C-45CF-8E73-E4D1701894B1.jpeg

2階に席があるので、みなさんそこで飲むのかと思ったら、ほとんどの方がお持ち帰り。

なるほどコンセプト、"TO GO"。

自宅での再現イメージになりますが、

4E74E7A4-BECC-4829-AB2F-3495B443A0F7.jpeg
*中身は抽出中のジャスミンティーです。

上のような角度で写真を撮られる方、多数。


暑かったので、2階席で休憩させてもらうことにします。

736AF9C6-2C09-481F-ACAC-9127EE5D82F4.jpeg

レモンイエローのフレッシュな印象の店内。

座席のある2階は狭小スペースですが、わたしたちが訪れたときは比較的すいており、お客さんで混雑混乱……もありませんでした。

みなさん譲り合って座っていたように思います。

回転も速い。


薄い記憶とグーグルさん情報を組み合わせると、昨年も今年も、お店の注文スタイル・席数は同じ。

でも、昨年のほうが混雑していたような?


この人気でこの少ない席数では、大混雑して当たり前のような気もします。


しかし、わたしが行ったときの所感と、ネットやSNSでの検索結果を掛け合わせると、当日は「混んでいる」ほどではないように思いました。

今年、コンセプトに"TO GO"(お持ち帰りの意)が掲げられたことが、2階席の混雑緩和に一役買っているのでしょうか。

わたしが思っただけです。

違ったらごめんなさい。



*店内の混み具合等、日によって違うはずです。恐れ入りますが、HP等参考に、詳しくはご自身でご確認ください。(2回目)








ともあれ、今回は屋外で多少並びましたが、スムーズに全てが進んでいきました。

ありがたい。



2階・壁面は圧巻のボトル・デコ。(透明と黄色なので、圧迫感はないです)


68B06818-A5B9-46B5-82E7-B8899E27D415.jpeg


味は……


最初は主にアイスティー。



夏に飲む、冷えた紅茶、なんておいしいんでしょう。


わたしは、暑い日のアイスティーが大好きなのです。

そしてわたしは、アールグレイが好きなのです。

それだけでおいしい。


A86C4716-D25B-419D-914F-17C1CF0759E5.jpeg


ストローでつついたり、タンブラーをブンブン振っていると、底部にあるフルーツやアクセントが効いてくるので、徐々に味が変わっていき、おもしろいです。


氷が溶ける前なら、なんどでも紅茶をお替わりできるので、2杯目をチャージ。

その頃には「果物感」がかなり出てて、最初の「アイスティー」から「フルーツティー」に華麗に変身を遂げていました。

1回でいろんな味の変化が楽しめて、どれもおいしかったです。

ごちそうさまでした。



持ち帰ったタンブラーは洗って、自分用ジャスミンティー・ボトルとして使用中。

EE65DDA4-99E8-4636-8DDC-1D01815505A7.jpeg


家庭内でジャスミンティーを飲むのは、わたしだけ。

これまで小型のガラスのピッチャーで、ひとり分作っていました。

しかし、ひとり分にしてはピッチャーのサイズが大きすぎるのと、横置きできないのとで困っていたのです。

リプトンのタンブラーは580ml。

1バッグで500mlという手持ちのジャスミンティーにぴったりです。

元気なイエローカラーも素敵です。


造りもしっかりしている感じがします。



家の中で持ち歩いていた飲み物を、グラスからこのタンブラーに変更。


まさにおうちでも"TO GO"。


*密閉ではないと思うので、横置きしてこぼれないという確証はありませんが、わたしが庫内でほぼ水平に置いたときは、中身の漏れはありませんでした。



外に持って出かけるときは、製氷機で凍らせたジャスミンティーやアイスティーを入れて、少しでも冷たさをキープできないかと、考え中です。





リプトン期間限定ストア 表参道店は 2018/9/6 まで。

9月も暑い日が続きますから、もう少し長くやってもらえるといいのですが、残念です。


期間中もう一度行けたら、「グリーンティー」をベースにしてカスタムしたい!

もう一回行きたい!




暑い日に列に並んで購入した際は、最初に「冷え冷えフルーツティータンブラー」を頬や首元にタオル越しにでも当てるのをおすすめ。

のぼせた頭も、しゃっきりします。

熱中症に注意して、おいしく飲みましょ。

*写真・リンク許可有。







mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/25 16:00

引きこもり体質の40歳・専業主婦が、ニトリのソファを自分用に購入する話。



ひとりで過ごす時間が、ストレス解消です。


78635919-C8D5-4E2A-9BF5-101159BD5B21.jpeg

PCがある「作業兼洋服置き兼物置部屋」に、自分専用ニトリのソファを購入することしました。

買ったのはコンパクトソファ「リバティ」、色はターコイズブルーです。

コンパクトでありながら、オットマン付きで、ベッドにもなるソファ。

「昼寝したい」というわたしの願望を叶えてくれそう……というのが選択理由でしょうか。



以前、店頭で現物は見たので、注文はネットで。

発送まで少し時間がかかるということで、まずは汚部屋にソファを置く場所を確保。

つまり、掃除です。

1B405DEB-DD65-41B3-9D72-FE8545A09295.jpeg
*写真に写っていない手前側は、押しやられたものですごいことになっています。



そして、メールでもらっていた通りの日付に、ソファ到着。

4BC551FB-5402-47F9-872A-FAD7C737FED1.jpeg

けっこう、大きいです。

当たり前ですね。「コンパクト」とはいえソファですから。



開封するとこんな感じ。

6599289D-EEE6-499E-8333-FDB2F874F42C.jpeg

シンプル。

よいしょ、と本体を引き出して(本来持ち上げるべきなのかもしれない)



付属の脚を、ソファ本体とオットマンにつけるだけ。

8C734A31-8DAC-447E-AE3D-81032211EC20.jpeg

脚を差し込んでグルグルねじ込むだけなので、ひとりでも簡単にできます。



ものの15分で完成。

27512765-000F-4377-BE67-23D766CE1682.jpeg



暫定的に下のような配置になりました。

80E1A6E6-5813-401F-A71D-8C3F1D93FE02.jpeg


オットマン使用時。

BADAEFB6-6330-4972-A265-7D72206BFEB6.jpeg


ソファベッドにするとこんな感じです。

188995B4-BC88-4197-9428-7736CAE36926.jpeg


フルフラット……とはいかないのが惜しいのですが、

D031F23E-39A3-4F74-8202-8B829A42A018.jpeg

19.900円(税抜き)という価格を考えると、オットマン付きでベッドになるだけでも充分です。

上に厚めのマットでも敷いちゃえば、大丈夫かな?


オットマンを入れて、全長170cmほど。

シングルサイズの布団より、20〜30cm短いはず。(わたし調べ)

身長約150cmのわたしが枕を使ってジャストというか、ギリギリというか……くらいの長さです。

本体とオットマンの間に、気にならない程度にすき間を作ると、足元に少し余裕がでました。

チビでよかった。



ひといきつこうと、座ってみましたら、

32D24200-9424-459E-9714-555CD1472828.jpeg

うわぁ、目の前が物だらけ……。
*視線の先には、スペースを空けるために追いやられた衣類や本類が、ジャングル状態


タオルケットと枕を持ってきて、無事、お昼寝場所を作りました。

46663629-CE6F-4E77-A791-79139E27149B.jpeg

オットマンに頭を乗せて寝て「凸凹が気になるな」と思っていたのですが、ニトリの公式サイト写真のように、オットマンを足側にして、横たわるのが正解なんでしょう。

座面と背もたれの間の微妙なくぼみに、体がすぽっとはまって、妙に落ち着く。





不足はないですのですが、メリットでもあり、デメリットでもあることがひとつだけ。

軽い。

軽いので移動も楽。わたし一人で動かせるのは大きな利点です。

ソファからベッドにしたり、オットマン動かすのも、簡単。


反面、少し勢いのある動作でも動いてしまう。

小学生の子どもが高めのテンションで乗ると、ズッ!と移動してしまうんですよね。

布の色移りを防ぐためにも、「壁から5cm離して設置」と説明書に書いてあるのですが、少しの勢いで壁面にドン!



脚の底は、フェルトのような柔らかい布が貼ってあるので、移動で床が傷つくことはないかと思います。

脚が長いので、ソファ下に掃除機のヘッドも入る。




到着・設置から5日。

すでに「ベッド」状態が基本。

寝る気満々です。









mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/09 13:03


「ひといちばい敏感な子」1 の続きです。




「HSCの子育てハッピーアドバイス」および、「ひといちばい敏感な子」のブックレビューと、一児の母であるわたしが思うこと。

E612C2AD-6B85-49FE-831E-6DC417F15E42.jpeg


前回「ひといちばい敏感な子」1 の最後で、

子どもがHSC("The Highly Sensitive Child")かどうかを知るための23項目のチェックリストについて触れました。

アーロン氏が作ったそのリスト、23問中「ひとつも当てはまらない子」は、ほとんどいないのではないか?というのが、わたしの考えです。

チェックリストに載っているものは、下のような内容のものです。(引用ではありません。)

例:
・肌に触れるもの(衣服など)の肌触りに敏感
・人よりも注射などの「痛み」に対する恐怖が強い
・ひとり遊びが好き
・大きな環境変化が苦手
・些細な変化に気づく(母親の髪型が変わったなど)
・興奮すると、なかなか寝ない

多くのお子さん、どれかに当てはまらないでしょうか?

最後の例は

「遠足の前夜、ワクワクして眠れない」

のような、子どもの典型的な様子であるような気がします。


それはつまり、自分の子どもがHSCであっても、なくても、「ひといちばい敏感な子」および「HSCの子育てハッピーアドバイス」に記載されている、理解 ・対処の仕方・アドバイスなどの中に、多くの保護者の育児に役立つ情報があるということだと、わたしは考えます。


アーロン氏の「ひといちばい敏感な子」は、文章だけで構成された、400ページ以上にわたる長い本です。
子育てに不安を抱いたとき、「ちょっと見返す」には、いささか小難しく、「参考になる部分を探す」には、時間がかかります。

上の解説書が、漫画やイラストが多用された「ハッピーアドバイス」シリーズとして、「HSC」に特化した育児書になったことを知って、わが子の強い感受性から発生する悩みを、さっと拭き取ることができるようになったように思い、わたしは嬉しかったのです。


わたしは「サンキュ!主婦ブログ」の中でブログを書いています。
同じ場所で活動する他のブロガーの方々の、子育てについての記事を読んでいると

「この方のお子さまは、HSCかもしれないな?」

と思うことが、ときどきあります。そして

「HSCでなくても、この本が役に立つことが、あるかもしれない。それをお知らせできるといいのに」

とも。

でも、その方はすでにこれらの情報・本をご存知かもしれないし、賛同してもらえないかもしれない。
なにより(特に育児に関して)自分の考えを押しつけるようなことになるのは、嫌だ。

そういう気持ちから、ブログ内で他のお母様方に対し、HSCの話題を挙げることは、控えてきました。

しかし、「HSCの子育てハッピーアドバイス」を実際に手に取り、やはり(ごく個人的にある方に)お伝えしたいと思い、Instagramに投稿した次第です。
その方にその投稿を見ていただけた形跡が残ったら、そうでなくても1日くらい経過したら、UPしたものは削除するつもりでした。
(それゆえ、現在投稿は削除済みです。)

すると、「ひといちばい敏感な子1」でも書いた通り、数名の方からコメントをいただいたのです。
「自分の子どもがそうかもしれない」「自分がHSPかもしれない」と感じている方がいらっしゃることが分かりました。
そして前述した「多くの育児に関し、参考になる部分がある本だ」という感想を踏まえ、改めて誰に向けてということではなく、これらの本、特に「HSCの子育てハッピーアドバイス」についてブログ記事にしたいと思い、執筆に至りました。


乳幼児期・学童期初期の子育てには、独特の大変さがあります。
それを担う(特に)母親の負担といったら……。形容の仕方がありません。
(その時期を過ぎても、手を替え品を替え、問題はやってくるのでしょうが。)

そこにお子さんの「敏感さ」、さらにはお母様ご自身の「敏感さ」が加われば、母子ともに疲れ果てることも、ままあると思うのです。


わたしがここに書いたことは、個人的な「読書感想文」です。
誰かの役に立つとは、思いません。
けれど「HSCの子育てハッピーアドバイス」と「ひといちばい敏感な子」、この2冊はたくさんの保護者にとって有益な本だと思います。
「子育てハッピーアドバイス」シリーズが、人気育児書であることを考えると、さらに強く。
役に立たなくとも、害になる可能性はほぼないと言えるでしょう。


なにに関しても、答えはありません。
読んだからといって、HSC・HSPの特性を活かした育児を、すぐに実践できるとも思いません。

しかし、今回挙げた2冊は、「過剰」とも思われてきた「敏感さ」を持った子と親の性質を、肯定してくれます。
否定されない、認めてくれる。
そして目指す道や方法を、示唆してくれる。
あくまでも示唆です。ああしなさい、こうしなさいという強制ではありません。
それだけで、わたしは随分救われました。


上手くまとめられませんが、わたしはこれらの本にこころを「よしよし」され、「救われた」のです。

ただそのことを、読後の感想として、書き残したかったのです。











mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ