2018/03/16 23:49


小松美羽展「神獣−エリア21−」を見に行って

その際に小松美羽さんご本人と会い、すっかりファンになってしまったんですよ。







新しい本が出たとAmazonからのリコメンドが来て

何でファンだと知ってるの!?って感じでしたが、もちろんポチり♪



小松美羽 著「世界のなかで自分の役割を見つけること

   ――最高のアートを描くための仕事の流儀」




小松美羽さんのインスピレーションの原点といっていいのかな。







山犬様の話を読み、

「神獣−エリア21−」での「かの日の山犬様」のことを理解し、

また、どうして狛犬のような造形や絵を描くのか、







不思議に思って、頭の中でこんがらがっていたことが







するすると解けていき、







なぜ折れてしまいそうなほどスリムな彼女が







力強く眼光鋭い神からの使いのような神獣を、

部屋を取り巻くほどたくさん描けるのか、

その理由が感覚的に理解できたような気がしました。



表現をする術を持ち、表現する機会を得た彼女はまぶしく感じます。



私の「自分の役割」って何だろう、と本を読み終えて自問自答、

いや、答えがなかなか出ないので、自問自問...と延々続いています。

この歳になっても分からないわけで、簡単に出る答えではないけれど、

自分に問いかけて見つめなおし、としていくことで

自ずと答えは出るのかもしれませんね。

そろそろ焦らないと人生終わっちゃいそうだけど、

コツコツと続けていこうと思います。



小松美羽「世界のなかで自分の役割を見つけること

       ――最高のアートを描くための仕事の流儀」

 http://bit.ly/miwakomatsu_book





ランキングに参加しています。

1日1回、ポチっと押して応援していただけると嬉しいです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




人気ブログランキング




レシピブログに参加中♪


こらそんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ