2014/09/10 08:18


我が家の4歳の長男、とと。は、自閉症スペクトラム障害。


とと。が、もうすぐ3歳になろうとしていた頃に届いた、市からの3歳児健診の案内諸々…

問診票のほとんどの項目に、○を出来ず…いいえ。の返答ばかり…
とと。の成長が遅い事は自覚していたが…こんなにも差があるものか。と…
問診票を書き終えて…私は…とても、悲しくなっていた…

少しずつだけど、今までしなかった指差しも真似っこも 嬉しかったハズなのに…
やっと、言葉も1つ、2つ出てきて あんなに喜べたのに…

全てが、まるで 無かったかの様に…



尿検査に提出する為、採尿する道具も入っていた…
この時のとと。は、トイトレが進まず、ただオムツを、止めてトレーニングパンツを履かせていただけ。オシッコの訴えもないし、出た後に教えてくれる事も無かった…
パンツが汚れたら、気持ち悪くて教えてくれるかもしれないから。と、私が勝手に思ってやっていたのだ。
現実は、私が汚している事に気づいて着替えさせるばかりだった…

そんなんで、どうやって オシッコを採れと!?

しかも、3歳児健診の日の朝一のオシッコ…

どう考えても、無理だった…

これは、仕方のない事…。そう自分に言い聞かせて、尿検査は未提出になる事を覚悟した…。



そして、健診をスムーズに進める為、各家庭で 目と耳の検査を要求されていた…


まずは、耳の検査…
耳は、聞こえが悪い。と感じた事は一度もなかったが…
離れた位置から、呼び掛ける…
ささやき声で呼び掛ける…
背後から呼び掛けて、きちんと 振り向くか…
やり方が書かれた用紙の通りにやってみようとは思っても…なかなか、検査を理解してる訳ではないので 一苦労…。
とりあえず、耳は 異常はないだろう…
これで、よしとしよう…


問題は、目の検査だった…
とと。は、視力自体に問題があった訳ではない。だけど…
説明書に目を通した時に…無理かもしれない。と思っていた。

2、3メートル(ちゃんとした数字、忘れちゃった。)離れた所から検査するんだが…カードを見せて、何の絵か子どもに答えて貰う。ってもんだった…

とと。は、答えられない…。
言葉がまだ、1つ2つの単語しかしゃべれない…



家庭内、検査の続きはまた次回…。
読んでくださった方、ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ