2018/03/19 17:52

我が家の毎月の家計は、

ざっくりと、

◯家賃
◯貯蓄&保険
◯光熱費&通信費
◯食費
日用品
◯こども費
◯医療費
◯帰省&御祝積立(帰省の交通費と冠婚葬祭用)
◯雑費

というように分類しています。


1月から12月まで、

この項目だけに家計がおさまったら、どれだけラクだろう・・・

と思いますが、


残念ながら、この項目以外の出費
いわゆる「特別支出」が、

毎月何かしらあるんですよね。


例えば・・・

家族の誕生日パーティー、

父の日、母の日の贈り物、

お年玉に、お中元&お歳暮、


2年に1回の火災保険の更新料、

年払いしているNHK受信料、


などなど、

ちょっと考えただけでも、たくさん出てきます。



他にも、
インフルエンザの予防接種代や、
ちょうど今、花粉症の時期は、
マスク代や通院代もバカになりません。
(我が家は夫婦そろって重度の花粉症なので・・・)



それなのに、

赤字家計の頃の私は、

「今月は、たまたまこの予算がかさんだけど、しょーがないよね。
来月はきっと予算内に収まるはず!!」

と毎月毎月、思っていました。

だけど、そのまた翌月には、

前月とはまた違う何かしらの特別支出があって、

結局いつも赤字だったんですよね・・・ 


「もっと学べよ、私!!」って感じなんですけど(笑)、

その頃は、そこまで真剣に家計に向き合ってなかったので、

「今月はたまたまだよ、たまたま!」


で済ませてしまっていました。



でも、毎月何かしらあるってことは、

もはや「たまたま」では済ませられない!と、

家計見直しを機に、
予想される特別支出を書き出してみました。

FE6DF057-AEA7-45E7-A761-26ED9B9C45C5.jpeg


幸いなことに過去の家計簿が残っていたので、
書き出すのは簡単でしたが、


ぽんぽん出てくる多種多様な特別支出たち。


ほぼ毎月何かしらありますね・・・

そりゃ、毎月予算内におさまらないわけです。


特別支出ではないですが
光熱費が高くなる時期も、赤字になりがちなので、
書き出しておきました。


忘れがちですが、
パソコンに入れているウイルス対策ソフトの更新料も追加しておきました。
(我が家の場合は、3年更新です。)




全てを書き出した後は、


どうやってこの特別支出をやりくりするのか、

が問題ですが、


全てを月収でまかなうのは厳しいので、

火災保険やNHKなど金額が大きいものは、
あらかじめボーナスから取り分けることにしました。


それ以外の、
1万円以内でおさまりそうな特別支出は、
色々考えましたが、

月収の額を1万円低く設定することで、
対応することにしました。


つまり、

あらかじめ1万円少ないものと思って、
月の予算をたてることにしました。


この浮いた1万円を特別支出に当てて、

それでも足りなければ、
食費や日用品代、お小遣いを調整するようにしています。



この方法にしてから、
「あぁ今月も赤字だ・・・」と落ち込むことも少なくなり、

特別支出に対して前向きになれました☆


何より、たまに特別支出がない月は、
浮いたお金を貯蓄にまわせるようになりました!
(実際そんな月は少ないですが・・・)



特別支出のために毎月少しずつ積み立てる、
などの方法も考えたのですが、

すでに、帰省の交通費と突然の冠婚葬祭への対策として、
すでに毎月2万円ずつ積立しているので、

それ以上の金額の積立は難しく、
1番簡単にできそうなこの方法にしました。


「やっぱり特別支出を書き出してよかった!
私よく気がついた☆」

なんて自画自讃していたら、


サンキュ!の「1000万円たまる手帳」
にも、
年間の特別支出を書き出すページが、ちゃーんとありました


image-0ad3e.jpg

私は、何年も家計簿をつけて、
ようやくこの方法にたどり着いたのですが(^◇^;)、

さすがサンキュ!


そんなことはとっくのとうに折り込み済み!でした

もっと早くサンキュ!を読むべきでした(笑)


特別支出の対応は様々だと思いますが、

「1万円お給料を少ないと思って予算をたてる」

方法もオススメなので、
少しでもお役に立てたら嬉しいです♡



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/18 19:25
皆さま、こんばんわ☆

娘を夫に預けて、美容院に行ってきました。


久しぶりにハイヒールを履いて1人でお出かけして、
最高のリフレッシュタイムです☆


いつもはセミロングが多いのですが、
半年くらい前から、すっきりショートにチャレンジしていて、

今回も、前下がりぎみのショートにしてみました。

000722E1-2C6E-4D6B-B051-CAE9FE8A43B5.jpeg


専業主婦になってから、
美容院代を節約しようと思ってヘアカラーをやめています。


ちょうど黒髪も流行り始めた頃だったので、
流行りにのっかりつつ、節約しつつ(笑)



髪が伸びてきた時の生え際のカラーの差(いわゆるプリン)を
気にしなくてよいのは、やはりラクです



ただ、黒髪な分、
ツヤがないと重たく、しかも老けて見えそうなので、

ヘアケアにはこだわって、ツヤ感を大事にしています。

2D3139F2-81CD-4F50-A83D-820674BF98C9.jpeg

「きれいなおねえさん♡」のドライヤーと、
(↑世代がバレる?!(笑))

今使用しているお気に入りのシャンプーです。



カラーをしない分、カットにも妥協せず、
腕の良い美容師さんにお願いしています。


「腕の良い」といっても、あくまで主観ですが


◯自分のイメージをわかってくれる
◯仕上がりに納得がいく
◯話しやすい


といった、
自分との相性が良いと思える美容師さんを見つけるようにしています。


転勤で関西に来る前は、
7年以上担当してもらった、気心のしれた美容師さんがいたので、

こちらに来てから、美容師さん探しには本当に苦労しました

この4年間で、美容院も5件以上探し歩いて、
ようやく信頼してお任せできる方に出会えました☆



カットだけ、とは言っても、

なけなしのお小遣いから数千円、

これから数ヶ月お付き合いする髪型のために支払うお金だから、


自分がハッピーになれる髪型にしてくれる美容師さんに切ってもらうことも、


生きたお金の使い方かな。


なんて、

ちょっぴり思っています。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆




紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/07 18:30
皆さま、こんばんは☆


家計のやりくりをするために、

「クレジットカードを使わずに、現金のみで生活してみる」

というのも、
効果的でよく聞く方法の1つだと思うのですが、

私は、だんぜん!クレジットカード派です




光熱費やスマホの支払いは、もちろんカードに集約して、

ネットショッピングも、旅行も、洋服などのお買い物もほぼ全てカードで、

約1年半〜2年間に1回は、
2万円の商品券をポイントで引き換えているので、

もはや、カードは我が家の家計ツールの1つでもあります。



ただ以前は、


無計画にクレジットカードを使ってしまって、

翌月の引き落とし額が足りずに、
貯蓄を崩してしまうことも多くて、

「カード、やっぱりやめなきゃダメかな・・・
いや、でもカードはやめられない!!」

と自問自答?することも多かったです。




そこで、使いすぎ防止のために、

カード引落用の封筒を用意して、

カードで支払いをしたら、
その分の現金を銀行からおろして封筒に入れておき、


引落日前に、再度まとめて口座に入金する。

という方法を試したみたのですが、

そもそも、
キャッシュレスがメリットのクレジットカードなのに、

後でわざわざ現金をおろして、小銭も用意して・・・

なんて面倒すぎる!!!


ということで、長続きしませんでした



そこで、

同じ銀行内にある私名義の2つの口座を活用して、

「振替」
=口座から口座へのお金の移動
(同一人物の口座同士に限ります)

機能を使うことにしてみました。



1つの口座を、「@生活費口座」、

もう片方の口座を、「A引落口座」として、


クレジットカードで支払いをしたら、
すぐに、スマホアプリ(ネットバンキング)で、

「@生活費口座」から「A引落口座」に
お金を振替します。


スマホで1円単位で入力できて、ポチッと押すだけで楽チンです

あとでお金をおろしたり、

小銭を細かく用意する手間もありません☆


もちろん、振込と違って手数料もかかりません。


カード支払いの他に、生協の引落なども、

生協の食材が届いた日に、
その分の金額を、同様に「振替」しています。


光熱費やスマホ代は、
カード払いであらかじめ金額がわかるので、

お給料日にまとめて、引落される金額を「振替」しておきます。


これなら、
クレジットカードを使いながらも、

「現金が使った分だけすぐ減って行く」

つまり、
「今ある現金だけで生活する」
ことができます。


もちろん、

生協やクレジットカードで買ったものは、

すべて家計簿につけて、予算内に収まるよう心がけています。

(ちょいちょい足は出ることもありますが・・・




私は、もともと三菱東京UFJ銀行で、
私名義の口座を2つ持っていたので、

その口座を活用しています。

(学生時代から使っていた口座と、
社会人になって会社の給与振込に指定された口座が、
たまたまどちらも三菱東京UFJ銀行でした。)


今ではもっぱらネットバンキング(スマホアプリ)がメインで、
すでに紙の通帳は廃止しているのですが、

通帳にメモする感覚で、
入出金明細にメモ登録できる機能があるので、

振替する度に、
「◯日ランチ代」「◯日生協」などと登録しておいて、

あとから確認することもできます。




銀行口座が2つ必要なので、
最初のハードルが少し高いかもしれませんが、

この方法にしてから、

翌月のカード引落にビクビクすることなく(笑)
とても快適に過ごせるようになったので、

もし、同じ銀行内に複数の口座があって持て余してる方がいらっしゃったら、

参考にして頂ければとても嬉しいです。



このやりくり術のために、
色々な口座にちらばっていた引落を1つの口座に統一したことで、

お金の管理も楽になったので、オススメです。






EEAD3F7A-8E9B-4838-86D4-962164A801CF.jpeg
最近クレジットカードで購入した、娘のベビーカー☆
とてもお気に入りで、朝からボサボサ頭のままお散歩しています(笑)



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!



※全て個人の経験に基づく内容です。
「振替」機能については、各銀行等でサービスの違いもあるかもしれないので、各ホームページ等でご確認頂ければ幸いです。

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ