2011/10/04 21:01




サンキュ!11月号の「アラフォーママへの特別編」の中で

いくつか私が撮ったスナップ写真が使われているのですけど


その中のこのシングル盤


フランスの蚤の市でジャケ買いし、帰国して聴いたら
フランス語特有の発音のたどたどしさと小さな子供の声が
すばらしくかわいらしい雰囲気をかもし出して

大好きな、そして貴重な一枚となりました。

そしてその後「子供が歌うフレンチポップス」というジャンルを求めて
いろいろな中古レコード店をさまよったり


当時はインターネットもなかったし、
今のようにCDで再発されることも少なくて

とにかく足で探して、偶然の出会いが奇跡的にあるのを願うだけで


でもその分、「これは!」というものに出会えたときの感動は大きかった


残念ながら子供が歌うフレンチポップスはほとんどなかったけど

サントラの中に見つけた1曲や、

外国の子供が日本語で歌うポップスを発見した時は感激でした。








バイト先でかけていたらバイト仲間もこの三つ子をとても気に入って

でも相変わらず、この三つ子に関しては何の情報もなく。


何年か後、その子は音楽の業界の人となり

「あの三つ子の再発ができるように調べたいからレコードを貸して欲しい」
と連絡してきてくれて貸したことがありました。


「あの子達はちゃんとした歌手で、レコードも3枚出してるって!」


残念ながら再発はならなかったけれど
そういう事がわかっただけでもすごい!すごい!

感激したような声で話したことがなつかしい






それから月日が経ち、子供が生まれ
レコードは奥深いところに隠されて手に取ることもなかったけれど


インターネットが普及して、何でも調べられるようになっていて
ふっとこの三つ子達のこと調べてみた。


聴くことはできなくても
ずっと見てみたかった残りの2枚のジャケットを見ることができた


シングルレコードにしては高価ではあるけれど
大人なら買えなくもない値段で売られているのもわかった

田舎にいても、レコード店めぐりしなくても
ネット通販で買えるんだ



すごく便利な世の中だな、すごいなと驚きがあった


でも、あれだけ渇望していたものがあっけなく手に入ってしまう
なんだか拍子抜けというか、寂しい気持ちというか



こんな小さな三つ子の女の子にずいぶん翻弄されたこと
それも楽しかったんだと思った





このレコードはフランス旅行を思い出すだけでなく
帰国してからのこのような物語やときめきを思い出させてくれる

大切なレコードなのです。





ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)