2012/10/19 13:55
先日、研究所の面接に行ったんです。

実験補助だったのですが、応募資格の内容からして事務っぽいんだろうなぁ〜と思って応募しちゃったんですけど

なぜ書類で落ちずに面接に呼ばれたんだ??? 

きっと何かの間違いだ・・と思う程、業務の内容はモロに化け学でして、もちろん惨敗だったのですがヽ(´∞`)ノ



実際の業務の説明として実験装置などを見せてもらったり、実際に研究者の方のお話を聞いたりしました。

こういう機会ってめったにないから貴重ですよね。

なんだか、面接というよりも「社会勉強」させていただきました!という感じでした^^;




で、その研究者の方が業務において


「実験というのは、すごく順番が大切なんですね」と強調していたんです。


順番をきっちりと守らないと、きちんと結果が出ないと。


そのプロセスのことを 「実験はお菓子作りに近いですね」と表現していて、


それはあくまで料理ではなく、お菓子作りだということを強調していました。


料理は違うよ、料理は順番を適当にしても味覚に頼ればそれなりに仕上げることができるけども、お菓子はそうはいかないですから。」


お菓子作りって後から水を足したり味を足したりすることができないし
ほんの少しの誤差でも影響が出てしまう場合もあるし
焼く型の大きさや仕上がりイメージに合わせて最初から段取りを組まないと思ったような結果にならないものが多いので

「きっちり、計画的に進めなくてはならない」というような意味合いなんだと思います。

(実際は料理だって順番間違えたら失敗しますからね。)




お菓子作りと研究実験。まったく違う世界のようで似ている。



私はパンやケーキを焼くようになって、

あー、数学って、科学って。 こんなところで生活と繋がっているのか。と感じることが多かった。

数学に興味がまったく持てなかった私。食塩水の濃度を計算して何が楽しいのか?

立方体や円柱の体積を計算して何が楽しいのか?



ところが、パンを焼くようになり、小麦粉に対して他の材料はベーカーズパーセントという割合で計算する必要があったり

とにかくレシピというのは材料の割合、比率で構成されていると気がついたり。

ケーキを違う型で焼くときはそれぞれの体積を求めて計算して割り出したりする必要がでてきたり。

(それを計算ではなくて、水を入れて体積を測ったりすることもあり)

パンだと場合によっては型の体積だけでなく生地の膨張率も計算に入れたりする必要があることがわかって



こういうことを、その数学や科学の勉強の時に知っていたらもっと勉強が楽しかっただろうに。

興味を持てたら、もっと違う世界に目を向けることもできたかもしれない

感じることも違ったかもしれない。


そんな風に思うlことが多かったです。



なんとなく、お菓子作りやパン作りの「ほっこり」としたイメージは理数系とはかけ離れているけれども

実はモロに理数系。


だから、勉強しておくと面白いよ。




理数系嫌いの親がずっと後になって感じたこと

子供にはそういう話をして興味を持たせることができたらいいな、と思っています。











ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
★soraさん★

こんにちは。
もぐもぐしているマフィンが美味しそうです^^

材料の代替を考えるにはその物質の性質や化学反応が起きる理由を知って炒る必要がありますよね。

そこまで厳密ではなくても、なんとなく「これとこれは同じような作用をする」ことを私たちは生活の中から学んでいます。
でも、学校の勉強と繋がっているって感じはまったくしないですよね。

科学はまだしも、数学に至ってはよりその傾向が強いですよね。
こういう順序で作って、こんなお菓子ができる。
そのプロセスそのものが数学だったりするようです。

もっと生活と繋がっているとわかったら、勉強だって身近なものに感じられるのになぁ、そんな風に思ったのでした。

by ママーリオ 2012/10/20 このコメントに返信
ママーリオさん、こんにちわ。
今、自分で作ったマフィンをもぐもぐ頬張りながら、ママーリオさんのブログを拝見しました。うーん、なるほどー。お菓子づくりと理数系にそんなつながりがあったとは…。では理数系嫌いの私が作ったこのマフィンも、実は実験の延長みたいなものだったんですねー。

確かに思い当たる節はあります。私がお菓子を作ろうと思い立つときって、だいたい材料の何かしらが切れているんですよね。すると、家にある何かを代用できないかと試すわけです。そのときの心境ってわくわくするし、これでうまくいったらあれにもこれにも応用できるな、なーんて夢が膨らみます(実際は失敗することが多い・汗)
そんなところは研究実験と似ているのかもしれませんね。

日常の行為が意外なものと関係していることがわかって、なんだか新鮮でした。
ありがとうございました(*^_^*)
by sora 2012/10/19 このコメントに返信