2016/03/21 10:00
サンキュ!ブログをご覧の皆さま、こんにちは!

本日から5日間、
『Dailyサンキュ!』を担当させていただくことになりました、
 sev と申します。


Dailyサンキュ!という大役を務めさせていただくことになり、
えええ!私で良いのッ?!と内心ドキドキしておりますが、
せっかく頂いたとても貴重な機会、
自分に出来る精一杯で務めさせていただきたいと思います!


あまり認知度(…つまり、アクセス!笑)の無い私。笑
初めましての方がほとんどだと思いますので、
まずは自己紹介から・・・


30歳、射手座のA型、動物占いは狼です(古)。

5歳(4月から年長)の、おしゃべりで大人びた娘と、
1歳のおっとりニコニコ癒し系な息子、
そして、マイペースでオシャレな2歳年上の主人との4人家族です。




そんな我が家は、日本全国を移動する転勤族!
現在住んでいる大阪で、結婚6年にして4ヶ所目になります。


というわけで、私が務める今回のDailyサンキュ!のテーマは、
    『 転勤族 』


実は、サンキュ!3月号の転勤族の特集、
『「転勤族の妻」に学ぶ生活の知恵』にも登場させていただいたので、
ちらっと覚えてくださっている方もいらっしゃるかも?!
1.jpeg

今回はもうちょっと深く掘り下げて、
転勤族のあんなこと、こんなことについて書かせていただきます(*^^*)

転勤族の方は「あるある」的に、
転勤とは無縁な方も、
「こんな生活の人たちがいるんだな〜」という感じで
お付き合いいただけたら嬉しいです♪




初日の今日は、自己紹介もあって、長〜くなってしまいそうなのですが、
(脱線するのが大好きなんですー(´∀`; )笑)
転勤族ってこんな暮らし
というのを紹介したいと思います。



転勤族って、どんな職種の人たちかというと
多くは、金融系・メーカー系・生命保険・MR・国家公務員・商社など。
(もちろん、それ以外のお仕事の方もたくさんいらっしゃいます)
全国転勤もあれば、海外勤務ありの場合も、エリア内、県内での移動のみなど、
様々なスタイルがあり、その周期も違います。


我が家は、主人が金融関係の仕事をしており、
全国転勤、周期も3年以内と、割とハード目の転勤スタイル。笑
(個人的には、海外勤務のある商社・メーカーさんは本当にすごいと思います)
・・・そして商社の方は手当てがすごいらしいので羨ましいとも思いますw


先程書いたように、約6年の間に4カ所移動しています。
群馬県太田市(3年)→福岡市(2年)→静岡県浜松市(1年半)→大阪府と、
カウントダウンのような年数での引越しです。

でも実はその前にも、当時は彼だった主人に付いて、
東京から群馬へと引越ししているので、実質5カ所目だったりします。
もっと言うと、実家は山口県下関市な上に、
就職した都内でも1度引越しているので、引越し回数でいえばなんと6回目w



そんな私ですが、
転勤族になることを覚悟して転勤妻になったわけではありません。
(転勤族の妻のことを『転勤妻』、更に略して転妻と言うとか言わないとかw)


元々、出会った時の主人は不動産会社に勤務していて、
普通に都内で働いていたんですよね。
でも、色々な要因で転職を考え、
その結果、金融機関に勤めることになったのです。

この時もまだ私は、金融機関=転勤族だとは気付いていません。
主人はさすがに気づいていた…はずですが、特に伝えられる事もなく…
「初任地は群馬だって〜」と、
当然のように連れて行かれました。笑


そして、徐々に気付いたわけです。
「またどこかに行くんだろうな・・・」と。
・・・我ながら遅い。能天気だ(-_-;)
まぁつまり私の場合は、気づいたら転勤族だった、というのが
正しい状況なのでした。笑



主人の会社の場合、辞令の時期、というのはありません。
毎月誰かが異動します。
大体このくらいで…というのもなく、
本当に、ある日突然転勤が言い渡されます。

最初の頃、「まぁ大体3年くらいで」なんて言われていたので、
福岡にいた頃なんてのは油断しきっていて、
友達と「あと1年くらいか〜。いっぱい遊ぼうね!」とか話していたのに、
突然「転勤決まった」と言われて、
もう「・・・・え?今なんて・・・?」って、心臓ドキーーーーン!!


あれは忘れもしない2年前の3月の半ば。
娘の入園式を翌月に控え、入園準備も整ったある日、
最後のダラダラ生活を過ごそうと、実家で帰省していた時です。
ゴローーーンと寝転がったまま携帯を触っていたら
主人から電話。
「まーた何か買ったな…(主人は浪費家w)」
っと思いつつ電話に出たら、まさかの転勤で・・・

部屋に響き渡る声で「ハッ???!」と叫びました(^◇^;)


年中まで居られないだろうけど…と思いながらも、
初めての幼稚園選びは気合が入り、
娘にピッタリだ〜!と確信を持って選んだ、お気に入りの幼稚園。
入園金も払ったし、制服だって頼んだのに…!

っていうか、出産どうする(゚Д゚)!!?

はい、私はこの時点で妊娠6ヶ月。
福岡にも3年居られると思い、計画的に妊娠したつもりでした。
実家が近い今だ!!と思っていたのに…

ぜ・・・全部パァだーーー!!!!



この頃の私はまだ初々しいですね。笑
でも、そうは言っても切り替えの早さは当時から抜群ですよ(OvO)

ぎゃーーーー!!と一頻り叫んだら、・・・まぁしょうがないか、
と落ち着き、すぐに幼稚園に電話。
そこからは、新任地の幼稚園探しと家探しに没頭。

辞令から引越しまで、2週間。
主人は辞令の翌日から転任先に行くことも。
(引き継ぎ1週間ずつ)
一応、家族は月末まで粘れるようですが、
面倒なのでいつも同時に引っ越します。



これが、転勤族の『辞令が出た日の一コマ』です。笑


今でもやることは同じですが、
(その時関係しているところへの連絡と新任地の検索)
もう日常的に油断してはおらず、
いつ辞令が出ても「お、来たかー( ;´Д`)」と、
まぁ受け入れられるようになっています。

もちろん、とても寂しいのですが、
悲しんでいる場合ではない、と言うのが実際のところかもしれません。

辞令が出たら、その瞬間から、
やることが嵐のように降ってきます´д` ;
なので、自分が今いる場所よりも、新任地の方に気持ちが流れ、
寧ろ早く全部終わらせたーい!早く行きたい!
という心境になるのです。


もしかしたら、転勤族あるあるなのかもしれませんね。


ほかにも、あるあるといえば

・荷造り、箱詰めが上手くなる
 旅行用トランクの詰め方も上手いですよ〜
 クローゼット内での、ダンボールテトリスも得意w
・大きな家具は買いにくい
 壊れても諦められる価格のもの=組み立て家具が基本です。
 カラーボックスや、衣装ケースが多い。
 IKEAとニトリ様様!
・カーテンがちぐはぐ
 丈合わないけど買い直すのも勿体無いし、窓の数も違うし・・・
 ちなみに我が家は、未だにカーテン着いてない窓がいくつかありますw
 最近の家はシャッターや透けないガラスがあって助かってます!
・郵便番号と番地の数字が、こんがらがる
 語呂合わせを考えるのも上手くなってきました。笑
・ポイントカードが中途半端なところで終了
 使わないと思って捨てたら、次の次の県にはお店があったり(^◇^;)
 作らないでいようかな…と思うけど、やっぱり作っちゃいます!笑
・免許証の裏が住所で埋まる
 免許の更新頻度より引っ越し頻度の方が多いw
・久々にあのお店に行こうかなー♪
  ・・・あ、ここじゃなかったわ・・・
 あれ?あのお店入ってなかったっけ?ってことよくあります(^◇^;)
・全国のアウトレット制覇も夢じゃ無い
 全34店舗中、現在21店舗制覇してますw
・観光地などでの「どちらからいらしたんですか?」の返答に迷う
 ex,奈良で聞かれた→「…大阪です」→相手「…(近いとこからだった(´・_・`))」
 →気まずい空気
 →「いやっ、転勤で!最近きたばっかりで!だからあの、浜松から来ましたっ!!」
 ex,ナンバーが遠いから→「そんな遠くから?!」
 →「あ、転勤で…今日は結構近くから来てます…」「あ、そうなの…(´・_・`)」



などなど。。。
わたし的あるあるではありますが、
共感してもらえたり、あ〜ありそう〜!と思ってもらえたら嬉しいです。笑



初日からとんでもなく長くなってしまいましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回は、転勤族のメリットについて書いてみたいと思います^o^


Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)