2018/06/05 23:36


ほの*ぼの暮らし手帖に

お立ち寄りくださり

ありがとうございます




来年、中学に進学する和さんの
就学相談を受けてきました。

今日は、特別支援学校での見学+個別相談


これから数回
自治体と特別支援学校で
このような機会があります。


小学校就学前のこれらの機会で
トラウマがあり、とても気が重いのです…

場所見知りした和は
先生方や先輩たちに挨拶もできず…
何とも言えない気まずさを感じます。
代わりにやたら愛想良く挨拶する私…


担当してくださった先生と
たくさんお話しできました。


和の発達や学習の進み具合について
聞き取りがあるのですが、
あれこれお伝えしながら


改めて現実を実感します。


普段は
和は生活力があるというか
身の回りのことはできるし、
親ばか炸裂やけどよく気が付くので
困ることがそんなになく
言葉は遅いんだけどね…


深刻にあれこれ
思いを巡らせることもないのですが
ただののん気過ぎか…


私がもっとしっかり関わっていれば
もっともっとできること増えてたのかな…

と、相談中は悶々としていました。


帰り際
少し元気が出てきた和が、
階段を跳ねるように軽やかに
降る姿を見た先生が

『すごいな〜飛び跳ねてるわ
ダウン症の子は
階段降りるのは恐がって
一段一段やったり
手すり持つ子も多いのにな〜』と、

褒めてくれたのでした。



健常児にとっては当たり前過ぎることでも
この子たちには難しいことがいっぱいある。

私も当たり前やと思ってた。

和の頑張りに気付かせてもらえた
先生の言葉でした。

とても嬉しかったです。

悶々とした心がぱっと晴れました。


DSC_0070.JPG

お手伝いもよくしてくれます( *´艸`)
助かってます♡




カオリフ




カオリフさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)