2015/06/16 19:59


普段の掃除は
はたき+ほうき+雑巾(水拭き)です。




しかし、このほうきとちりとりが、実際使ってみると、我が家には合わなかった。





【◎メリット】

・丸洗いできる
・値段が安い
・柄とブラシ部分が着脱可能
・古くなったらブラシのみ交換できる
・ほうきとちりとりが着脱可能で、
 収納に便利
・見た目がシンプル




【☓デメリット】

・静電気でちりとりにゴミがくっついて、ゴミ箱へ捨てづらい
・ブラシ部分に高さがあるため、掃除できない場所がある


▲この棚の下にほうきが入らない。

メリットの方が多いけれど、数の問題ではなくストレス度が高い。
特に静電気問題(;´д`)

静電気防止スプレーを買うのもなんだし…。
柔軟剤やリンスを毎回ちりとりにつけるのもあれだし…。

よしっ!静電気が起きないといえば、
▼はりみはどうかな?(画像はお借りしました)



かわいい。
絵がついていないのもあるし。
でもこれに合うほうきも買う必要が…。
それに、はりみの色が我が家には合わない。


▼ということで、モダンなデザインのtidyのほうきとちりとりを検討。
買うなら白だな!(画像はお借りしました)



しかし、静電気問題やブラシ部分の高さ問題が解消されるか不明。

そんなこんなで数週間。

夫に相談した結果、これを買うことにしました。
▼iRobot社のブラーバという自動拭き掃除機(画像はお借りしました)


え?自動拭き掃除機?????

床に物がなければ、クイックルワイパー的な乾拭きと、お水をセットすれば丁寧な水拭きをしてくれるらしい。

もう静電気問題とか高さ云々とかどうでもよくなってるΣ(゚Д゚)
なんとまあいい加減な決断!
大丈夫なのか?

自分で拭き掃除くらいやれよ、このクソ美化委員長!と呆れられそう(笑)

まあよい。
例の『棚の下にほうきのブラシが入らない問題』は、棚を除ければいいんだし(ほうきのせいにせず、最初からそれやればいいのにね)。

『静電気でちりとりにくっつきゴミ捨てられない問題』よりもこの機械の方が手入れが面倒くさそうなのにね。

物を増やしたくないとか言ってるくせにね。
そもそも使いこなせるのか?
すぐにぶっ壊れたりしないのか?
(5年保証には入った)


『人間とは
矛盾した生き物である』

って言葉がどこかにありそう。
きっとある。ないなら今できた。

夫はもう注文してくれちゃったので、到着を待ちます。
大事に使おう。
(ほうきとちりとりは、ベランダ掃除用になります。)

▼そういえば、自動拭き掃除機にはインテリアに合わせてカバーもあるんですな。
(画像はお借りしました)


ウッディなヤーツ

一万円するらしい。(画像はお借りしました。値段はチラ見させて頂きました)






うちには合わないからカバー不要ですけど、どんな家電にもこういうカバーが色々あると楽しいのにな♪

美化委員キミー(片付け魔)さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ