2015/04/30 09:00
こんにちは

GWは全国的にお天気がよいみたいですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ビール日和なこんな日に
「お酒とおつまみの時間」のお誘いです。

テーマは「雨の日がうれしいこと」
ちょっと、季節を先取りしすぎましたかね……



冷ややっこに、いろいろ(スプラウト、みょうが、ごま、もずく、塩とごま油)をのせておつまみに。


I塚は、雨の日があまり好きではありません。
お出かけするにも、家で掃除や洗濯をするにも、読書をするにも
晴れてるほうが気持ちいい気が。

なかなか発想が広がらず……
あえて言うなら、カーテンを閉めて部屋を暗くして、映画をみるにはよいでしょうか。

と、いうことでビールを飲みながら
雨のシーンがきれいだなと思った映画を思い出してみました。


1 ウディアレン監督の「ミッドナイトインパリ」
アメリカから来た主人公が「パリは雨の日が素敵なんだなあ
傘なんかささずに歩くのがいいよね」みたいなことを言って(うろ覚えですみません)
濡れて歩いてましたが、確かに、舞台がパリだとなんだかおしゃれです。
石畳がしっとり濡れている風景がきれいでした。
日本で雨が降った日も、こんな風に景色を眺められたら素敵だな〜と思いながら観ていましたが
そういえば…雨の日にそれを思い出すのを忘れていました(笑)

2 堤幸彦監督のwowwowのドラマ「コヨーテ、海へ」
wowwowのドラマですけど、DVDにもなっています。
音楽もよくて、すごく素敵なドラマです
雨が降り出すシーンを、フロントガラスに雨粒がポツポツあたるところから見せているのですが
そんな当たり前のシーンがとても美しくて
降り始めからザーッと降り出すまでの音の変化も楽しくて
雨って、静かに音を聞くだけでもロマンチックだなと
(で、また本当の雨の日にそう思うのを忘れていますけど 笑)

3 サザンオールスターズがいったん解散したときのライブDVD
私も行きましたが、結構な雨降りだったのです。屋根のない会場だったのに。
でも、解散というセンチメンタルなシチュエーションにはなかなか合っていて
妙に盛り上がりました。雨の似合う曲も、たくさんありますものね。
雨の日にこのDVDを観るのは、かなりいい気がします。

最寄りの駅から会場までの路上で500円のポンチョを売っていたお兄ちゃんが
「おれ、これで家建っちゃうよ」(8万人収容の会場でしたからね)って言ってましたが
建ったのかなあ、カッパ御殿。


雨の日の楽しみ方……思いつかなかったけれど
雨の似合う映像を思い出していたら、楽しむことを忘れていたことも同時に思い出しました。
次に降られた時は、ちょっと試してみたいと思います。


かなり季節先取りですが
ビールをいただきつつ
あえて今から、雨の日の楽しみ方を考えてみませんか?
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)