2013/08/09 11:11

タダ(無料)ほど怖いものはない」と言いますが、
本当にそうだと実感してます。
自分もこれまで、「無料でさしあげます」という言葉に釣られて
出費が増えてしまったことは度々あります。
わかっているのに、ついつい釣られてしまいます。
例えば、スーパーや百貨店で先着やお買い上げ特典として
無料で何かもらえるという企画をすることがあって、
その商品はたいてい100円とか数百円程度で買える物(ロールケーキやエコバックなど)。
それプラス全館2割引などとセットになってると、すごい人だかりです。
確かにお得といえば、得な面もあるんですが、ついついいろんな物見ちゃって
予算オーバーしちゃってます。
これはまだかわいいうちです。無料の景品が高額になるほど怖いことがあるので注意が必要です。
引き換えに、高額な商品を売ってたり、契約が待ってます・・・
また、無料サンプルは、自分に合うかどうかお試しができたり、
良質な商品を知るきっかけになるという点ではいいのですが
結局また予算オーバーになっちゃったりして。
まあ、買える財力がある人なら別にいいんでしょうけどね。
 あと、無料の他に、ついつい釣られて出かけてしまうのが、
「抽選会」がある時。一定の金額以上購入した分、福引とかガラポンができる。
おもしろいことに、あと数円買うだけでもう一回多く抽選できますよと
言われるとなんか買ってくる人が、けっこう多い。
私はくじ運悪いから、こういった抽選で高額当選は一度もないので
いいかげんに懲りたらどうかと自分でも感じてます。
 「今だけ」割引という言葉も注意が必要です。
たまたま自分が買おうとしていた商品や、
いつも購入している商品がその時期に当たったというならトクですが、
今だけと言っていた商品も、時が経って別の機会にまた「今だけ」と
特売していたこともよくあったので(笑)
・・・ということで、言葉にまず惑わされるのでなく
自分がもともと必要な物や欲しかった物に意識を向けて
あとは本当にこれはお得だと自分で納得できた物を買うようにするといいかも。
人によって、他にも釣られやすい言葉があると思うので、
この言葉、気をつけようと感じた言葉を大きく家計簿にでもメモしておくとか
工夫するといいと思います。
しかし、本当にお得感の大きい、いいと思う言葉もあります。
食品スーパーなどで、たまにある、
半期に一度の大決算セール」とか「開店セール
は、めったにない安い価格でトクすることが多かったです。
いつも購入している商品や、ずっと欲しかった物を
こういう機会をうまく利用するのはいいと思います。 


ニャンちゃんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ