2018/08/28 07:54


昨日行った先で

元気にひまわりが咲いていました

KIMG0194.JPG



3メートルほども育っていて

この辺りじゃ珍しい大きさ


思わずパチリ


KIMG0195.JPG

(このへんでは?)ちょっと珍しいタイプも( ̄▽ ̄*)


けれど

蕾もたくさん


ほら、こっちにも

KIMG0200.JPG

KIMG0201.JPG

大丈夫かなぁ・・・


咲き時をのがしてしまった?



まだ、たまに気温がぐっと上がるけど

それでも30度をやっと超えるくらい

暑いよ〜あせあせ(飛び散る汗)ってほどではないのよね


だいぶ涼しくなってしまって

昨日寒かったよね〜

なんて言葉を交わすことも







夏休みが終わって

2週間目


学校でカウンセラーというお仕事を

しているせいもあって

いつも心配なこの時期



テレビでは

子どもの自殺を防ごう

ということで

様々な呼びかけや

子どもの心を救うための

相談できる場の紹介も多い時期


辛い思いをしている子たち

一人で抱え込まないでください


誰かに

寄り添ってもらえるといいな


誰か

気付いてあげてね


と思います



でも、今私が心配しているのは

もっともっと多発していること

身近なこと


夏休みの宿題が終わらずに

学校に行きづらいと

お休みしてしまい

そのまま気まずさもあってか

学校から遠のいてしまう子たち


中には

学校への抵抗もあって

宿題に手が付かない子も

いるかもしれないけれど


宿題さえ終われば

学校に行けるのに

という子の方が

ずっと多いようです



頑張って宿題しようよ

と言いたい?


いえ、それ以上に

言いたいこと


もし終えることができなかったら

「スミマセン!終わりませんでした!」



ちゃんと頭下げよう!



計画的に終わらせることも

スミマセンを言うこともできずに


ばつが悪くて

それが不登校のきっかけなんて

もったいない


と思ってしまうのです







私は

専門学校で

非常勤講師もしているのですが


夏休み明け提出の宿題を

毎年出しています


他の宿題とも重なるので

すべて夏休みに仕上げるのは

それなりに大変でしょう


だから

第1回の授業(5月)に

すでに宿題を出しています

プリントで説明文も書いて説明

提出期日も書いていますし

プリントだけでなく

こまめに声かけもしていました


私の宿題は

ボリュームがあって

それなりに時間が

必要なのですよね



が!

こんなの初めてですが

二ケタに上る人数の学生が

夏休みに

宿題をしてこなかった!!


授業前に3人が

「宿題終わっていません」

と報告しに来て


授業が始まる直前に教室内で

5人が

「宿題終わっていません」

と報告しに来ました


いずれの学生も

「申し訳ありません」と

頭を下げることはできず

ため息をこらえておりました


でも

これだけでは済まなかった!!


報告しに来ただけ

まだましだったのです



集めてみると

少ない?

数えてみると

報告をしにきた学生の数を加えても

明らかに足りない


「出していない人は?」

と手を挙げさせると

さらに数人が手を挙げる

マジかexclamation&question



宿題を終わらせられなかったことも

問題ではあるけど

その何倍も問題だよexclamation&question


君たちもう少ししたら社会人だよ

責任ってものがわかっているかなぁ


頑張って自分のするべきことをするのは前提

もしもこなしきれないのなら

早めにスミマセンと頭下げないと

大きな問題になっていくよ?

こんなんで大丈夫かなぁ


↑その時の私の心の声



心の声は抑えて


「社会での責任」について話し


責任を果たせなかったときに

どう取り返すか考えなければいけないよ


遅れたけどやったからいいでしょ

では済まないんだよ


こういう時は

どうすべきなのか

どうしようと思うのか

書きなさい



やってこなかった学生に

こんな課題を出しましたら


反省している学生も多いのですが

逆切れコメントが数件


宿題がたくさんあって

大変な気持ちも分かってください



説明が悪いんです
たぶんプリントを読んでいないのですね


やり方が悪いんです

学生の意見も聞くべきです


など


本当に

大丈夫なんでしょうかねぇ


ほぼ毎回

授業が終わるたびに

宿題について

「困っていたら相談においでね」

「早めに計画を立ててやるんだよ」

「早く出してもいいよ」


など

声を掛けていたのになぁ


本当に心配です



担任や校長と相談しながら

今後の対応を

決めましたが


私が特に心配している学生は

他の授業でも

やっぱり

何かしら抱えているようです


課題をこなすことも大切ですが

それ以上に

大切なこと


社交辞令でもいい

ちゃんと

「スミマセン」

「申し訳ありません」

が言えること



とってもとっても

大切だと思います


あなたがお母さんだとしたら

お子さんが

素直に「スミマセン」って

言える人になることを

応援してあげてほしいなぁと思います


課題の仕上がりよりも

もっと大事


失敗しないことよりも

失敗したときに

挽回できる力の方が大切


今の子たちは

ちゃんとできているか

の方ばかり気にしていない?


人はむしろ

ピンチを切り抜ける力の方を

見てくれる気がするんだけどなぁ


ちゃんと切り抜けられる!

という自信があれば

チャレンジが怖くなくなるしね


頭を下げても怒る人って

そんなにいないと思うんだけどな


ちゃんと

スミマセンって言えれば

たいていのことは

「しょうがないなぁ」とか言いながらでも

許してくれると思うんだけどなぁ








今日

学生たちにまた

会います


今日の反応が気になります



ちゃんと「スミマセン」を言うことが

とっても大事だよと

言いたいけど


「私に謝れ」と言っているようで

言いにくいんだよね


他の人に対してなら

絶対に言うんだけど

スミマセンの対象が

私自身となると

難しいな



なんだか私の方も

気まずい( ̄▽ ̄;)笑



そうもいっていられないので

何とかしますけど



KIMG0196.JPG

ちょっと恥ずかしそうに見える( ̄▽ ̄*)笑


学生たちを

咲きそこないにしないように


KIMG0202.JPG


ちゃんと

咲けるように


導いていける先生になりたいけど


これってとっても

ムズカシイ


私も試行錯誤中




今日は愚痴っぽくてスミマセン


読んでくださって

ありがとうございました








あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように


























内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(8)
カザハナ30さん

コメントありがとうございます_(._.)_
他人にではなく、我が子に、
冷静に「怒る」ではなく「叱る」ができるカザハナさん、ステキね!
「怒り」を(´〜`)モグモグ食べちゃうとこ、
想像してウフフって笑っちゃった(*´艸`*)

生きていれば怒りは感じるもの、でも感じた怒りをどうするかは
その人の価値観や生き様を反映するのですよね。
カザハナさん、すごいなって思いました!
私も怒りに任せてその怒りを放出しないように気を付けています。
怒りって、口にするとさらに増幅する気がします。
「誰か私を止めて〜」みたいになっていきません?
それが嫌で、怒りながらしゃべらないようにしてます。
↑自分のためね(笑)
怒りはないけど、すぐに気持ちが収まらない時に涙が出ちゃうのは
私も!って共感〜(*´艸`*)

若いときって、「自分が正しい」って思っちゃうもの
でも、大人になって多角的にモノを見れるようになると、
相手の立場もわかるようになるから
「私はこう思うけど、あなたはあなたで言いたいことあるよね」
ってわかるようになって、少しずつ丸くなるのでしょうね。
私もそうだったと思うもの。
私以上に「自分が正しい」の母だったから(今もだけど)、
早くに「諦める」が習慣化して、人とはぶつからないで済んだけど(笑)

「種は一粒では芽吹けない」って、おもしろい!!
なるほどな〜って思いました。
ミニトマトは丸々1個に入っている種から、成長できるのは1本だけ
って聞いたことあるけど、これもそうなのかな?

私の言葉から「大人として大切なこと」を学べたと言ってくれた学生達は
きっと、今までにいくつか蒔かれた種とともに芽を出したのね。
今はまだ芽吹かない(ように見える)学生も、
そのうち別の機会に別の種が芽吹くための力添えになるといいな。

私は、学校の先生方と話すときによく
「種まき種まき♪」って言います(←私から生徒にする働きかけに対して)
だからカザハナさんの譬えがなんだかとってもフィットしました*^^*

これからも子どもたち・学生たちに、種まき♪していきます(^^♪
芽が出ないからってイライラしない、のんびりやの舞でした(*^-^)/"
舞さん

何だかタイムリーな話題だったのでつい、コメントをしてしまいました。
今日、ブログを書いてて、先ほど書き終わり、舞さんのブログへ遊びに来たら、、、

ワタシは幼い頃は、大分と尖っていました(笑)
「自分が正しい」と常に思ってたんですね。

今思うと、それはどうかなぁ〜と思うような事も正義だったりしました(笑)

でも、何だかんだの人生を進むにつれ、そのモノサシには変化が。
ひとつひとつの経験が、大人になる糧ですよね。
舞さんも学生さんたちに、糧となる種を蒔いている。

種は、面白い事に、
一粒では芽ぶけないモノもあるんです。

種を出す前の形から想像できるのですが、分かりやすいとこでいくと、枝豆。
鞘の中に3〜4個一緒に収まってます。

そのまま、土に開けた穴に3〜4個まとめて入れて、土をかぶせると、その種が力を合わせて土を押し上げて芽吹く。
1粒では無理なんです。

舞さんの蒔いた種は、学生さんたちが今後社会で生きていく中で、色んな種と混ざっていつか芽吹くのかもしれませんよ〜。

すぐに応えはでないのかも。
でも、子供たに芯のある種を蒔いた舞さんが頼もしい。

子供をもつ母の1人として、感謝です(*´꒳`*)

danngoさん、こんばんは☆彡
丁寧なコメント、ありがとうございました_(._.)_

怒って話すのは好きじゃないんで、
「ちょっとクールダウンしてきます」って、いったん退室しました(笑)

とりのさんへのお返事に書きましたが、
無事ほとんどの学生が課題を出してきました。
内容はとてもいいのに名無しのごんべさんと未提出の学生が一人ずつ。
逆切れさんの一人は、このどちらかです。どっちかな〜?
そして、昨日提出した中で一番真剣にやって来たのが、
反省を述べつつ、一番言いたいことも書いてきた人。
面白いもんです。

「社会の問題」。私も感じています。
今年の学生のほとんどが3月に高校を卒業した子たち。
「特別支援元年」と言われている年に、小学校に入学した子たちです。
当初先生方、特別支援って何するの?的に始まって
「無理をさせない」「できていないことが目立たないように」と、
指導の方向が極端に「児童生徒を守る」になってしまったように感じました。
今はもう少しバランスがいい指導になっていると思いますが
(地域差はよくわかりませんが、いずれも私の印象です)
この学年の前後から
「わかりません」「困っています」「すみません」
が言えない児童生徒が急増したと感じていたのですよね。

一方、できる子たちのできる度合いもビックリするほどだったり。
「2極化していますよね〜」なんて話題になることも。

個々の能力の差は仕方ないとして、
甘えが当たり前になってしまって伸びなかったとしたら
もったいないなぁ〜と思います。

課題ができない学生については、
課題が多いのは確かにあります(いくつも重なっているので)
「夏休み明けは宿題が重なり、その後テストも重なりますから、
計画的にやらないと大変よ」と伝えていたけど、
これほどとは思わなかったみたい。

danngoさんが考えてくださったことに加えて、
*出さないと単位がもらえないとわかっているモノを優先した
*前日(夏休み明け1日目)にテストが一つあった
というのも理由にあったみたいです。
そして、「まぁいいか」という雰囲気が蔓延している。
       ↑これが私の懸案理由です↑
私も「課題を出さないってことは、単位は要らないって判断しますよ」って言ってみたんだけどなぁ。(なめられてる?( ̄▽ ̄;)笑)

解決方法のアドバイスもありがとうございました。
来年は、夏休み前までにしようかと、考えています(今のところ)
いっそのことやめちゃおうかとも思ったけど、気を取り直しました。

例年通りとも言えるけど、今年も、やる気がある学生は、
本当に素晴らしい出来のものを提出してくるんです。
そして、そういう学生さんたちは、途中で相談や報告や、
こうしたいけどどうでしょう?って確認に来るんですよね。
やる気があって頑張る学生を応援する方を重視したいなって
思っているんですよね。

いかにも「やっつけ仕事」のけっこう人もいるんですけど、今まで、提出さえすれば、不出来についてダメ出しはしたことないです。
でも、「最低限はクリアする」(期限を守るとか)ができないと、
実習に出た時に、本当に泣いているし、合格がもらえない人もいる。
手とり足とりやった方が確実ですけど、
現場で使える人にはならないから、悩みどころです。

実は、1年半後には「先生になる子たちなんです。
他の分野と違って、ある程度の責任感や実行力が、
社会人1日目から求められるお仕事を目指している、
そういう学生なのですよね。
danngoさんも、娘ちゃんの担任が、こういう先生だったら、
イヤだな〜って思いますよね。
たいてい1年目から、いきなり担任しますから。

多くが生まれて初めて、家から離れて仲間や先生と過ごす、そんな可愛らしい子たち。そんな幼児を預かる立場になる学生なので、わざと、ちょっと厳しめにしているのですよね。
中高生時代から私を知っている学生には、
「イメージが全然違う!」って驚かれます(笑)
(かといって、無理しているわけではないのですけど)
学校から厳しくしてくださいと言われているわけでもないので、
課題だって、本当はやめちゃってもいいくらいなんですけど、
基本甘々で育ってきて、専門学校も甘めなので、
実習先で「使えない」「困る」と言われる学生が多いことを知って、
へんな使命感でこうなってしまいましたf(^^;)
で、甘えんぼちゃんたちに、ため息ついちゃうのです。

これからも試行錯誤しながら、私のストレスにならないように
気を付けようと思います。
でも、学生たちには、やっぱり「素敵な先生」になってほしいから、
甘えはダメよって言い続けていそう( ̄▽ ̄*)笑

課題提出そのものの話になっちゃいましたね。
課題をしてこなかったけど「これじゃだめなんだな」って気付いて
これからに活かしてくれる学生がいればいいな。
ちゃんと認められて、信頼される人になりたいな、
そう思ってくれるきっかけにできたなら、
指導した甲斐があるのですけど、どれくらい伝わったかな。

最後の授業が残っています。
課題をしてくることも大事だけど、
出来なかったときは頭を下げながら「スミマセン」と言えることが
できる人になってください、と言おうかな。
私が一番気になるのは、やっぱりここなのでね。

ノートの加点、私も同じ考えです!なんか嬉しい〜♡
テストも、書けば書くほど、その分加点してあげるので、
今までの最高点は118点!(←100点満点で)
毎回100点越えが出ます(笑)
やることはやりなさいと言うけれど、
やったことはできるだけ評価してあげたい派です*^^*

頑張る学生にすると、やらない人を甘やかすのは納得いかないので、
ちゃんと筋の通ったことを言ってくれる先生!って言われます。
それに、自分が頑張ればめっちゃ評価してくれる♡って、
私のこと「好きな先生」と思ってくれています。
面倒なことを避けたい学生にとっては、
うざい存在なのは間違いなし!ですどね(笑)

色々ありがとうございました*^^*
それと、コメントで呟くことで、より気持ちの整理もついたかな。
本文並みの長さのお返事、ここまで読むの疲れちゃったら
ゴメンナサイm(_ _)m

acoさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございました♡

優しいお言葉、ありがとうございました!
顛末はとりのさんへのお返事に書いたので省略させてください。
それと、年長さんのかわいい反撃についても同じく*^^*
そのうち、おおごとになったり、恥ずかしくなって収まるのが
通常パターンでしょうか。
今のうち「そうくるか〜」って、楽しんでおくといいかと*^^*
後で笑い話になるかも〜(←嫌がられるパターン?笑)

逆切れの学生のことを書きましたが、
私のメッセージをちゃんと受け止めて、
「このままでは社会ではダメなんだと学びました」
などと書いてくれた学生、ちゃんと反省を書いてくれた学生の方が
実際は多かったです。言葉足らずですみませんでした。

「美味しいものを食べて リフレッシュ」!
そうね〜!(*’▿’*)! ってその気になって、
先日の写真のチョコ&ミンティケーキを買ってこようか
それともシュークリームの方にしようか、
悩んでいます( ̄▽ ̄*)笑←単純
でも、今日はもう夜遅いので、明日にします(≧▽≦*)
とりのさん、こんばんは☆彡
コメントありがとうございました♡

学生たちには、無事伝わったようで、
昨日、一人を除いてみんな課題の提出ができました。
一人名無しのごんべさんなので正確にはわかりませんでしたが、
逆切れした学生も、頭ではわかっているのかな?やってきました。
先週の段階で、少なくとも半数は全く手を付けていなかったので、
ちょっと心配しましたが、根性入れてやって来たようです。
たぶんその気になれば5時間もかからずできてしまうのですよね。
夏休み前から本気で取り組んでいた人たちは、
その何倍も手間と時間をかけたであろう出来*^^*
頑張り屋さんもちゃんといて、嬉しい♡
(そういう学生は、たぶんそれなりに楽しんでいたんじゃないかな)
自分のできる範囲でいいので、やろうとすることが大事、と思います。

私は辛くなっていないので、大丈夫です!
優しいお心遣い、ありがとうございました♡

年長さんの言い訳は、成長の証。
うっかりしてしまったおもらしを、まだオムツの弟や妹のせいにしたり
必死の言い訳がかわいいお年頃と思います。
イロイロ、ちゃんとできていたい気持ちの表れ。
それに、知恵がついてきた証拠。
頭隠して尻隠さず的な言い訳が面白かったりしません?

自分で判断して「ごめんなさい」が言えるようになるのは、
もう少し先なのかもしれませんね。
委縮して謝り続けられても嫌でしょうし( ̄▽ ̄;)笑
小学生になるとまた変わるから、高校卒業した子と比べて
同じだ〜って心配しないでね。
あ、ちょっと違う?心配じゃないのかな。
高校卒業した子たちが、園児と同じなのか( ̄▽ ̄;)笑

我が家の息子は、しょっちゅう誤っている母を見て、
謝ることは屈辱ではなく人間関係の潤滑油、と覚えてくれたみたいです。
ちょっとおっちょこちょいな母で、かえって良かったみたいです( ̄▽ ̄*)笑
お疲れ様でした。感情的にならず冷静に対応されただけでもすごいと思います。

ただ、この問題は学生の心構えがどうのということではない気がしますね。そもそも子どもの数が少ない若い世代では、「大人が先回りして何でも準備してあげる」というのが当たり前になっていること。自分の不手際でも、今までは親が頭を下げてくれたのでしょう。社会の問題です。

消極的な性格で、申し訳ないと思っていても自分からは言い出せないのかもしれないですね。

課題が出来ない学生が多い点については、
1.5月に課題を提示することによって逆に油断してしまっている(もしくは忘れてしまっている)
2.課題の量が多すぎる(舞さんにもご自覚がおありのようです)
3.学業以外のことで忙しい(私の学生時代はこれだった…)
4.完璧主義で、一応終わっていても納得できず出せない
などの理由があると思います。

解決方法はすでに相談されているとのことですが、私の考えることを書きますね。
1.課題を5月から全員スタートさせ、定期的に途中提出を義務付ける
2.課題の量をできるだけ絞る
3.課題が終わらなかった場合のペナルティ(減点・追加レポートなど)を事前に明示しておく(報告や謝罪の必要性もここで述べる)
4.課題の評価方法を教えておく。どんなに内容がひどくても減点はしないと伝える。

人生の先輩に対し、差し出がましいことをすみません。「なぜここまでしなくちゃならないの」「自分で考えて自分で責任を取るべきでしょ?」とお考えかもしれません。でも相手は高校を卒業したばかりのお子ちゃまです。社会のルールは、心配せずとも社会人になれば身に着きますから。

ちなみに、私は教員時代ノート提出を義務付けていましたが、「どんなに滅茶苦茶でも、ほぼ真っ白でも必ず2点以上加点するから」と言ったら9割以上の生徒が提出していました☆ご参考までに。

舞さん お疲れ様です。

逆切れ嫌ですね〜・・・

私は 「謝ればいいや」と開き直って放置するダメ学生で
宿題をやるより 廊下で正座の方が良いと思ってました(^_^;)

で そういう 嫌なものを後回しにする性格で、社会に出てからホント苦労したわけですが

そんな私を見て 先生は どんな気持ちだっただろうと
今になってお詫びに行きたくなりました。

うちの娘(年長さん)もよく逆切れして人のせいにするんですよ
とりのさんのコメントを見て「あ 一緒」と思いました。

「片づけなさい!」「片づけたもん!ママがまた出したんでしょ!」とか(笑)
ひどいものだと 転んだ時に 「後ろから誰かが押した」などもあり 困っています。
転んだ照れ隠しを 人のせいにしたらちょっとした騒動になりますし。

今後 心から謝れる子に育てることが 私の課題ですね。
頑張ります。


5月中に課題を出してくれる意味
課題についてプリントで説明してくれる丁寧さ
授業ごとに 声掛けしてくれる優しさ
舞さんのそういう細やかな心遣いに
学生さんが気づいてくれたら良いのに と願うばかりです。


ため息を堪えて学生と接した舞さん ステキです。
美味しいものを食べて リフレッシュしてくださいね。


aco
 私はずいぶん駄目な学生でしたが、やる気はなくとも逆ギレする事は無かったので、「うわぁ……」と思いながら読ませていただきました。

 お世話になってきた先生方のご苦労が、今になって沁みてきます。

 多分、全てにおいてズレた認識のまま育ってきてらっしゃるんでしょうね。
「大事にされる」のされ方、受け取り方が、「世界は自分が中心!」っていう方向に向かってしまった感じで……。

 逆ギレコメントが、年長の息子のセリフと完全一致で笑ってしまいました。
 最近すぐ人のせいにするんですよ。お母さんが悪い! と。そうじゃないでしょ! で、喧嘩になります。
 同じだ……。
 
 まだお若いので、社会に出てから揉まれて立派になっていくのかもしれませんが(私も未だに立派にはなれていないんですが)、ごめんなさいは大事ですよね。
 相手にもそうだけど、自分が反省するという意味で凄く大事だと思います。
 
 舞さんのお気持ちが、学生さんに少しでも伝わりますように。
 そして、もしあまり伝わらずとも心が辛くなりませんように。
 ごめんなさいが言える子になるように育てなきゃなと思いました。できるかなぁ……。