2018/03/19 17:52

我が家の毎月の家計は、

ざっくりと、

◯家賃
◯貯蓄&保険
◯光熱費&通信費
◯食費
日用品
◯こども費
◯医療費
◯帰省&御祝積立(帰省の交通費と冠婚葬祭用)
◯雑費

というように分類しています。


1月から12月まで、

この項目だけに家計がおさまったら、どれだけラクだろう・・・

と思いますが、


残念ながら、この項目以外の出費
いわゆる「特別支出」が、

毎月何かしらあるんですよね。


例えば・・・

家族の誕生日パーティー、

父の日、母の日の贈り物、

お年玉に、お中元&お歳暮、


2年に1回の火災保険の更新料、

年払いしているNHK受信料、


などなど、

ちょっと考えただけでも、たくさん出てきます。



他にも、
インフルエンザの予防接種代や、
ちょうど今、花粉症の時期は、
マスク代や通院代もバカになりません。
(我が家は夫婦そろって重度の花粉症なので・・・)



それなのに、

赤字家計の頃の私は、

「今月は、たまたまこの予算がかさんだけど、しょーがないよね。
来月はきっと予算内に収まるはず!!」

と毎月毎月、思っていました。

だけど、そのまた翌月には、

前月とはまた違う何かしらの特別支出があって、

結局いつも赤字だったんですよね・・・ 


「もっと学べよ、私!!」って感じなんですけど(笑)、

その頃は、そこまで真剣に家計に向き合ってなかったので、

「今月はたまたまだよ、たまたま!」


で済ませてしまっていました。



でも、毎月何かしらあるってことは、

もはや「たまたま」では済ませられない!と、

家計見直しを機に、
予想される特別支出を書き出してみました。

FE6DF057-AEA7-45E7-A761-26ED9B9C45C5.jpeg


幸いなことに過去の家計簿が残っていたので、
書き出すのは簡単でしたが、


ぽんぽん出てくる多種多様な特別支出たち。


ほぼ毎月何かしらありますね・・・

そりゃ、毎月予算内におさまらないわけです。


特別支出ではないですが
光熱費が高くなる時期も、赤字になりがちなので、
書き出しておきました。


忘れがちですが、
パソコンに入れているウイルス対策ソフトの更新料も追加しておきました。
(我が家の場合は、3年更新です。)




全てを書き出した後は、


どうやってこの特別支出をやりくりするのか、

が問題ですが、


全てを月収でまかなうのは厳しいので、

火災保険やNHKなど金額が大きいものは、
あらかじめボーナスから取り分けることにしました。


それ以外の、
1万円以内でおさまりそうな特別支出は、
色々考えましたが、

月収の額を1万円低く設定することで、
対応することにしました。


つまり、

あらかじめ1万円少ないものと思って、
月の予算をたてることにしました。


この浮いた1万円を特別支出に当てて、

それでも足りなければ、
食費や日用品代、お小遣いを調整するようにしています。



この方法にしてから、
「あぁ今月も赤字だ・・・」と落ち込むことも少なくなり、

特別支出に対して前向きになれました☆


何より、たまに特別支出がない月は、
浮いたお金を貯蓄にまわせるようになりました!
(実際そんな月は少ないですが・・・)



特別支出のために毎月少しずつ積み立てる、
などの方法も考えたのですが、

すでに、帰省の交通費と突然の冠婚葬祭への対策として、
すでに毎月2万円ずつ積立しているので、

それ以上の金額の積立は難しく、
1番簡単にできそうなこの方法にしました。


「やっぱり特別支出を書き出してよかった!
私よく気がついた☆」

なんて自画自讃していたら、


サンキュ!の「1000万円たまる手帳」
にも、
年間の特別支出を書き出すページが、ちゃーんとありました


image-0ad3e.jpg

私は、何年も家計簿をつけて、
ようやくこの方法にたどり着いたのですが(^◇^;)、

さすがサンキュ!


そんなことはとっくのとうに折り込み済み!でした

もっと早くサンキュ!を読むべきでした(笑)


特別支出の対応は様々だと思いますが、

「1万円お給料を少ないと思って予算をたてる」

方法もオススメなので、
少しでもお役に立てたら嬉しいです♡



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/02/16 20:45

「年末10万円☆ありがとうございました☆」

と言った舌の根も乾かぬうちに、

またの更新失礼いたします

締切日ギリギリの計画性のなさをお許しください・・・
(学生の頃のテストもね、ギリギリ完徹で乗り切るタイプでした。)


年末10万円コンテストの応募書類を作っていて気づいたのですが、


共働き→専業主婦になって、


世帯月収が15〜20万円くらい減ってしまい、

赤字家計に転落した我が家が、なんとか赤字脱却できたのは、


食費と固定費の他に、「ボーナス」の使い方を変えたのも


大きな理由の一つだったと思いました。


なのに、

ボーナスについては全く記事にしてこなかったので、
最後に書かせてください!




家計管理をきちんとしてなかった頃は、

洋服や、家のリネン類、ちょっとした家具、
送料無料にするためにまとめ買いするお気に入りのシャンプー類など、

それぞれ数千円〜1万円くらいの出費が、

毎月ちょこちょこ×ちょこちょこあって、

どれも必要なものを買っているのに、

毎月の家計をすごく圧迫していました。


そして、その赤字をボーナスで補填する日々。

毎回10万円以上が、なんやかんやで赤字補填で消えていました(涙)


それを解消するために、

月々のお給料から、
洋服など臨時支出の予算を取ろうと思っても、

毎月必ず買うものではないので、
予算のとり方がすごく難しくて、

買う月は、大幅予算オーバー。
買わない月は、予算があまって宙ぶらりん。

といった状態でした。


洋服は、いつ運命の出会いがあるかわからないし、

リネン類の買い替えも、
今使ってるものの消耗具合にもよるから、時期が読めない・・・


困った・・・



そこで、

ボーナスから、その臨時支出の予算をまとめて確保することにしました。
 

目安として、

洋服を含む自由に使えるお小遣いとして、
夫と私、各5万円で、10万円。

リネン類や家具類の買い替え用に、10万円。

大型家電の買い替えがある時は、上記20万円から調整する。

という風に決めました。


この方法が、我が家にはすごくハマったようで、

今まで、

「安いからいっか」と買ったけど、結局あまり着なかったプチプラニットや、

100円ショップのインテリアグッズ、

とりあえず間に合わせで買ったリーズナブルな家具、

など、

なんとなくで買ってしまっていたものが、

予算を決めると、

千円でも無駄に使いたくないので、

一つ一つを厳選して買うようになりました。



予算オーバーしそうだったら、

本当に必要なものから優先順位を決めるようにもなりました。


計画的に買うことで、安い時期も狙えるし、
本当に気に入ったものだけを買うので、
「暮らしの満足感」のようなものも以前よりすごくあります。



ちなみに、去年12月のボーナスでは無印週間で
リネン類を一式買い替えて、大満足でした
C48B9EE2-CF9E-46B8-9EB6-2F1479FA7D13.jpeg
(その時の記事です)

何よりも、

「ボーナスで赤字補填しない生活」

思った以上に爽快です☆




「予算を決めて、その中で生活する」

家計管理の教科書があったら1ページにのっていそうな
基本中の基本ですよね。


今回、

メルカリなどの収入アップは全くなかったにも関わらず、
(やろうやろうと思いつつ着手できず・・・)

なんとか目標達成できたのは、

基本に忠実に、

月給もボーナスも予算設定をしっかりできたからかもしれません。



もちろん、

ボーナスは年によって金額も大きく異なるし、

そもそもボーナスのない給与体系の方もたくさんいらっしゃるので、

全ての方にお役に立てる内容ではなかったと思いますが、

あくまで我が家の一例、として参考の一つになれば幸いです。


長文になってしまいましたが、
最後まで読んでくださりありがとうございました!

※全て個人の感想です。


紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/02/14 06:00
皆さま、おはようございます☆

以前のブログにも書いたのですが、

スマホをauに乗り換えたことで、
月約5000円の通信費を削減することができました。
https://39.benesse.ne.jp/blog/2924/archive/25


また、

夫が今加入している生命保険と、
会社の福利厚生で加入している保険の保障内容を見直した結果、

重複して保障されている特約があったので、

それを解約し、約2500円保険代が安くなりました。



私の生命保険も、

社会人になった時に、父の付き合いで加入した保険を一度も使わずに、
10年以上そのままにしていたものを解約し、
共済の保険に加入しました。

保険代は約400円安くなっただけですが、

今までは入院保障だけだったものが、
死亡保障つき入院保障(ガン保険つき)になったので、
安心感も少し増えました。

※ちなみに、保険は全て掛け捨てのものです。


他にも、細かいことですが、

クックパッドの有料会員約300円、
Amazonで定期購入していた娘のベビーソープ約500円、

色々検討した結果、
それぞれ退会、停止しました。


クックパッドの有料会員は、

たくさんレシピを保存することができて、
人気レシピもすぐ見つかって便利だったので、


とても迷ったのですが、

自分なりのレシピも確立されてきたので、

今回は退会することにしました。

でも、
今でも色々レシピ検索して、お勉強させてもらってます


娘のベビーソープも、当たり前のように毎月買っていましたが、

娘も赤ちゃん期を終えて、
私の石けんボディソープを使っても肌トラブルはなかったので、

大人の仲間入り(?)をすることに


そして最後に、

今通っているホットヨガのスタジオを、
電車で一駅の場所から、自転車で通える場所に変更して、

電車代(1回300円×月3回)がかからないようにしました。



固定費諸々についてツラツラ書いてしまいましたが、
(ベビーソープは固定費ではないかもしれませんが・・・笑)



まとめると、

◯スマホ代        5000円
◯夫の保険        2500円
◯妻の保険        400円
◯クックパッド   300円
◯ベビーソープ   500円
◯電車代           900円


☆合計  9600円☆

削減できました!


年間で考えると10万円を超えるので、

やはり固定費の見直し効果は大きいなと

実感・・・

重い腰を上げるまで時間がかかりましたが、

10万円チャレンジをキッカケにどんどん着手できたので、

10万円チャレンジ様々です☆

こんな素敵な企画をありがとうございます


image-2559d.jpg
我が家のお気に入りボディソープです☆


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ