2015/03/20 18:14
園や学校のイベント、新生活の準備など、春のママは大忙し!
そんなときでも、ラク〜に効率的に食費を抑えている人の
買い物、料理、使い切り、時短のコツを大公開します!

ーーーーー 買い物のコツ ーーーーー
買い物の手間を最小限にしたら
ムダもなくなった!

週1回まとめ買い+必要分だけ買いたすサイクルにチェンジ。
宅配も利用して、ムダ買い予防と時短を両立しています!

IMG_1827.jpg

スーパー
「マイバスケット(R)」に収まる量だけ!
計算なしでラクに予算をキープ


イオンの「マイバスケット(R)」に入る量だけにすると
自然に4000円以内に収まるから、いちいち計算する手間もなし。
袋詰めも不要で、そのまま持ち帰れるので、買い物時間も時短!


生協
定番アイテムは宅配で。
買い物に行けないときにお役立ち


ビールやジュースなど重いものや、卵、納豆、パンなどの定番商品は生協で注文。
すぐ調理できる下ごしらえ済みの冷凍食材を買うことも。


近所買い
無人や再売り場も利用! 新鮮なものを安くGet!


オール100円で野菜を買える直売所を保育園のお迎え帰りにチェック。
「新鮮でボリュームのある野菜が、消費税なしなんて大助かりです!」


肉がたりなくなったら、精肉店で必要量だけ買う

肉は週の後半で買いたし。
「精肉店なら、量り売りで必要量だけ変えるので
スーパーより多少割高でも、ムダが減らせます」


ーーーーー 使い切りのコツ ーーーーー
「冷凍保存&小分け切りなし」なら
ラク〜に使いきれるようになった!

肉や魚はパックのまま保存するから
消費期限をより意識して使い切るようになりました。
野菜も細かく切り分けるより、まるごと保存したほうが長もち!

IMG_1824.jpg

肉は「3日で食べきり」が基本。
だから、冷凍する手間もなし!


「すぐちょうりしたいから、解凍する時間ももったいない!」と
冷凍保存はなし。
見切り品や、消費期限が近いものから使うルールを徹底すれば
献立も自然と決まります。


夕食の煮ものの残りを取り分けてべんとうに

夕食で余ったひじきやかぼちゃなどの煮ものを容器に取り分けるだけ。
わざわざ作り置きはしません。
「そのまま詰められるので、べんとう作りもグンとラクに」


夕食の残り+冷凍活用で、パパッとべんとうが完成!

「朝は卵やウインナを焼くだけ。
煮ものの残りと冷凍食品を詰めてなるべく品数を多く!」。
3人分作っても約15分。
頑張りすぎないのが、毎日続けられる秘訣です。


「あと一品欲しい」ときに役立つ冷凍食品をストック

べんとうのすき間埋めに使う冷凍おかずは
スーパーの半額でーにまとめ買い。
おかずがたりないときにすぐ使える下ごしらえ済みのミートボールなども
必ずストック。


肉や魚もパックのままだから、消費期限もすぐわかる!

小分けにすると、いちいち消費期限の日付をメモするのが面倒。
パックのままなら、すぐ日付がわかり
「早く使い切ろう」という意識も高まります。


しょうがはまるごと水につけるだけで長もち!

葉もの野菜はまるごと専用保存袋に入れるなど、手間のかからない保存を実践。
「しょうがは時々水を交換しながら、つけておくだけで約2週間持ちます」

(実例/サンキュ!サポーターブロガー 中島由美さん)


※サンキュ! 4月号
忙しい春の食費やりくり、今年は断然「○○なし」が決め手でした!より抜粋


サンキュ!最新号の詳しい内容と
ご購入はコチラ!
pho_39_01.jpg


*****************
サンキュ!主婦ブログでも
食費やりくり上手なブロガーの記事を読めます!

中島由美さんのブログ→
img_0_153017.jpeg

西郷美穂子さんのブログ→
2015-03-0420007-thumbnail2.JPG
タグ(関連ワード):やりくり
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)