2017/11/14 15:44
皆さま、こんにちは☆

私のなかで、

秋に一度は作らないと冬を迎えられない(と思い込んでいる笑)

サンマごはん。

28E87046-8378-4D8E-B59E-5138C87629EF.jpeg

独身時代から愛用しているル・クルーゼオーバルで、
サンマ丸ごと炊き込んでいます☆

このサンマごはん。

毎回、先にサンマを魚焼きグリルで両面焼いてから、
といだお米の上にのせて炊いていたのですが、

今回は、魚焼きグリルで焼く工程を省いて、

生サンマをそのままのっけて、炊いてみました。


魚臭くなるんじゃないか!?
とドキドキしてたのですが、

思ったよりもサンマがふっくら炊けて、
生臭さも感じませんでした。

ごはんのお焦げで香ばしさもプラスされて、夫にも大好評でした

185C254B-BDC4-46E9-87E4-4A7A1D26581D.jpeg


この「先にサンマを焼かないサンマごはん」
何がいいかと言うと、

魚焼きグリルを洗う手間がないんです!!!

わたし、魚焼きグリルを洗うのがすごく苦手でして・・・

しかも、たまに(よく?)洗うのを忘れて
翌朝まで放置してしまった時の悲しさといったら・・・

いつもサンマごはんを炊くたびに、

「サンマを先に焼かなくちゃダメなのかなぁ?」と思っていたので、

今回チャレンジしてみてよかったです☆



ただ、臭み対策として、

@サンマの内臓を取り除いて、流水でキレイに洗う。

Aサンマの両面に塩をふって10分ほど放置して、
出てきた水分を拭きとる。

Bといだお米に、たっぷりめのショウガと、
醤油・みりん・酒・昆布と水とAのサンマを入れて炊く。

という手順で作りました。

翌日のオニギリまで、2合を夫婦2人でペロッと頂きました。
(2歳の娘には、サンマのほぐし身だけおすそ分け☆)

美味しくて、しかも洗い物も減って、
とっても得した気分でした

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/06 17:33
皆さま、こんばんわ☆

サンキュ!11月号の免疫力アップ特集の中でも紹介されていた食材「鶏むね肉」

我が家では、夫が鶏肉が大好きで、
(しかも、もも肉よりムネ肉が大好きという、家計に優しい夫です笑)

鶏肉メニューはよく食卓に登場するので、
免疫力アップ食材を活用したレシピ、とても参考になりました☆


今日は、
中でもお財布に優しい「鶏むね肉」の、
我が家のゴハンをご紹介したいと思います。


塩麹でしっとり☆蒸し鶏
748393B1-04EB-4646-942E-7D93EB765473.jpeg

さっぱりポン酢で頂いたり、
梅だれやゴマだれなど、タレで色々なバリエーションを楽しめます☆



鶏むね肉とナスのピリ辛炒め
2079EBCB-D741-4DC1-A09B-39EBF568F99E.jpeg
豆板醤で、ゴハンが進みます☆


鶏むね肉とピーマンの塩昆布炒め
C792918C-4B8F-4BD6-BA6E-BA9888ACC4B6.jpeg味付けは塩昆布のみの、簡単メニューです☆




鶏むね肉の悩み、といえば「パサつき」ですが、

@塩麹に漬けて一晩以上おいておく。

A鶏むね肉を薄切りにして、塩と片栗粉と酒をもみ込んでから、短時間で火を通す。
(片栗粉でコーティングされて、しっとり仕上がる)

このどちらかの方法で、
だいぶしっとりと食べられるようになりました☆

いずれの方法も、とにかく火の通しすぎには注意です!



現在、食費節約中なので、
週の終盤、予算がきつくなってくると、
よく鶏むね肉に頼ってしまいます

でも、夫が喜んでくれるので、
「鶏むね肉様様」です!


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/09/14 17:15
こんにちは☆
関西は昼間はまだまだ暑い日も多いですが、
スーパーには、秋刀魚や秋鮭、さつまいもにかぼちゃ、など、
秋の味覚が並び始めてますね

どれも栄養たっぷりな旬の食材ですが、

特に、鮭に含まれている
「アスタキサンチン」という色素が、
化粧品の材料になるほど抗酸化作用がとても高いそうで、

「美人は週3日鮭を食べる」

と言うほどだそうです
(テレビでタレントさんが言っていたのを聞いただけなのですが・・・

なんでも間に受けてしまうタイプなので、
(よく言うと「素直」です笑)

美人が週3日食べるなら、
もう食べずにはいられない!!笑

とさっそく、

秋鮭をシンプルに塩焼きで頂きました☆

常備菜のかぼちゃの煮物ときんぴらごぼうで、

秋の味覚の一汁三菜メニューになりました^_^

IMG_8059.JPG

今はとても便利な時代で、スーパーに行けば色々な食材が手に入りますが、

美しい四季がある日本に生まれたからこそ、

四季折々の味覚を大切に、子供にも伝えていき、

何十年後、何百年後の日本にも、
旬の味を大切にする食卓がずっとあればいいなと、

私1人の力はわずかですが、

密かに思っています。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます


紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ