2019/08/25 23:58
8月もあと1週間、長かった夏休みも終わりですね。

仕事(飲食店パート)を抱えた状態で過ごした初めての夏休み。
仕事に行く日(週2回)は早起きして娘の弁当を作り
息子を幼稚園へ送り、娘をデイサービスに送り出し
それと同時に自分も仕事に猛ダッシュ!

という感じで、仕事始める前にすでに汗ダクでしたがw
なんとか両立できました。

子供達も体調を崩すことなく過ごせて
私も仕事に穴を開けることなく過ごせて
仕事に行けば気持ちの切り替えができて
うまくバランスが取れたかな、と思います。



今年の夏休みをまとめておきます。

夏休みの始まりはいつも地元の花火大会。
IMG_9253.JPG


子供達も私も家にいる日は定番のベランダプール。
ORDF6596[1].JPG
1つ前の記事でご紹介したウォータービーズも
大活躍してくれました!
JPXY9508.JPG


息子がポケモンに興味を持ち始め
ポケモン映画を観に行ったり(わたし号泣w)
ポケモンセンターに出掛けたり
流行った時にちょこっとだけやっていたポケモンGOも
息子と一緒に楽しむようになりました。
IMG_9608[1].JPG



お盆休みには家族で夫の祖母宅・和歌山へ。
海水浴を楽しんだり蚊帳の中で寝たり。
都会では味わえない日本らしい夏を過ごせました。
IMG_2108[1].JPG

IMG_0040.JPG


地元のお祭りに行ったり。
IMG_2223[1].JPG



夏休み最後のクライマックスにはディズニーシーへ!
IMG_0388.JPG
海賊に憧れている息子のために
初めてパイレーツサマーバトルゲットウェットに参戦!
カッパを被っててもずぶ濡れになるぐらい水かぶりました!
娘の大好きなダッフィーにも会えたし
息子の大好きなジェラトーニにも会えたし♪
JVUD5926[1].JPG



満喫したなぁ・・



子供達、この夏休みは一緒にいる時間も長かったので
よくケンカもしたけど・・
お互いがいないとやっぱり寂しいみたいでした。
IMG_9402[1].JPG
本当は仲良し。

2学期もがんばろうね。





最後まで読んで下さってありがとうございました。
JUMIJUMIでした。

インスタグラムもぜひ。
jumistyle99


タグ(関連ワード):夏休み
JUMIJUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/07 16:48
GWに名古屋のレゴランドジャパンに行ったという記事を
書かせて頂きましたが(「念願のレゴランドへ!」)
実はまだ伝えたいことがあるので追記致します。

私がレゴランドに行って特に感じたのは
「障がい者・障がい児に優しいテーマパーク」
ということでした。
FWGR2983.JPG

うちの娘は重度知的障がい児です。
じっと列にならぶとか
慣れない人・物はとにかく苦手。
テーマパークを「満喫する」というのは難しく
パニックを起こすなどの大きな乱れなく過ごせれば
こちらとしても「どうにか楽しめたかな!」という感じです。


娘が持っているのは知的障がいの療育手帳です。
他の手帳(身体障がい者手帳)なども対象となりますが
違う部分もあるかもしれないので
今回は療育手帳についてだけお話しますね。


まずは入園料ですが
障がい者手帳を持っている人の介助者1人分が
入園料無料になります。
無料ですよ?半額とかじゃないですよ?すごいですよね?
我が家の場合は娘の介助者として
大人1人分5700円が無料になりました。

ただこの割引を受けるためには
「チケット売り場で手帳の提示」
「手帳対象者の本人確認」
が必要ですので、チケットの事前購入をしていても
当日チケット売り場に並びます!


次は入口を入ってすぐ右手にある
ゲストサービスで再び障がい者手帳を提示すると
アシストアクセスパスをもらえます。
各アトラクションの入口でこのパスを見せると
専用レーンに並ぶことができ
「優先的に」と言うと語弊があるかもしれませんが
通常の待ち時間よりはかなり早く
アトラクションに乗ることができました。
IMG_8672.PNG


そして私が最も素晴らしいと思ったのは
各アトラクションの入口で
これがどんなアトラクションなのかということを
丁寧に説明してくれたことです。
「所要時間3分程、高い所で上下に乗り物が動きます」
「乗り物がガタガタと揺れる場面があります」
「暗くなったり大きな音がする箇所があります」
「緊急時には暗い中で待っていただく可能性があります」
というように、心配が予想される状況を
しっかりと説明した上で
「乗れそうですか?」と確認してくれました。

丁寧な説明があったおかげで
こちらも娘がどんな状況になり得るか予想しやすく
対応もしやすかったのですごく助かりました。

障がい者に優しいサービスのおかげで
私達家族は本当に楽しい時間を過ごすことができました。
GRBQ8649.JPG



ただこういうお話をすると
このようなサービスを得られない一部の方々から
「ずるい」といった言葉を聞くことが度々あります。
その気持ちはとてもよく分かります。
「こっちはずっと並んでるのになんで?」
ってなりますよね・・

これはあくまで我が家の場合ですが
娘は長時間身動きができない状況で立っているというのが
とっても難しいのです。
ですが私は出来るだけ色々な体験・経験・刺激を
娘に与えたいと思っています。
乗ってしまえば案外楽しんでくれたりするのです。
なので待ち時間という大きな難問を解決できるのは
本当に有難いことなのです。

そして我が家には健常の息子(弟)もいます。
当然ですが息子はアトラクションに乗りたいのです。
こういうサービスがない場合には致し方なく
娘ペア・息子ペアに分かれて別行動することも多々あります。
ですがそうすることによってせっかくの特別な時間も
家族バラバラに過ごすことになり
アトラクションに乗ってる楽しそうな姿を
お互いに写真におさめることも出来ないのです。
息子は「パパもママも一緒に乗ってほしい」と言います。

特別な場所に来てるからこそ家族4人一緒に過ごしたい!
そういう想いを支えてくれるサービスに本当に感謝しています。

GAHN9847.JPG

レゴランドジャパン!
また絶対に遊びに行きます!!



最後まで読んで下さってありがとうございました。
JUMIJUMIでした。

インスタグラムもぜひ。
jumistyle99

タグ(関連ワード):テーマパーク 障害児育児 障害児 障害者
JUMIJUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/11 07:54
前回はGWの旅行・和歌山編を綴りました。
今回はその続き、名古屋編です。

平成最後の日となった4月30日。
お昼頃に和歌山を出て、夕方名古屋に到着。
平成最後の食事は名古屋めしを満喫しました!

ホテルで1泊し翌朝向かったのは
子供達念願のレゴランドジャパンです!!

FWGR2983.JPG
※写真はすべて撮影可能エリアです

小雨が降ったりやんだりの生憎の天気でしたが
それでも混み合っている様子でした。

IMG_7434.JPG


とにかく見渡す限り何もかもレゴで出来ていて
この世界観に子供も私もワクワクです♪

IMG_6441.JPG
息子が楽しみにしていたのはパイレーツショアエリア!
この海賊船もレゴのパーツが1つ1つ再現されています。

DXQS1834.JPG
レゴデュプロの世界に飛び込んだような
デュプロバレーエリアは小さな子供も安心して遊べます。

IMG_6563.JPG
こんな大きなブロックもいっぱい!
自由に使うことができます。



レゴランド全体はそれほど大きくなく
小さな子供連れでも回りやすい規模でした。
全エリアをゆっくり見ても
丸一日かからないぐらいです。

小さな子供も乗れるアトラクションも多く
すごく満喫できました。
逆にいうと楽しめるのは小学生ぐらいまでかな?
中学生ぐらになると物足りないかも?

IMG_6596.JPG

比較的混んでいた様子のこの日。
人気アトラクションは待ち時間45分ほどでした。
雨で稼働していないアトラクションもありました。
アトラクションによっては
待合に自由に使えるレゴが置いてあり
列に並んでいる間に子供達が自由に遊べます。
他にも所々にレゴが置いてある場所があるので
雨しのぎの時間などに助かりました!
IMG_6598.JPG

我が家はリベンジして、
今度はレゴホテルにも泊まりたい!
とーっても楽しかったです!

GAHN9847.JPG


最後まで読んで下さってありがとうございました。
JUMIJUMIでした。

インスタグラムもぜひ。
jumistyle99


タグ(関連ワード):遊園地 テーマパーク 名古屋 レゴランド
JUMIJUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ