2017/11/08 01:00
皆さま、こんばんわ。

少し前から気になっていた本を買いました☆

「その調理、9割の栄養を捨ててます!」世界文化社
23196BD2-6488-480D-935F-14A2CADC32F8.jpeg

食材の栄養を無駄なくとれる調理方法や保存方法が
わかりやすく説明されていて、とても勉強になりました!


私は、小さい頃からアトピーに悩まされていて、

母の教えで、野菜多めの食生活を心がけてきた影響もあってか、

一人暮らしを始めて自炊するようになってから、

野菜の栄養や旬に、とても興味を持つようになりました。

最初は、主に野菜の栄養だけでしたが、
色々な栄養素のことを知れば知るほど、

お肉もお魚も野菜も、
なんでもバランスよく食べることが大事!
と思うようになり、

今は、どんな食材にも興味津々です☆

自分で食材に関する本を買って、ちょこちょこ読むようにもなりました。

2A7377A1-6B22-40B1-9D07-2CF77FC2B1DE.jpeg

結婚して5年たった今も、
キッチンのすぐ見られる場所にキープして、
献立を考える時などに、よく見返しています。

私のバイブルのような存在です


今回買った本も、バイブルに仲間入りです☆

これからも、
家族の健康を守れるよう、
いつか娘にも食事の大切さを伝えられるよう、

少しずつでも勉強していきたいなと思ってます。

今日も、最後まで読んでくださりありがとうございました!
※全て個人の感想です。
紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/09/03 14:26
こんにちわ☆

お料理するようになってから、
カラダが喜ぶ「旬」のお野菜の栄養や、
その栄養素を効率的にとれるメニュー作りに目覚め、

最近、食育インストラクターの資格をとりました。

まだまだ勉強中ですが、

家族の健康に役立つ栄養のお話も、
少しずつできればと思っています。

まず今回は、夏野菜☆赤ピーマン(パプリカ)☆について。

赤ピーマンとパプリカの違い・・・
は、よくわからないのですが(ごめんなさい
おそらく、肉厚な方がパプリカかなと・・・・

赤ピーマンは、緑のピーマンが完熟したもので、

体の老化と戦ってくれる抗酸化作用のある
カロテンやビタミンA、C、Eなどの栄養素が豊富で、

しかも、その量は緑ピーマンに比べて2〜3倍にもなるそうです。


特に、加熱に強いビタミンCがたっぷり含まれていて、
美肌だけでなく、鉄分の吸収も助けてくれ、

もう美容のためには食べない手はありません

我が家の夏の食卓には、赤ピーマンは欠かせません!

IMG_7745.JPG
夏野菜の定番レシピ、ラタトゥイユ☆


IMG_7711.JPG
赤ピーマンとジャガイモのポタージュ☆

IMG_8010.JPG
ゴーヤと赤ピーマンの塩昆布炒め☆

他にも、
写真が今ないのですが、

お肉とオイスターソース炒めにしたり、

油揚げやじゃこと炒め煮にしたり、

ニンニクとオリーブオイルで焼いてマリネにしたり、

割と色々なレシピで頂いています。

赤ピーマンのカロテンは、油と一緒に摂取することで、
格段に吸収率がアップするので、

生で食べる時はオイルをかけたり、
油で炒めたり、

ぜひ参考にして頂ければと思います

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。
※ブログの内容は、私個人の知識・感想に基づくものです。
紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ