2012/11/22 08:51

DSCF1343.jpg

東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇跡』
東野圭吾さんの本は、昔から大好きです
本屋に並んである時から、題名が気になっていたこの本。
わくわくしながら読みました。
本自体は分厚いですが、文章はぎっしりとはしていないので、そんなに時間がかからず読むことができます。私は2日間で読みました。

少しだけ、内容をご紹介しますね〜
ナミヤ雑貨店は、すでに営業をしていない、古びたお店です。そこに、ある夜、コソ泥3人組が侵入してきました。
朝までの時間をそこでやり過ごすつもりです。が、その一夜のうちに、実に不思議なことが起こります。
なんと、約30年も前から悩み相談の手紙が届いたのです。この手紙を前に、3人は・・・

この本は、ミステリーというより、ファンタジー?でも、ファンタジーにしては、リアルな時間が流れています。人間関係や心理描写もリアルなので、とても親近感がわきます。思わず、相談内容に、自分ならどう答えるかな?と考えてしまうくらい。

目次を読んだら5章にわかれていたので、短編集かと思いましたが、それぞれが絶妙につながっていて1冊の本になっています。
私は、読み終わった後、さわやかな、あたたかな読後感を感じました。
もう一度、最初から読んでみたい本です。
そして、続きがもう少し読みたくなる本でした。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

らんちゃんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ