2017/10/23 22:57

ずっと気になっていたもの

やっとやっと

昨日

整理しました


祖母から譲り受けた

お裁縫道具



主に糸

それに針やチャコなどの道具

戦争をはさんで

ずっと大切に使われていた者たち

祖母が忙しい時は

今は80台の伯母が

年の離れた妹たち(私の母親や叔母)の

服を縫ってあげていたんですって


ちなみに私の母親は

戦争が終わって1年もしないで生まれています

9月までやっていた「ひよっこ」の

みねこちゃんとたぶん同い年



話がそれました

祖母からは

私がどうしても欲しかった

足踏みミシンと

おまけで

裁縫道具の引き出しを

形見としていただきました


趣ある糸巻き.JPG

木でできた糸巻き


一生分ある!.JPG

手前3列が祖母の若かりし日の物

伯母は昭和ひとケタ生まれなので

その前後の物


糸巻きはすべて木でできています

写真では分かりにくいけれど

絹の糸はうっとりするほどの光沢

今でもとても美しい



手前から4列目は

今よりはずっと古いけれど

プラスチック製の糸巻き

伯母が使っていたものですね、きっと


一番奥のちらりと見えているものは

わたしのものです


趣のある糸たちと並べてみたら


なんとも安っぽい





そして手縫い糸も


古い糸.JPG


見ているだけで嬉しくなってしまう

ボール紙に書かれた文字

わたし

こういうの大好きなんです


やっと整理した糸.JPG

左の手前2つだけ私がだいぶ前に買ったもの

それ以外はみな

祖母や伯母の使っていた

古いものです





かつて一度ざっくり整理して

明らかにいらないモノは処分していたのだけれど

残ったこれらがバラバラに入っていて

糸もほつれて絡まりそうだったし


ずっと気にしてはいたものの

ほったらかしだったのです


もともと自分が持っていた裁縫道具もあるので

ちっとも困らなくて


けれど・・・

やっと重い腰を上げて整理しました






一生分ある!.JPG


綺麗に並べて見入っていたところに息子くんがやってきて

面白がって引っ張り出したり

古い手縫い糸の糸巻きに

和歌のような文が書いてあるのを見つけて

糸を少しずつずらしながら読んだり



「すっごいお値打ち品だね〜」

と感心しながら

古い道具を一つ一つ調べたり


そうそう

どう使うものかよくわからないものもあって

次はそれらを載せてみます

どなたか使い方を分かる方が

いらっしゃるかもしれないから






それからね

糸などが入っていた箱をひっくり返して調べ始めたの


私は気付かなかったんですけど

息子くんが箱に押された日付を見つけて・・・


賞味期限かな

昭和19年の箱.JPG

19年3月18日

もちろん平成じゃないので

・・・・・・

?!?!?!?!?

これって



昭和?

それとも



西暦?


1919年なら

98年も前になる

まさか!!

昭和19年にしても

70年以上前のもの



 古過ぎ!!

でも

お裁縫道具は

戦前から祖母が使っていたものと考えると

やっぱり戦時中の物なのでしょう





↓ 他にもこんなのが ↓

チョコレートの小箱?.JPG


英語が書いてある・・・

さすがに戦後の物でしょう


読みたくなっちゃう.JPG

息子くんが面白がって読み始めたの

どうやらチョコレートが入っていた箱らしい



↓ そしてこれ ↓

ぬれ甘なっとうの小箱.JPG

ぬれ甘納豆


六花亭の包装紙に似ていません?


もしかしたら昔の六花亭のパッケージ?





息子と面白がってあれこれ想像するのが

とっても楽しかったけれど


アレルギーのある息子の様子があやしいので

処分しました





他にも絶対使わないものはさよならしましたけれど


これは悩み中


私は使わない・・・

けど


どうしたらいい?.JPG

ドド〜ン 



祖母や

マメな伯母が

着なくなった服のボタンを

同じ者同士糸でつなげてとっておいたのかな


かなり昔のだな〜というものも多い


処分しようかなと思ったけれど


「メルカリで売れそうだね」

と息子も言うの


まさにそれを思って

こうしてあるのです(笑)


結構重いです(笑)


以前、た〜くさんのボタンを

ぎっしり縫いつけてあるバッグを見たことあって

↑ 壮観でしたよ〜(笑) ↑


好きな人なら楽しく使えるかな?


誰も欲しがらなかったら

その時に手放そう





スマホ検討中のわたし


決断の時は

もう少し先になりそうです



それにしても





たくさんの糸





布や糸を使うのは好きだけれど





一生分ある(笑)




息子が言いました


 

「お母さん

同じ色の糸は

残りが少ないものから使うんだよ」




「ぶはっ」


何だか

子どもに余計な念押しをするお母さんのような(笑)



たまに親子逆転する

うちの親子でした(笑)








あしたも

あなたとあなたの大切な人に


笑顔の輪が広がりますように






















タグ(関連ワード):2017個
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
ママリッキーさん

そう、お宝の山♪ (糸はお宝と思っていました♡)
糸は使っているのですが、そのたびに、わたしこんな贅沢なものを持っているのに、キレイに整理していなくて、宝の持ち腐れだな〜と思っていて。

ママリッキーさんが数日前にかわいらしいミシンと飾りたくて・・・
と求めていらした糸を見て、忙しさにかまけて放っておいてきた自分を反省したのでしたf(~_~;)
重い腰をこのタイミングであげたのは、じつはママリッキーさんのあの記事のおかげでした。

ボタン、「ビンテージボタン」と呼んだらめっちゃカッコいい!!(笑)
実際、カッコいいボタンも紛れています(^-^*)
ボタンはたぶん昭和30年代の物が多いと思うのです。
伯母がミシンを踏んでいたのは30年代中ごろまでだと思うから。

わざわざ買いたいと思う方、やっぱりいるのですね。
わたし、「洋服は縫わないし、どうしよう・・・」程度。
やっぱり宝の持ち腐れですね。
バチが当たっちゃう?

次の記事の道具の中に、正体不明の物が…。
ママリッキーさんならご存知かな?
もしご存知なら、教えてくださいませ♡
木製のミシン糸♪
こういうの大好きです^ - ^
私から見たらお宝の山!
古いボタンはバラバラの物でも
ビンテージボタンとして
幾個かを袋詰めされている物を買ったりしてました。

お祖母様もきっと
お孫さんのマイさんやひ孫ちゃんが
手にして、
思いを馳せてる事、きっと喜んで
いるでしょうね^ ^