2015/02/22 09:20


我が家の4歳の長男、とと。は3歳の時に、自閉症スペクトラム障害と診断されました。

現在、4歳6カ月のとと。


とと。が、4歳になったばかりの頃…私は、とと。に療育手帳を持たせるか、どうするか悩んで…取得する事に決めました。
前々から、この療育手帳の話は 保健師さんと通っている療育センターの医師から聞いていたんですが…
イマイチ、取得する利点がピンときてなかったんですが…。

療育手帳を取得させようと思った一番の理由は…
幼稚園に入った後、療育手帳を持っていた方が加配の先生が付きやすく有利に働く。と聞いたので申請する事にしたんです。 またね、こう言う手続き。って…どうやっても時間が掛かったり、面倒な書類書いたり…申請して、すぐ貰えるわけじゃないですよね?
だとしたら…使いたい時に、申請するんじゃ間に合わない
その前に用意しておかないといけない!!って思って…


療育手帳を申請した時の記事はコチラ♪

(過去記事に飛べるリンクを貼ったつもりですが…上手く貼れてるかは不明です。飛べなかったら、ごめんなさい。 去年、8月にアップした記事です。)

思っていた通り…申請から手元に手帳が届くまでに約、2カ月程が掛かりました…。

同時期に、特別児童扶養手当と言う 国からの補助金が頂ける制度にも申請してみました。 これは、医師の診断書とかが必要で各自治体に申請して…手当の対象になるかの判断が下ります。
なので我が家の場合は、北海道に申請…。
療育センターの医師からは、手当の対象になるだろう。と言われましたが…
旦那様。は、この申請の用紙を私が用意している横で…

「この手当さ、貰えたら…確かに有り難いんだけどさ……  申請が通らなきゃ良いねっ  手当の対象外。って判断されたら良いのに…。」 そう言ったんです。

うん…。   このセリフ… そう、これが本音です…。手当が貰えないっって…喜びたかった…。

だけど、私…

療育センターの医師からの診断書を見て…
手当の対象児に該当しちゃうんだろうな…って。思ってました…
この診断書…これを見た時の旦那様。

「あの、療育センターの先生さぁ…どうも、とと。を低く見積もるっ もうちょっとさぁ… 出来てないかなぁ…?」

低く見積もる。って…
思わず、その言葉に笑ってしまいましたが…
第三者が、しかも専門家が…客観的に見て、その状態を文章にしたら…こう言う事なんだと思うよ。って言ったら
なんだか、納得がいかないっって顔をしてました。

親って…良い時。って言うか…良い所も、誰よりも知ってるからねっ。
旦那様。の言いたい事…
わかるんだ…


療育手帳の取得… 特別児童扶養手当の申請に一歩踏み出した所で今日のお話は終わり。
続きは、また今度
読んで下さってありがとうございました♪

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ