2013/10/28 08:34
主婦のための自動車保険シリーズ。

自動車保険の節約としては等級が高いのが大前提になります。

1年間無事故で等級がひとつランクアップするには
当然、その前の保険を引き継げなければいけません。


皆さんの運転する保険は、ご自分が契約者ですか?

ほとんどの方は契約者が旦那様なのではないでしょうか。


旦那さんが契約者で、奥さんが運転する

普段使っている分にまったく問題ありません。

このパターン

@旦那さんが契約者&記名被保険者空欄(つまり旦那さん)

の場合と

A旦那さんが契約者&記名被保険者は奥さん


になっている場合が考えられます。


どちらも結婚している間は事実上の違いはないんですけど


この違いが出てくるのが

離婚したときなんです=3



等級を引き継げるのは記名被保険者 なのです。


当然、旦那さんが記名被保険者の場合は離婚した奥さんは引き継げません。

6S等級からのスタートになります。


記名被保険者になっていれば、その等級を引き継げます。







しかし記名被保険者になっていたのに、契約者ではなかったためにこんなことも起きる・・・

ちょっと驚いた事例を。(あくまでイメージですが)


記名被保険者になっていた奥さんが離婚後に自分で保険に入った。

当然、前の契約の等級を引き継げるのでそのように手続きしたので

15等級ぐらいだったのです。


ですが、その後の調査により等級が引き継げないことが判明

(保険会社の間で情報交換を行うのです)

記名被保険者になっているのになぜ???


原因は旦那様が離婚の2日前に奥さんを記名被保険者から抜いていた(!)

変更手続き後の通知は契約者に届くので
奥さんは抜かれているのを知らなかったわけです。


で、結局、奥様は等級の訂正が必要になり
6S等級からの改めてのスタートとなってしまったのですが

その差額といいますか、追徴金がおよそ6万円!!


当然、予想外の保険料で「こんなに払えない」となるわけで
保険内容の見直し(車両保険をつけないとか)をすることになりますが

それでも、一度は追徴金を払ってから、変更手続きをして差額を返してもらう段取りになります。


等級を育てること、引き継げることの大切さがわかる事例でした。




確実なのは、「自分が契約者」ということですね・・・。

契約者の同意があれば名義変更できます。



まぁ、離婚しなければ、必要ないことだと思いますが^^;

一応、知識として知っているのもいいかな?と思います。





自動車保険シリーズ 1.jpg




ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)