2014/11/16 08:46
我が家の4歳の長男、とと。は、発達障害です。


3歳半で、自閉症スペクトラム障害…発達障害と診断されたとと。

3歳前に、私が勝手に思い立って 始めてしまったトイトレがなかなか進まず…悪戦苦闘。 療育センターに受診したときに、相談した所…お風呂に入る前に、お風呂場で必ずオシッコをするなら そこにオマルを設置してみたらどうか!?って提案された。
お風呂場に、オマル…考えてもみなかった。
そしてやってみること2日目にして、オマルにオシッコをしたっ
マグレかもだけど、嬉しかった
それから、毎日、お風呂に入る前に…裸になって、お風呂場のオマルに座るっ
この時間が一番、とと。は確実に決まってオシッコをする時間だった…
一度成功してからは…この時間のオマルは、ほぼ成功する様になった。

まだ、この時点では この時間だけ。
それでも…進歩だった…。

3歳半で発達障害と診断され、単語数個しか言えなかったとと。も…たった1カ月程で、言語療法士さんから課題として言われていた 要求語を促す!!の課題をクリア出来た。
つまり、「ちょうだい!!」が言える様になった
とと。にとっても この言葉はとても使い勝手が良かったみたいで…両手を重ね合わせて、おねだりポーズまで決めれる様になった。 3歳すぎまで、時々見られていたクレーンは、この頃には すっかりしなくなっていた。
やっぱり、言葉が出たらクレーンしなくなるもんなのかな?
この頃、言葉を覚えるスピードが加速して毎日、新しい言葉を覚えて使える様になっていた。
週1で通っていたデイサービスの先生も、行く度に単語が増えている事に驚いていた。「私、長い事たくさん子ども見て来たけど…(←そうでしょうね。私が幼稚園の時の担任の先生で、親子2代でお世話になってるぐらいですからっ。)こんなスピードで、言葉を覚えていく子…今までいなかったよ。」って…
今まで しゃべれなかったけど…
とと。ちゃんと聞いてたんだよねっ?
聞いて、勉強してたんだよね?
本当は、いっぱい おしゃべり…したかったんだよね?

とと。は、とと。なりに…きっと、伝えたかった事がたくさんあるハズだ…。
これから、少しずつ おしゃべり上手になって行こうね…。

またまだ、ハッキリしない発音だったり…言い間違えていたり。の言葉も多くて、この頃は 聞き取って 理解してあげるのに苦労しながらの時期だった…。
でも、それが嬉しくもあった。
今まで、言葉が無くて本当にとと。とコミュニケーションを取るのに大変な思いをしていたから…
しゃべって伝え様としてくれる姿が嬉しかった。

だから、出来るだけ…私たちも 何でも意識をして口に出して表現する様にした。
言葉を教える!!と、言うより…いちいち、物の名前を言ってみたり…動作を言って みたり…  とと。に、自然と聞かせる様に…  ←いや、ちょっと今思えば 不自然か…。
例えば…
「お母さん、疲れたから ソファーに座ろー!!」とか「このトマト、赤くておいしそうだなー。」とか…。
普通なら言葉にしない様な事も口に出して言う様にした。
少しでも…
何か効果があるかも…
そう、思って。

言葉を覚えだしたとと。も、嬉しそうに…まるで、おしゃべりするのが面白くて仕方ないみたいだった。



嬉しい成長が見られる様になってきた3歳7カ月…
この成長の続きは、また次回に。
読んでくださった方、ありがとうございます♪
いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ