2017/01/12 14:06


家に物が入ってくるには

・買う

・もらう

しかありません。

 

物がてくてく歩いて家に入ってくることもありません。

自分の意思か相手の意思によって家に物は入ってきます。

 

先日私の整理収納アドバイザーの先生

吉川永里子さん

サイズが合わない指輪があって

譲ってくれるというので真っ先に手を上げて

いただきました。

 

お片付けがスムーズにいく方の頭の中って

我が家じゃ使わない新しい物が入ってきた

→うちでは使わない

→誰かに譲ろう、売ろう、処分しよう

と家の中から出す発想になる。

写真のような自分にはつけられない指輪が家に入ってきたら

皆さんどうしますか?

 

ほとんどの方が

いつか使える物<新品

新品という響きに負けていつか使えると思っている。

 

新品という発想を常に真ん中に置くと

使うか使わないかで分けることができます。

 

使う物>新品<我が家じゃ使わない物

 

新品という響きより使うと言う必要性が勝っていると

普通に使うことができる。

 

新品という響きより使わないと言う気持ちが強いと

家の中から出すことも抵抗がなくなる。

 

新品という響きに勝つ勇気を持ちましょう。

もし使わない物をただでいただける場合は

断る勇気を持ちましょう。(粗品とか)

 

家に入れて+1にして

−1を考えるより

元々0の家から

+1を作らないように

断ってみる。

 

1つ行動するだけで物の増え方は変わっていきます。



いまながみおさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ