2015/04/09 10:37

やってみたいけど、ハードルが高そうなDIY。


初心者が特に気になることをまとめました。

 





Q 最小限必要な道具を教えて!

A これだけあればOK!



鉛筆、指がね、マスキングテープ、木工用接着剤、木片、紙やすり、メジャー、
電動ドリル、ドリルビットとプラスビット。

最初にそろえておきたいのは、大別して、印をつけるものと固定するための道具。
「特に電動ドリルは、作業をスムーズにするための必需品。
くぎだと失敗したときやり直しできませんが
電動ドリルならねじの取りはずしもラクだし、仕上がりもきっちり!
最近は1万円台のものもあるので、ぜひ1台はそろえて!」


Q 木材はどんなものを選べばいい?

A 丈夫で反りにくく加工しやすいものがベスト

せっかく手作りするなら長く使えるよう、材料も丈夫でしっかりしたものを選んで。
おすすめは、そりにくくてペイントしやすいシナベニヤ、
木目が美しい針葉樹合板、比較的安価で加工がしやすいSPFの3種。
作るものにあった素材や暑さを選ぶのがポイントです。


Q 作業するとき、室内の防御や服装で気をつけることは?

A 汚れてもいいような服装や、紙を準備して

汚れてもいい服やエプロン着用がベスト。
床を傷つけたり汚したりしないよう
古新聞や段ボールが実などを敷いておくと掃除もラク!
ペイントする際は換気も忘れずに。
また、電動ドリルを使うときは音が響くので夜の作業はNG。


Q 作りたいものが決まったらまず何をすればいい?

A でき上がりのイメージ、サイズを書き出してみて!

デザインとともに、どんんあサイズにするか
木の素材など、具体的なイメージを紙に書き出しましょう。
また、使用する木材のサイズに合わせて、1枚板をどう切るか、
板の組み合わせ方なども細かく書いておくと、材料を買う際の失敗が防げます。


Q 木材を自分で切るのが不安……

A ホームセンターのカットサービスにお任せ!

大きな板をのこぎりで正確に切り分けるのは至難の業。
初心者は、ホームセンターのカットサービスを利用するのがベター。
1カット50円前後で、サイズどおりにキッチリ切ってもらえます。
あらかじめカットするサイズを紙に書き出していくと、依頼もスムーズです。


(教えてくれたのは/「Love customizer」主宰 スタイリスト 石井佳苗さん)


※サンキュ! 5月号
『道具の選び方から、作り方のコツまでこれ1冊で学べます! プチDIYスターターブックより抜粋


サンキュ!最新号の詳しい内容と
ご購入はコチラ!



*****************
サンキュ!主婦ブログでも
DIY上手なブロガーの記事を読めます!

臼井愛美さんのブログ→


タグ(関連ワード):DIY
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(1)
はじめまして。サーポーターぶろがーのひなたままです。

DIYスターターBOOkとブログ読みました♪

ちょっとした家具って意外と高いし、サイズとか合わないので

自分に合ったものが作れそうですね!!

準備するものとか服装とかなるほどという感じで。時間が出来

たら作ってみたいなと思います。

後、女の子がいるのでアレンジでおままごとのキッチンとか作

りたいので参考になりました。

何か自分で作るっていいですね。愛着が出ます。


                 ひなたまま✿
by ひなたまま 2015/04/09