2013/12/09 10:20
主婦のための自動車保険シリーズ。


保険料節約に繋がることをいままで書いてきたのですけど、
だいたい項目は出尽くしたので
これからは「知ってると便利かも」とか
「おすすめの特約」について紹介していこうと思います。


今日は東京海上日動の「ちょいのり保険」です。

引越しやレジャーなどの時に
親戚やお友達に一日だけ車を借りたいと思ったことはありませんか。

もしくは、借りたことがあるけど
万が一、事故を起こしてしまったらどうしよう、と
気を揉んだことはありませんか。

その車に保険がかかっていても、
その方の保険を使うことになってしまい
等級は下がるし、翌年の保険料は上がるし。

でも、保険料を安くするために、
たいていのご家族は「家族限定割引」の設定になっていますから
借りたあなたの運転は保障外となることが多いでしょう。


そんな時に知っていると役立つのが
1日単位で加入できる東京海上日動の「ちょいのり保険」なのです。

しかも申し込みは携帯で完結できますのでスピーディ。

車両保証無しのプランなら、1日500円とリーズナブルです。

でも
どちらかというと車に傷をつける心配が大きいと思いますから
車両込みの保障のほうがいいですよね。
そうすると1日1000円です。

それでもレンタカーよりずっと安いのですから。1000円で安心なら安い!


親しい間柄だから借りるのに
何かあって何かギクシャクしたらイヤですよね・・
その後の人間関係を良好に保つためにも
借りる場合は保障の範囲をしっかり確認して
「ちょいのり保険」のような保険でカバーするというのは大切ではないかと思います。



さて、では誰もが「ちょいのり保険」のような保険を使う必要があるのでしょうか?

自分が車の保険に加入している内容によっては
「他車運転特約」が付帯している場合があります。

これは、記名被保険者とその同居の家族(ただし年齢条件や夫婦限定などをつけていたらその範囲内)が他の車を運転してた場合でも、契約内容と同様の保障をするというものです。

というか、実は家族型の自動車保険の場合は
この「他車運転特約」が標準でついていることが多いのです。

証券を見たところでコレがついているのか?
わかりにくいので、知らない人が多いです。


たとえば。

21歳の息子は免許だけ持ってて普段は乗らないんだけど
知らないところで友達の車を運転してたら心配。

でも親が加入している保険で、息子までカバーしている
(例:家族限定、21歳以上保障)
ならば、他車運転特約がついていれば万が一にも備えられます。

※他車運転特約の付帯、保障のルールは各損保によって違いますので
 詳しくは必ず保険会社に確認してみてくださいね。




加入しているものの、内容を把握できてないのが保険というもの・・・

知っていれば安心も増えます。

確認してみてくださいね。



自動車保険シリーズ 1.jpg


ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)