2018/03/11 14:00


いつもご訪問くださりありがとうございます


今日も引き続き防災の話題です



さて

我が家では

息子の巣立ちを機に

我が家の防災バッグの作り変えをしようと思います

まだ作成中で完成ではありませんが

我が家の場合・・・を

紹介いたします


*私は防災関係に詳しいわけではありません*

*“一例”としてお読みくださると幸いです*






今までは

めったに出番が来ないスーツケースに

いろいろ詰め込んでおりました


防災バッグを息子と別々にするにあたり

それぞれに適した小さめのバッグに詰めるか

息子がスーツケースをそのまま使うか

聞いてみましたら

スーツケースがいいということでした


これ、予想通りですひらめき

私よりも、若い彼のほうが

今後大きなスーツケースを使う可能性は高いのでね


今まで2度あった大きいなスーツケースの出番は

いずれも息子のお伴でしたから

彼はスーツケースを欲しがるかな・・・

と予想をたてていたのです

ビンゴ〜〜るんるん


春から彼が住むのはとっても小さなお部屋

学生寮に入れることになったのですが

4畳半の今の自分の部屋より狭いとのこと

(ホントかな?)

大きなスーツケースはかさばりますが

「クローゼットの片隅に入れておくよ」と・・・


今後は彼が自分でカスタマイズすればいいのですが

今まで準備していた防災グッズをそのまま

彼の分はスーツケースに

私の分は別の持ち運びしやすいバッグに

分けることになります





中味の公開ですよ〜ぴかぴか(新しい)


まず、頭と足を守るものひらめき

頭と足を守る.JPG

ヘルメットと登山靴

なんだか仰々しい?


ちょっと生々しいエピソードですが

ずっと昔、子供の頃の出来事です

公園で遊んでいた時のこと


そばで女の子を遊ばせていたお父さんが

うっかり枝分かれしていた木の枝を踏んでしまって

枝が革靴の底を突きぬけて足の裏に刺さり

すごい勢いで流血したのを

目撃してしまったことがあるのです


その光景が今でも目に焼き付いてしまっているので

非常事態に足を守ることはとても大切だと

登山靴を用意しています


靴底の厚みや素材って大切かも

足首も固定してくれるので

疲れにくく安全度も高いかな〜ひらめき



それから

上から何か落ちてくるかもしれない


ちょっと危ないところの救助活動・・・

崩れかけたところを通行する・・・

大きな地震の場合

たぶん余震もありますから

少しでも安心できるように

ヘルメット


必ずしも自分が使うとは限りません

「誰か持っていませんか〜?」ー(長音記号1)演劇

ということもあるかも・・・

ヘルメットは形が決まっているしかさばるけれど

結構軽いんですよ〜ひらめき


それにね

ヘルメットの頭部に物を詰め込めますから

見た目ほどかさばるわけではない気がいたします


「私の分」と「息子の分」に分けて

小物を詰め込みましたので

必要なものを一度に

パッと手渡しできる状態でしたしねひらめき


その、詰め込んでいたもの、などがこちら

小物あれこれ.JPG

呼吸器と目を守るために

防塵マスク&ゴーグル

それに

手を守るためのグローブ3種

防災トイレ

もちろんこの箱はヘルメットには入らないです


グローブ3種.JPG

グローブ多いですね

息子と私2人分で6双

もちろん手は2本ですけど〜( ̄▽ ̄*)


なんでこんなにあるかというと・・・

かわいい水や薬品を想定して一番厚手のゴム手袋(オレンジ)

かわいい熱いものやとげとげしたもの対策の

分厚い革の手袋(手の甲が白いもの)

かわいい丈夫な作業用軍手、指先はゴムで覆われています

防寒&蒸れ防止、汚れ防止に役に立つかな

・・・と考えたからですひらめき


多く持っていれば

自分用だけでなく

必要な人にお貸しすることもできますねかわいい


このほかに

ウエットティッシュやラップ、新聞紙

薄手のタオルや歯ブラシ、石鹸など衛生グッズ

オールインワンクリーム、生理用品など

手に入りにくそうな女性用品

など細々したものがあります







阪神淡路の大震災の時に

まだ学生だった私は

何か役に立てることはないかと

3回被災地に行きました


一人の力なんて本当に微々たるもので

お役に立てた感じは

残念ながらまるっきりしなかったのですが

いろいろなことを学ばせていただきました


その後は

東北の震災後に

1週間だけですが岩手県に


一昨年は息子と熊本へ


我が家の防災グッズは

そこでの気付きによってセットされております


長くなりますので

何を見て感じて気付いたのか・・・

続きはまた明日


ここまでお読み下さり

ありがとうございました








あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように















内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)